無料ブログはココログ

« 鬼を待つ | トップページ | 認知症 不妊症 »

2023年2月 8日 (水)

花下に舞う

「花下に舞う」あさのあつこ 光文社
弥勒シリーズの読み残しです。
最新刊が出版されて、間に読み残しがあると分かってきた。
始まりは、因業な金貸しが殺された。後妻も道連れに殺された。
二人とも、死に顔はびっくりしたような顔だった。
犯人は分かりました。
金を借りた商人だった。
その下手人も匕首で咽喉を突いて自殺した。
これで一件落着、奉行所はそのように裁いた。
いえいえ、これにはもっと深い真相があるのです。
同心の小暮新次郎が活躍する巻です。
遠野屋清之介の商売の場面が出てきます。
新機軸のビジネスを広げて行きます。
このような脇筋を交えて小説が展開していくから面白い。

読書メーター

広島ブログ

« 鬼を待つ | トップページ | 認知症 不妊症 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼を待つ | トップページ | 認知症 不妊症 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30