無料ブログはココログ

« 乱鴉の空 | トップページ | 木挽町のあだ討ち »

2023年2月 3日 (金)

ルー大柴は消えたけどルー語は残っています

普通の会話に英語単語を混ぜ込む会話を言います
ルー大柴がやるからルー語として定着しています

共産中国でもルー語は存在するのだそうです
中国語会話のなかに英語ワードを挟み込む
かの地でも嫌がられることなんだそうです

日本在住の中国人がそれをルー語だと指摘する
そう言われると、あぁ、なるほど、とよくわかる

共産中国にはルー語という括りはなくて、この現象を何と呼ぶか名前はないようです
インドでもヨーロッパでもアフリカでも、ルー語は存在するはずです
誰もが、気持ち悪いな、と思いながら、言語把握できていないのです

何を言いたいの
日本語では、そういう気持ち悪さをルー語として括って差し示します
この括りは一発で納得できる括りなんです

広島ブログ

« 乱鴉の空 | トップページ | 木挽町のあだ討ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乱鴉の空 | トップページ | 木挽町のあだ討ち »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30