無料ブログはココログ

« 志摩の国 安房の国 | トップページ | ならず者国家 英語で »

2023年2月17日 (金)

固結び 損料屋喜八郎始末控え

「固結び 損料屋喜八郎始末控え」山本一力 文芸春秋
喜八郎の営む損料屋は表の顔、喜八郎の前職は北町奉行所の同心で、奉行所を裏で支える人なのだ。
7編の短編集です。
なんとも古いなぁ。とても現代の語り口とは思えない。
山本一力好みの読者にだけ物語を広げるんでしょうね。
落語の人情噺、浪花節と、まぁ、似たようなもんです。
様式美というやつですね。
読者の好みが合おうと合うまいと、押し切ってしまうのが山本一力なんですね。
損料屋喜八郎のシリーズは、たぶん、この篇で終わりでしょうね。
これで最後にしよう、これっきりにしよう、と思っても、新刊が出ると手に取ってしまうんですね。
いやいや、山本一力はこれで仕舞いにしよう。

読書メーター

広島ブログ

« 志摩の国 安房の国 | トップページ | ならず者国家 英語で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 志摩の国 安房の国 | トップページ | ならず者国家 英語で »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30