無料ブログはココログ

« 愛娘 はどう読むか | トップページ | 小西文書 »

2023年3月27日 (月)

忘らるる物語

「忘らるる物語」高殿円 角川書店
[トッカン]、[上流階級]で名高いが、出発点・本来の姿はファンタジーにあるのだそうです。
ここの舞台は西域からモンゴル世界、時代はいつのころなんでしょうね。
燦という帝国がある。一帯八旗十六星を統べている。
果ての国の王女に環瑠がいる。若くて経産婦で、条件にあっている。
環瑠は召し出されて皇后星となった。
帝国を支える蛮王を次々と経巡るのだ。
蛮王は環瑠とまぐわる。
二箇月で子が出来なければ、次の蛮王のもとに送られる。
ついに帝のもとに来た。
帝は生殖能力がない。
このお話し、一応は終わりがあるが、終わりのような終わりではない。
終章が「忘れられた物語」この本の題名が「忘らるる物語」
両者の相互関係はよく分からない。
会話で運ぶストーリーではなく、心のうちの思いのたけを述べるお話なので
重たい、読み取りに時間がかかる。
読み取りが面倒なので、2行づつ読んでしまう。
念入りに丹念に読み取らねば伝わらない小説なんだが、時短読書してしまった。
だって、だってだって、一行づつ読んでいると、かったるくなるんだぜ。
どうやら、わたし、ファンタジーものには向いていないみたい。

読書メーター

広島ブログ

« 愛娘 はどう読むか | トップページ | 小西文書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛娘 はどう読むか | トップページ | 小西文書 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30