無料ブログはココログ

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月30日 (日)

ぜにざむらい

「ぜにざむらい」吉川永青 朝日新聞出版
岡源八、若狭の小領主のこども、朝倉が負けて所領を捨て逃げ出した。
山に入って獣を狩り、浜の商人に売って金を得た。
ちからになってくれたのは敦賀の商人、久治、久治の勧めで近江の蒲生家に仕官した。
蒲生氏郷は伊勢松坂に転封になった。
岡源八は金貸しを始めた。ぜにざむらいとそしられた。
蒲生氏郷はさらに会津に転封になった。
氏郷の死後、蒲生家は家中の統制が取れなくなり、転封になった。小大名に格下げとなった。
岡源八は岡佐内と名前を変えていた。蒲生家を退去して会津に残った。
新しい領主の上杉家に仕えた。
上杉家は徳川家康に歯向かった。
この先、もっともっと転変が続きます。
それはともかく、岡佐内が好むのは、銀小粒や銅銭を部屋中に広げてふんどし一つでその上に寝そべること。
獣の狩で神経を尖らせて、戦の機微が見えてくるのだ。
敵が来る切所、敵が怯む瞬間が見えてくるのだ。
単なる銭の亡者ではないのだよ。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月29日 (土)

北広島町大朝のテングシデ群落(自転車篇)

県道から離れる位置までやってきた。天狗シデ1700m と標識がある。もうちょっと進むと、天狗シデ 1300m と標識がある。
この先に見えている山が熊城山なのだ。テングシデから直上の山ではなく、北に巻いて登って行けば熊城山に至るのだ。
ちょっともう漕げない。自転車を下りて押して登っていく。
県道分岐から、最後の民家まで登って、そこからテングシデの駐車場まで、ざっと1キロ、区間の勾配が8.0%といったところか。漕いで登れるヤツもいるだろうが、わたしにはもう無理。
テングシデの駐車場まで到着した。駐車場の下端に自転車を止める。ここから遊歩道が始まっているのだ。
見えているように、これは歩きの道で自転車を持ち込む道ではない。
ウッドチップが遊歩道には敷いてあるが、年月が経って腐朽し始めている。そんなに長い道ではない。たちまちテングシデの園地に到着する。
看板によると、テングシデはイヌシデ(カバノキ)科の一変種で、枝や幹がクネクネと曲がり異様な姿をしている。
突然変異なのだが、普通、一代限りで系統が続かないものだが、ここのは種のカタチを代々受け継いでいる。そこが貴重なので、国の天然記念物に指定されている。
落葉樹なので葉が落ちた冬が特徴を一番示すのだが、まだ若葉のこの時期でも十分特徴を表している。
ここからは舗装の道で、駐車場まで続いている。来た道の最後はロータリーになっていて、トイレが設備してある。
さぁ、帰ろうか。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書き、全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2023/bike-230424-tengxide/bike-230424-tengxide.html

広島ブログ

2023年4月28日 (金)

ネットの買い物で蹴つまづくところ

カシオの腕時計で、電波時計で太陽光発電のものを買いました
メイド・イン・チャイナ、エンジニアリング・バイ・ジャパン、でメチャメチャ安い
今はチャイナはジャパンの指図に従っていますが
ノウハウを得たら、必ずゾロゾロ品が出てきます、いずれ、ジャパンは駆逐されます

問題はそっちじゃない、こっちだった
バンドの調節ができない、縮められないのです、使用説明書をいくら読んでも意味が伝わらない
広島のサービスセンターに行きました、そこで実演してもらいました
バンドの鉄板を[パチン]と[折り曲げます]
[パチン]と音が出るほどちからを込めて[折り曲げます]

そうか、そうなのか、使用説明書にはそうは書いてはいない
「折り曲げる」「パチン」書いてほしい動作はこれです
この言葉を使用説明書に書いてくれていたら伝わったのに

いえいえ、取っ散らかったワカラズヤが必ずいるもんです
度を過ごした折り曲げ、パチン以上の破壊音
ここまでやってしまうヤカラがいるもんです
使用説明書の表現は、控え目、抑え目になるのは過去の経験があるからでしょうね

これがね、実在の店舗で買ったなら、ここまで悩むことはない、店員が実演してくれるから
ネットで買うと、こういうノウハウが隠されてしまう
ここがネットでの買い物の泣き所なんです

広島ブログ

2023年4月27日 (木)

誰に似たのか 筆墨問屋白井屋の人々

「誰に似たのか 筆墨問屋白井屋の人々」中島要 朝日新聞出版
第六話までの短編集です。
白井家の人々が次々に出てきて物語を紡ぎます。
商家の務めは身代の継続です。
若い嫁は必ず後継を産まなきゃなりません。
出来れば、控えとして次男まで欲しい。
子供が産まれなきゃどうするか。
妾を持つのも良しとします。
妾から産まれた子を引き取るのです。
語り口調が落語のままです。
ぬるい口調で語っているのは、御新造と妾のやり取りです。
語っている内容は決してぬるくはありません。横から見れば江戸落語だなぁ。
もちろん、これは裕福な商家でのお話し、職人の世界では、妾などおととい来ゃがれ。
カライ中身のお話ですが、面白いから読んでごらん。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月26日 (水)

初診料¥7700(身辺雑記)

2017年4月に地元の市立病院で内視鏡で胃がんの手術をしました。
それから毎年4月に胃カメラで経過観察をしてきました。
去年はコロナで全館受付停止となりました。というわけで胃カメラ検査は出来ませんでした。
今年、胃カメラ診断を申し込みましたが、初診扱いになりました。
初診料 ¥7700
いくら事情を訴えても、経過を説明しても、取り合ってはもらえません。

その日は引き返しました。
かかりつけ医に、経過を話して、紹介状を書いてもらいました。
紹介状の料金は、記憶では¥140だったかな。

紹介状を持って行くと、再診料 ¥77 百分の一の料金になりました。
紹介状なしでの飛び込み診療はえらく高いものになるんです。

教訓、かかりつけ医になんでも相談してみるもんです。
もともと、胃がんの手術にはこの医者は全然関わっていません。
それでも頼めば紹介状を書いてくれます。
緊急オペの紹介状はよくあることですが、この場合は緩めの紹介状ですねぇ。

骨折したとしましょう。とりあえず町医者に行きましょう。
その上で、紹介状持参して公立病院に入院しましょう。
自転車で転んで足の骨を折って、入院したことがあります。

広島ブログ

2023年4月25日 (火)

推し活=布教活動

布教活動と言っても宗教とは関係がありません
推し活と同義語なんです
自分の好きなモノやヒトを応援する活動のことです、すなわち、推し
単に、推し、だけでは広まらないので、布教活動と言葉を過激化させました
これ、自虐の表現なんです
シャレのような、本気のような、境い目が曖昧です

宗教の布教活動は嫌われますが、推し活の布教活動は他愛のないものとメコボシされます

布教活動の英語訳は misshon work
キリスト教系の学校をミッション校というのは、そこから来ています

広島ブログ

2023年4月24日 (月)

バックレる

使い方から見ると、逃げ出す、キャンセルして知らんぷり、こんな意味のようです
検索すると、しらばっくれる、ここから由来するとあります
へぇ、そうなのか

わたしはバックに由来するものだと思い込んでいました
前進していたのが、突然、バックする
ここから、バックレるが生まれたのだろうと思っていました

バックレるを多用するのは大学生・高校生でしょう
彼らの身近な用語に、しらばっくれる、があるかなぁ
しらばっくれるの意味は、嘘をつく、否定する、こういう使い方です
彼らの身近に、しらばっくれるという言葉が普通にあるとは恐ろしい

いろいろ考えると、高齢者・中年齢なら[しらばっくれる]を知っているとしても
若者世代は[しらばっくれる]に馴染みがなかろうと思います
ということで、バックレるの由来は[しらばっくれる]だという説はほんとかしら

広島ブログ

2023年4月23日 (日)

字幕

字幕を英語では Subtitles と言うのだそうです
ふぅん、感覚的には字面が実態とは合わないような気がするが、実際にそう言うのならそうなんでしょう

中国語でも、日本と同じ字幕なんだそうです
明治新造漢字の輸入品ですね
いや、トーキー以後だから、明治じゃなくて、昭和かも

ニコニコ動画では字幕が右から左に流れていきますが
あれは、弾幕、流星群と呼ぶのだそうです

ふんふん、それで

いや、そんだけ

広島ブログ

2023年4月22日 (土)

自転車は歩道を走ってはいけない、のですが

自転車は車道を走るのが基本です
ただし
[運転者が13歳未満のこども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合]
歩道を走ってもOKとなっています

車道を走るのが危険と思える場合があります
こんな時、高齢者の特権を使って歩道を走っています

左側の歩道ならともかくも、右側の歩道を走っている場合=これは違反
しょうがないのだよ、歩道が道の両側にあるとは限らないもの
右側に100メートル歩道があって、その先、左側に200メートル続くのはよくあることだもの

歩道の向こうから自転車がやってくる
こんな時は、自分は自転車を下りて、進路を譲ります
相手はたいてい中学生だからね

広島ブログ

2023年4月21日 (金)

どんがら トヨタエンジニアの反骨

「どんがら トヨタエンジニアの反骨」清武英利 講談社
トヨタの会長社長の伝記じゃありません。
取締役にも就任しなかった主査の伝記です。
しかも、量販車ではなく、スポーツカーを担当した男の伝記です。
多田は三菱自動車から退社して起業した。そんな経歴の男がトヨタに入社した。
トヨタには86(ハチロク)と呼ばれるスポーツカーの名車があった。
再びスポーツカーを販売することを目指した。
多田が起用された。
傘下に加えたスバルで製造することになった。
企業文化の違う両社でケンカしながら造ることになった。
ノンフィクションなんですよ。
骨法は小説と同様で、山場があって、対立と折り合いがあって、クライマックスに向かっていく。
題名のどんがらの意味は、シャシーの上に外殻が乗っている、エンジンもシートもまだ組み立てていない状態の姿、これをどんがらと呼んでいるのだ。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月20日 (木)

かんなくず のこくそ おがくず

かんなくずは鉋から出る細長い紙のようなものです
のこくそは鋸から出る削りカス
おがくず、大鋸(おが)から出る屑

かんなくずやのこくそは、道具の鉋や鋸がまだ現役なので、即座に分かるとしても
大鋸(おが)は、製材所の電動の丸ノコ、帯ノコに駆逐されました
オガとはなぁに、現物が存在しないので、おがくずを説明するのに骨が折れます

広島ブログ

2023年4月19日 (水)

SGU 警視庁特別銃装班

「SGU 警視庁特別銃装班」冲方丁 TOブックス
SGUとはSpecial Gun-bearing Unit
自衛隊レンジャー隊員の吉良と加成屋の二人は非番中に銀行強盗に遭遇した。
二人は強盗団を殲滅した。
世間の非難を浴びた。自衛隊員が殺した。退職するしかなかった。
数年後、警視庁特別銃装班が創設された。二人はリクルートされた。
日本は密輸銃であふれていた。
特別銃装班は大っぴらに行動した。
強盗団を殲滅するのに躊躇しなかった。世論は、今度は非難するどころか賞賛した。
強盗団は行動を控えるようになった。
首魁は元悪徳警官で、銃を梃子にしてやくざを支配している。
銀行強盗団の最終目的は全銀システムのネット決済で、日銀を狙っている。
ストーリー展開が素早くて、理解が追いつく前に先へ進むので、字面を追うだけでせいいっぱいなのだ。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月18日 (火)

破れる 破れている

破れるとは、今まさに破れようとしている状態
破れているとは、とうとう破れちゃった結果のこと

破れるとは現在形
破れているとは現在完了

中学生に英語の時制について、教材として教えてやりたい

広島ブログ

2023年4月17日 (月)

コードの識別に絵符(えふ)を使う

テーブルタップから延びる電線コードが、ゴチャゴチャで迷うことはありませんか
トラブルがあって器機の点検をする場合があります
コードをたどって器機まで着いて、このコードは間違い、こっちのコードだった

識別するのに絵符(えふ)を使うことにしました
コードに絵符(えふ)を巻き付けて器機の名前を書くとしよう

絵符(えふ)とはなぁに?
それはね、ポストイットのような紙に針金の足があるもの
昔々は、鉄道小荷物などに、絵符(えふ)を括りつけてて間違いを防いだものなのだよ

文房具屋で、絵符(えふ)ください、ありません
こんなカタチで、用途はこんな風に、それならこれでしょう、荷札のところにありました

そうだよなぁ、絵符(えふ)は江戸時代・明治時代の言葉だよなぁ、現代では荷札だよなぁ

広島ブログ

2023年4月16日 (日)

コスメの王様

「コスメの王様」高殿円 小学館
利一はドブの落ちて気を失い、ハナに助けられた。
ハナは神戸の花隈花街のおちょぼだった。
ハナは家が没落して花街に身を売られ、利一も学校には行けず丁稚奉公をしている。
次に二人が会ったとき、利一は大分の問屋の神戸支店長となり、ハナも花千代として一本になっていた。
さらに利一は独立し、自分の商売を始める。
風呂での洗い粉でヒットし、従来の鉛の入ったおしろいから無鉛のおしろいを開発する。
ハナと利一はいずれ一緒になるものと世間からは見られていた。
ハナの兄はヤクザで、親戚になれば絶対利一の商売に食い込んでくるだろうと予想できた。
ハナは兄の縁を切ろうとアメリカに渡った。
クラブ化粧品=中山太陽堂がある。戦後、倒産した。
この小説では、ハート化粧品=永山心美堂と名乗っている。
エピソードの多くは重なっているだろうが、ハナは創作上の人物だろうな。
大企業の勃興も面白いが、少年と少女の結びつきがキーになっている、そういうロマンスなのだ。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月15日 (土)

正常性バイアス

[災害や危機に対応するとき、切り替えが効かず、いつもと同じ行動を取ってしまうこと]
理解しにくい言葉です
翻訳から来た言葉ですね、日本語由来のものじゃない
災害やパニックを説明するとき、このように解説して、理解してもらえると思いますか

学術の用語としてはそれでよくても、日常語としては別の言葉を使ってほしい
平易な言葉に置き換えるとしたら、どんな言葉が適当なんでしょうね

広島ブログ

2023年4月14日 (金)

世羅から久井の海岩を往復(自転車篇)

坂道を下れば久井の岩海の入口に出る。ここは、登山篇、自転車篇を合わせて、何度も来ています。
自転車を道路脇に置いておくのは不用心だよなぁ。岩海の中へ自転車も持ち込んでしまおうか。
ここがアズマヤの前、このあたりで弁当にしよう。
入り口の岩海がゼニガメゴウロと名前がある。ゼニガメゴウロの前に自転車を立てる。この奥にも岩の群れがあるのだが、自転車を持ち込むとそこまでは近寄ることは難しい。ここまでだね。
舗装路まで引き返す。
14年前は道路工事中だった。野間川ダムの建設に合わせて県道工事でダンプが何台もすれ違っていた。当時の道路の印象が強いので、完成後のただ今現在の姿が別物のように見える。
県道156号線に合流する。このような記憶はないが、風景の記憶を上書きしながら進んで行く。
ここも吉田の三叉路、北側に禪河寺の三叉路があったが、そっちも吉田の三叉路、どっちにも宇根山、久井の岩海の標識があって、マークしとくべき交差点なんだよ。保育園の交差点と記憶してもよろしい。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです、全体の姿は下のURLからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2023/bike-230410-sera_kui2/bike-230410-sera_kui2.html

広島ブログ

2023年4月13日 (木)

合理的にあり得ない 2 上水流涼子の究明

「合理的にあり得ない 2 上水流涼子の究明」柚月裕子 講談社
前作「合理的にあり得ない」が評判が高かったのでシリーズ化したのでしょうね。
○○的にあり得ない、この嵌め込みで、物理的にあり得ない、倫理的にあり得ない、立場的にありえない、の三篇。
最初のは、レッドリストの希少動物を探す案件。
2番目は、親権を取り戻す案件。
最後のは、リストカットを繰り返す自殺願望者を引き戻す案件。
合理的に、倫理的に、これらのストーリーは納得、立場的に、これは立場がどう絡むかは未消化。
ストーリーを組み上げて、題名に「○○的にあり得ない」どう命名するかが問題ですねぇ。
この先も、○○的にあり得ないのシリーズを続けられるか、ネタ的にあり得ないか?

読書メーター

広島ブログ

2023年4月12日 (水)

令和その他のレイワにおける健全な反逆に関する架空六法

「令和その他のレイワにおける健全な反逆に関する架空六法」新川帆立 集英社
絶対ギャグ満載だろうと読み始めました。
違った。カライじゃありませんか。
違和感満載で読みづらい、骨が折れる。一篇を読み終わるのに一週間かかりました。
これでは、計算上、六編あるから、六週間かかる。
一、動物裁判 礼和四年「動物福祉法」及び「動物虐待の防止等に関する法律」
二、自家醸造の女 麗和六年「酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達(通称:どぶろく通達)」
三、シレーナの大冒険 冷和二十五年「南極条約の取り扱いに関する議定書(通称:南極議定書)」
四、健康なまま死んでくれ 隷和五年「労働者保護法」あるは「アンバーシップ・コード」
ここまで読んでギブアップしました。読むのがツライ。
この続きは
五、最後のYUKICHI 零和十年「通貨の単位及び電子決済等に関する法律(通称:電子通貨法)」
六、接待麻雀士 例和三年「健全な麻雀賭博等に関する法律(通称:健雀法)」
目次を読むと、これはギャグコメディだと思い込むでしょう。
こんなに恐ろしくて切ないお話だとは思いもよらなかった。
毒が満載です。これ以上は読み続けられない。途中で読むのを放棄しました。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月11日 (火)

全米が騒然、全米が泣いた

トラウトがホームランを打って、ダッグアウトで兜をかぶって大行進でハイタッチ
これには全米が騒然

ほんまに全米が騒然としたの?
ええんですよ、これはお決まりのフレーズなんです

全米が泣いた、これも全米が泣きはしませんよ
ほんとに全米が泣いたのかい、とケチをつけるのはヤボというもんです
ちょっとのホントと、かなりのオオゲサと、その綾目を探ろうなど、しなさんな

広島ブログ

2023年4月10日 (月)

茶色

英語で言えばブラウンですがね
茶から由来したのだからと茶色、これで納得できますか
野外の茶畑は緑です、常緑樹だから冬でも緑です
茶の缶のお茶っぱを見ても、緑色の緑茶もあります
番茶の大袋は中身が茶色です
茶色の茶の色を、緑の葉っぱではなく、番茶のお茶っぱで代表させたのは代表例としてはいかがなものか

あなた、それでええの、茶色のモトネタは番茶のお茶っぱの枯れ葉色でええの
煉瓦色とか、もっと色合いの近い別の名前があるでしょうに

広島ブログ

2023年4月 9日 (日)

94歳、自撮りおばあちゃんやりたい放題のひとり暮らし

「94歳、自撮りおばあちゃんやりたい放題のひとり暮らし」キミちゃんこと西本貴美子 宝島社
これ、書いた本じゃないでしょう。
口述筆記、でもないな、インタビュー、ひとり語りを録音して文字起こししたものでしょう。
72歳でカメラを始める。
息子はカメラマン、アートディレクター、遊美塾を熊本で始めると、そこに混じってしまう。
写真の処理にパソコンを始め、ソフト=フォトショップ、イラストレイターで写真加工を施す。
ゴミ袋のばあさん、物干しざおのばあさん、空中遊泳、車にひかれる、これらは自虐写真として有名です。
評判になり、アドビのCMに写真が掲載される、雑誌「通販生活」の表紙写真に掲載される。
フォトショップでの作業手順まで順を追って載せております。
遊美塾の若い子たちが、家に入りびたる。キミちゃん、キミちゃん、と慕われる。各地の遊美塾に行ってもモテモテ。
いやぁ、このばあさん、ただものじゃありませんね。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月 8日 (土)

アマゾンになりすましの偽メール

アマゾンなりすましの偽メール第二弾です
----
差出人:Amazon.co.jp<nhkplus-info@mail.nhk-cs.jp>  (一部改変)
件名:お客様の Amazon.co.jp でのご注文を出荷できません
平素は Amazon をご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様のアカウントで異常な活動が検出されたため、お客様のご注文と Amazon アカウントを一時停止させていただいております。アカウントにログインして画面の指示に従うことで、アカウントの停止状態を解除していただけます。
当サイトでご提供いただいた情報の確認を完了するまで、お客様のアカウントへのアクセスとご注文を停止させていただきますので、ご了承ください。
(以下省略)
----
これ、前にも来たと覚えています。(2022/10/11)

偽メールです。
アマゾンでありながらNHKがどうのこうのと、明らかに怪しげじゃありませんか。

このメールのアマゾンのURLに触れてみると、浮かび上がってくるURLは、アマゾンに類似の長い長いURLです。
うっかりクリックすると、飛んでもないことが起きてしまいそう。

アマゾンに限らず、なりすましの偽メールが横行しています。
疑う、無視する、これで行きましょう。

広島ブログ

2023年4月 7日 (金)

文豪、社長になる

「文豪、社長になる」門井慶喜 文芸春秋
菊池寛の一代記なんですよ。
明治生まれの男で、社会に出たのが大正のころ。
新聞記者から始まった。
新聞への連載小説で評判を上げた。
同人誌というのがあります。
文士仲間のために同人誌を起ち上げた。文芸春秋。
売れました。文芸だけでなく、社会評論も柱にして総合雑誌を目指す。
社長になった。
企画として、芥川賞・直木賞を設けた。
二人とも同人なのだ。
戦争の喧騒に抗したが、軍部に乗せられて、戦意高揚の片棒を担ぐことになった。
戦争に負けました。戦犯となりました。
文芸春秋社は解散し、文芸春秋新社を起ち上げた。
菊池寛は文芸春秋を離れました。

読書メーター

広島ブログ

2023年4月 6日 (木)

安芸高田市高宮町 大狩砂防公園(自転車篇)

寺の前を通り、最後の集落を進んで、砂防ダムの堰堤が見えてきた。下流には青い溝があるが、これがウォータースライダーなのだろうな。幼稚園児保育園児向けだろうな。
堰堤まで自転車で駆け上がる、嘘です、自転車を押して登る。ダムの堰堤の坂道はどこでも傾斜に歯ごたえがあるもんだよ。
堰堤の上で獣避けのフェンスがある。落とし桟を外して入ってまた桟をかけるのだよ。
この先は大狩山への登山路なのだ。自転車はここまで。
傾斜が急だから自転車に乗って下りるとコントロール不能になるよ。下りる時も自転車を押して下りよう。
管理事務所に向かってみよう。大狩茶屋が併設されていて、公設民営なんだろうな。
大量の水汲みにやって来た人がいる。軟水でうまいのだそうな。ポンプで汲み上げていて、自由に持ち帰ってええのだそうな。
もう一度、こっち側からウォータースライダーを見る。少子化の世の中だもの、遊んでるこどもがいるのかしら。
さぁて、帰ろうか。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のURLからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2023/bike-230403-okari_p/bike-230403-okari_p.html

広島ブログ

2023年4月 5日 (水)

日本語化しにくい外国語

アイデンティティ
ハラスメント
トラウマ
日本語に翻訳しても、端的に伝わらない
日本語で言い換えると
アイデ:自分が自分であること←あなた、何を言い出すのですか
ハラス:セクハラやパワハラ以外のハラスメント、これは説明しにくい
トラウ:トラウマとは、日常会話にめったに出てくるもんじゃないからねぇ

他にもいくつかあるんですがね

広島ブログ

2023年4月 4日 (火)

日本では漢字の読み方が多すぎる

ユーチューブで見たのですが
中国人が苦情を言っているのです

日本では漢字の読み方が多すぎる
中国では漢字の読み方はひとつだけ

生きる(いきる)
生まれる(うまれる)
生える(はえる)
生死(せいし)
生(なま)
生一本(きいっぽん)
ひとの名前の一部となると、もう自由奔放、[生]もそんな読み方をするのか、と驚きます

中国人が嘆くわけだ、と納得します

広島ブログ

 

2023年4月 3日 (月)

曹洞宗

曹洞宗と入力するのに、そうどうしゅう、この入力では曹洞宗は出てきません
そうとうしゅう、このように入力すると、曹洞宗が出てきます

え、曹洞宗はそうどうしゅうと読むんじゃないの

違うのです、葷酒山門に入るを許さず
そうどうしゅうでは、山門に入るを許さず
そうとうしゅうなら、山門に入るを許す、のです

広島ブログ

2023年4月 2日 (日)

庄原比和、三河内の[つなぐ棚田遺産]を行く(自転車篇)

登り坂を経て峠に至る。峠からは谷が見渡せる。ここが三河内の谷なんだよ。ここを自転車で二回通っている。
三河内と言っても広いのだよ、南は勝光山から西城との境界に沿って、井西山、福田頭、池ノ段、比婆山、烏帽子山、吾妻山と、ずっと三河内なんだよ。江戸時代のころは三河内村と単独だったのだろうと思うよ。
三河内の読み方だけどね、国土地理院の読み方は[みつがうち]、郵便局の郵便番号での読み方は[みつがいち]、[みつがいち]のほうが世間の呼び方だと思うよ。
おおざっぱに言えばここも三河内なんだが、大字小字でいうと、ここらへんは小和田で、小和田北、小和田東、小和田南と分れているのだよ。
最初は小和田の西の谷を見ている。なだらかに南西方向に棚田が下がっている。
西の谷と東の谷の間にくさびのように尾根が取り残されているのだよ。両方の谷を見下ろす位置に寺がある。慶雲寺、曹洞宗。
寺の前の道から棚田が見え、三つ子山が見え、西城との境界の峠(坊地峠)に今櫛山が突き出しているのが見える。
三つ子山という名前に影響されて南の三連山を三つ子山と間違えるのじゃないよ。三つ子山とは名ばかりで単独の山なんだよ。たんぼからの眺め、三つ子山と今櫛山。
谷の中の道は東西に分れる。西に向かえば単純に下りるだけ。東に向かえばもっと複雑なコースが取れる。東に向かおう。
この谷は、「つなぐ棚田遺産」に登録されているのだ。もともとは棚田百選があった。発展解消して271個の「つなぐ棚田遺産」が選定されたのだそうな。
つなぐ棚田遺産の一覧マップがここにあります。それぞれの地方ごとに拡大してみてください。
なぜここ小和田に棚田が開拓されたのか。それはね、かんな(鉄穴)流しの結果なのだそうな。
たたら製鉄では砂鉄を木炭で溶かして玉鋼を生産する。その砂鉄を採集する方法がかんな流しなのだ。上流の水の流れをせき止めて一挙に流す。土砂は下流に流れて、比重の重い砂鉄が残る。
砂鉄を取った跡は開墾したのと同じ状態なのだ。そこを棚田に区切って稲を栽培した。これが小和田の棚田の起こりなのだ。
東の谷を走っているうち、直進するか、右折するか、迷うところに出てきた。地図的な広がりを求めるなら直進だよなぁ。センターラインが引いてあるのは右折して谷を横断する道だ。
右折する道にする。水流で攻め切れなかった尾根の部分を突っ切って、西の谷のメインの道に合流した。
少し下がると、東の谷の出口と合流した。これで三河内の棚田探索はおわり、谷の出口へ向かっていく。
国道432号線に合流した。ここは木屋原下、比和のメインコースだけに、自転車で走った記録がある。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜き書きです。
全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2023/bike-230330-hiwa/bike-230330-hiwa.html

広島ブログ

2023年4月 1日 (土)

3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:4195
ナイス数:130

図書館にまいこんだ こどもの大質問図書館にまいこんだ こどもの大質問感想
図書館の全国組織でレファ協というのがあるのです。レファレンス協同データベース。その中でこどもの質問に面白いものがあります。胸がキュンとするようなお話を教えてくださいーおひめさまになりたいー魔法が使えるようになりたいー神さまって、なに?ーざしきわらしに会ってみたいです。どんな子ですか?ーおっぱいは血からつくられるのに、どうして白いのですか?ー今の私にぴったりな、おもしろくて、グッとくる本を紹介してくださいー秘密基地をつくるには、どうすればよいか?ーそれぞれ、どこの図書館での質問なのか名前を書いてあります。
読了日:03月31日 著者:こどの大質問編集部


東大に名探偵はいない東大に名探偵はいない感想
全員東大出身の作家群、一人だけ神戸大出身、東大大学院出、これはジェネリック東大とでも言うのかな。新川帆立のファンだから真っ先にここから読む。注文通り、東大が舞台で理系のお話し「東大生のウンコを見たいか?」短編だから思い付きだけでお話を運ぶ、メノツケドコロを味わうわけですね。アンソロジーだから、他の作家のお話も読んでいく。どの作品も東大生活が語られる。一般人と大差ないが、逆に言うと、大差ないのに東大生なんだな。巻末の「テミスの逡巡」殺人があったのやら無かったのやら、殺人犯なのやらそうではないのやら。
読了日:03月30日 著者:市川 憂人,伊与原 新,新川 帆立,辻堂 ゆめ,結城 真一郎,浅野 皓生


忘らるる物語忘らるる物語感想
[トッカン][上流階級]で名高いが、出発点・本来の姿はファンタジーにあるのだそうだ。ここの舞台は西域からモンゴル世界、時代はいつのころなんでしょうね。燦という帝国がある。一帯八旗十六星を統べている。果ての国の王女に環瑠がいる。若くて経産婦で条件にあっている。環瑠は召し出されて皇后星となった。帝国を支える蛮王を次々と経巡るのだ。蛮王は環瑠とまぐわる。二箇月で子が出来なければ、次の蛮王のもとに送られる。ついに帝のもとに来た。帝は生殖能力がない。このお話し、一応は終わりがああるが、終わりのような終わりではない。
読了日:03月27日 著者:高殿 円


日本ゲートウェイ日本ゲートウェイ感想
基本はデパートの再建のお話しなんですよ。メインバンクから融資を断られた。オーナー一族、兄が社長で妹が対立している。妹は妹でデパートを貸しビルに転換しようとする。兄社長は出身の四井を頼る。同期が専務なのだ。頼られた専務は同期の山崎を頼る。山崎は、「プラチナタウン」「和僑」での主人公。同席していたのが「食王」の主人公。そこで、デパートをフードコートに改造し、上階で関連する食品を売るのだ。デパート名を東京ゲートウェイに変え、インバウンド客に対応するのだ。雑誌連載時には「ザ・フードコート」という題名だったのだ。
読了日:03月24日 著者:楡周平


「国の借金は問題ない」って本当ですか?〜森永先生!経済ど素人の私に、MMTの基本を教えてください。「国の借金は問題ない」って本当ですか?〜森永先生!経済ど素人の私に、MMTの基本を教えてください。感想
副題に~森永先生!経済ど素人の私に、MMTの基本を教えてください。森永と読むと、てっきり森永卓郎だと思い込んでいました。森永卓郎というと、反政府、反自民で、読まなくても中身は分かるな。あれ、別人じゃん、森永康平、経済アナリストで大学教授じゃないのだ。知らんかった、二人は親子なんだそうです。この本、目次がありません。素人が疑問を呈し、プロが答える、という問答形式になっています。題名でこの本の趣旨を語っています。くどいくらい、平易に解説しています。「国の借金は問題ない」なるほど、と理解が進みます。
読了日:03月21日 著者:森永 康平


うさぎ玉ほろほろうさぎ玉ほろほろ感想
江戸は麹町で南星屋(なんぼしや)という菓子の店です。「まるまるの毬(いが)」「亥子ころころ」に次ぐシリーズ第三作目です。治兵衛(爺)、お永(娘)、お君(孫)の三人と職人の雲平の四人でお話を運びます。いずれは雲平がお永と入り婿になろうかという気配です。連作短編で、菓子の名前が短編のタイトルに嵌まっています。最後の二篇「石衣」と「願い笹」は連続もの、一篇には納まり切れなくて、前編後編になっています。鹿蔵という中間がこの巻には出てくる。実は御小人目付の配下で、中間は仮の姿、隠密なのだ。各地の菓子の名物を再現して
読了日:03月16日 著者:西條 奈加


神主はつらいよ――とある小さな神社のあまから業務日誌神主はつらいよ――とある小さな神社のあまから業務日誌感想
著者は埼玉県川越市の古尾谷八幡神社の神主、他に13社の神主も兼務しています。現在、日本には20万の神社があって、神社本庁に属する神社が8万、宮司が1万人。つまり、7万の神社はどこかの宮司が兼務しています。父親が脳梗塞になって、急遽、神主を受け継ぐことになりました。収入面では、神職とは全然当てにならない。前職がエンジニアなので、中小企業診断士を兼職している。主に、穢れについて語っている。神社は清浄を旨として、罪穢れを厭うところだ。総代の力添えが無ければ神社は成り立つものではない。総代の後継者も候補者がいない
読了日:03月15日 著者:新井 俊邦


おれは一万石 (双葉文庫)おれは一万石 (双葉文庫)感想
竹腰正紀、美濃今尾藩三万石の次男なのだ。出だしは将軍家御前試合で決勝で下妻藩の井上正広と対戦する。結果は敗れた。正紀に婿入り話がある。相手は下総高岡藩一万石井上家、京という姫がいて婿入りするのだ。挨拶に、ということで、高岡藩邸を訪問した。門前に百姓がいて、門番から追い払われている。話を聞いてみると、下総小浮村の名主の息子で、利根川が洪水で決壊しそうだ。杭二千本が必要だ。藩で用意していただきたい。わかった、殿に伝えよう。藩は手元不如意でどうにもならない。まだ婿入りもしていないうちから、心を砕き、足を延ばし、
読了日:03月14日 著者:千野 隆司


南海ちゃんの新しいお仕事 階段落ち人生南海ちゃんの新しいお仕事 階段落ち人生感想
わたし、高井南海、階段から転がり落ちる癖がある。傷しても骨折してもたちまち治ってしまう。その時、痛いの痛いの、飛んでけぇ!と呪文を唱えるんです。それを見ていたのが、板橋徹也、靄が見えるのだ。その靄に大勢が引っかかって怪我したり死ぬ。板橋は有名会社の常務、板橋は南海をリクルートする。板橋が靄を見つけて南海が靄に触って無力化してしまうのだ。ラノベです。南海のモノローグで書かれています。会話と心のだだ漏れが混然一体となって、饒舌体、連綿体、さらりとは読みにくい体裁になっています。文中に、丁寧体とぞんざい体が混載
読了日:03月11日 著者:新井 素子


追想の探偵 (双葉文庫)追想の探偵 (双葉文庫)感想
神部実花は雑誌の編集者。黎砦(れいさい)社の「特撮旬報」を担当している。黎砦(れいさい)社とは零細(れいさい)社のことだろうなぁ。40年前ころの古いマンガムービーを語っているのだ。雑誌の特集ということで人探しをしている。濤映(とうえい)だの、宝塔(ほうとう)だのと隠しているが、東映や東宝ということはありありと分かる。東映マンガ祭りだの東宝マンガ祭りや初期のテレビフィルムが関係してくる。人探しといっても、亡くなっていたり、消息不明になっていたり、それでも探すのだ。読んでいて寂しくなる空しくなる。零細社の仕事
読了日:03月08日 著者:月村 了衛


覇王の轍覇王の轍感想
キャリアの警察官僚、樫山順子警視は北海道警察捜査二課長を命じられた。道警捜査二課では、東京警視庁と合同で道庁職員の汚職事件を捜査している。女子管理職職員が納入社側から収賄して、その金を新宿歌舞伎町のホストに注ぎ込んでいるのだ。捜査していると、別件が浮かび上がってきた。札幌ススキノで国土交通省の技官が不審死していること。下請けの電気工事会社の職人が死んだことに別の事情があるのではないか。樫山課長はキャリアに似げなく、真相に突き進んでいく。北海道警、JE北(JR)、運輸機構、それぞれ表に出せない伏せたい事情が
読了日:03月06日 著者:相場 英雄


機捜235 (光文社文庫)機捜235 (光文社文庫)感想
機動捜査隊[略称]機捜は覆面パトカー私服で密行して犯罪者に対処するのだ。9篇の短編集。俺は30そこそこの中堅、相棒が骨折して、新しい相棒がきた。冴えないおっさん、あと3年で定年の、白髪の年寄りじゃないか。最初は敬語で話していた、次第にタメグチで話すようになった。縞さん、高丸。縞長、特技がある。見当たり捜査の達人なのだ。指名手配の写真を覚えて、巷の雑踏の中から見つけ出すのだ。さらに、柔道三段、合気道五段、犯人逮捕は確かなものだ。短編だから一直線に逮捕に向かっていく。短いページ数で溜飲を下げてくれる、気分爽快
読了日:03月04日 著者:今野敏


日本史を暴く-戦国の怪物から幕末の闇まで (中公新書 2729)日本史を暴く-戦国の怪物から幕末の闇まで (中公新書 2729)感想
読売新聞に連載されたものです。一節がほぼ3頁の短文です。毎月一回の連載だから、読み忘れもあります。こうして一冊の本で刊行されると、前後の脈絡も繋がってくる。サブタイトルに[戦国の怪物から幕末の闇まで]とあるように、戦国、江戸期、幕末と、時代を章立てしてある。別に、疫病と災害が一つの章に立ててある。古文書の中に庶民の道中記がある。宿場の女郎を買って、600文(三万円)、この男絶倫のようで、毎晩女を買っている。江戸に出て、吉原の花魁を買って全一両(三十万円)。新聞に連載中にこの記事は読み損ねていたなぁ。
読了日:03月03日 著者:磯田 道史



読書メーター

広島ブログ

 

 

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31