無料ブログはココログ

« 北京語と広東語 | トップページ | 東、姓の読み方、などなど »

2023年5月 9日 (火)

月の王

「月の王」馳星周 角川書店
ここは上海、時代は日中戦争の前。
駆け落ちした華族の娘がフランスから帰ってくる。
その娘は皇室の係累なのだ。
争奪戦が始まる。日本の特務機関、木之内機関が追っている。
そこへ大神明が現れた。天皇家から派遣されたということだ。
国民党に雇われた藍衣社、それを率いる杜龍と四天王が立ちはだかる。
持統天皇のころ、大神明は天皇家を保護することを約束した。
まだ天皇とは呼ばれず、大王(おおきみ)と呼ばれていた時代のことだ。
大神明はその時代から生き続けている。
当時愛していた雪が転生して、李麗雪としてここにいる。
天には、日の王、月の王、火の王、水の王がいた。
大神明は月の王の末裔、火の王の末裔が杜龍。
戦いが始まる。

読書メーター

広島ブログ

« 北京語と広東語 | トップページ | 東、姓の読み方、などなど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北京語と広東語 | トップページ | 東、姓の読み方、などなど »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30