無料ブログはココログ

« 変態 | トップページ | 香港警察東京分室 »

2023年5月 3日 (水)

高く翔べ 怪商・紀伊国屋文左衛門

「高く翔べ・紀伊国屋文左衛門」吉川永青 中央公論新社
紀伊国屋文左衛門の一代記です。
材木屋のはずなんだが、みかんで大当たりした。
♪沖の暗いのに白帆が見える、あれは紀の国みかん船
当時のCMです、SNSです。
奈良屋とさや当てして、お互いにイケズのしあいっこを繰り返す。
この本を読む前は、紀伊国屋が豪商になって、没落した、この程度の知識でした。
柳沢側用人、荻原勘定奉行の政策はインフレ策、高度成長政策だった。
次に来るのはデフレ策、緊縮財政政策だろう。
行き詰まりの気配がする。文左衛門は対策を取った。
会社整理、店を畳んで奉公人に分配した。
あれぇ、わたしの記憶では破産して、路頭に迷うはずだったが。
これは小説だからこうなのか、伝説どおりみじめな最後なのか、どうなのでしょうね。
惨めな紀伊国屋文左衛門より、身ぎれいなままの文左衛門であったほうが似つかわしいですよね。

読書メーター

広島ブログ

« 変態 | トップページ | 香港警察東京分室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変態 | トップページ | 香港警察東京分室 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31