無料ブログはココログ

« エネループの充電器 | トップページ | あわてふためく »

2023年6月27日 (火)

まいまいつぶろ

「まいまいつぶろ」村木嵐 幻冬舎
徳川吉宗がいる。三人の子がいる。
長男(幼名、長福丸)家重、この子は出産時にへその緒が巻き付いて酸素不足となり、体に障害がある。
話す言葉が聞き取れない。足に障害があり、手にも障害があり、筆を持てない。
膀胱にも障害があって、常に垂れ流しとなる。
小便の濡れた跡が残るので、口の悪い大名はまいまいつぶろ(かたつむり)と噂する。
秀忠の次期将軍を家康は長子相続と祖法を定めた。
吉宗、悩む。
祖法に従うか、現実を優先させるか。
旗本の子弟の上様拝謁の折り、ひとりの若者が家重の言葉が聞き取れるのが分かった。
さっそく、登用して、小姓に任命、通訳者とする。
名前が大岡忠利、大岡忠相のはとこなのだ。
言葉が聞き取れるようになると、家重、思慮深くて理解が速いのだ。
家重に子供も誕生し、これなら後継問題で悩むことはない。
吉宗は大御所に下がり、次期将軍は家重と決定する。

読書メーター

広島ブログ

« エネループの充電器 | トップページ | あわてふためく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エネループの充電器 | トップページ | あわてふためく »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31