無料ブログはココログ

« 旦那 亭主 | トップページ | 県道451号線、帝釈峡で一番マイナーなコースかも(自転車篇) »

2023年7月17日 (月)

機龍警察 未亡旅団

「機龍警察 未亡旅団」月村了衛 早川文庫
機龍警察シリーズの4作目です。前3作を読まずに取り付いてしまいました。
舞台はチェチェン、チェチェン国家とロシアによって、チェチェンの民族はボロボロにされました。
チェチェンの女は組織して、武装しました。
黒い未亡人という軍団を結成しました。
一方、日本では、警察に改革が始まっている。
特捜部が新設された。龍騎兵を擁し、メカニックと外国人傭兵を抱えているのだ。
その黒い未亡人が日本に現れた。
だしぬけ感があるが、読み進めると、理由があるのだ。
特捜部と黒い未亡人との戦いが始まる。
ガンダムのようなスーツマシン同士での対戦で、機龍警察ワールドに嵌まり込むのに抵抗がある。

読書メーター

広島ブログ

« 旦那 亭主 | トップページ | 県道451号線、帝釈峡で一番マイナーなコースかも(自転車篇) »

コメント

本をよくご覧になるのですね。  地図と拳   満州をめぐる歴史考証のプロセスが圧巻だった。考証者が語る創作秘話    偶然に、見ました。  近くの書店に在庫アリ。そりゃあるでしょうね、直木賞作品なので。読むかどうしようか、思案中です。ブログオーナーさんは、お読みになりましたか。ほとんどの作品を読んでいます。大森実さん、大藪春彦さん、西村寿行さん、落合信彦さん、神崎京介さん、睦月影朗さん、澁澤龍彦さんです。中村元さんは、興味あるものを集めていますサンスクリット語を、読めるのがすごいですね東大印度哲学科出の人の本、雑多ですが、中村元教授の本は、別格です。格調高い本もあります。難しいこと事を平易な解説文もあります。私は、ジャンルは、問いません。大藪春彦さんは、中学時代に、月刊誌の連載で、読んでいます。3億円事件、大藪作品に倣ったとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旦那 亭主 | トップページ | 県道451号線、帝釈峡で一番マイナーなコースかも(自転車篇) »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31