無料ブログはココログ

« アバター メタバース | トップページ | Z世代 »

2023年7月 6日 (木)

青光の街

「青光の街」柴田よしき 早川書房
再読本です。知らずに読んでしまった。
題名にブルーライト・タウンとルビがある。
世間では連続殺人事件が起きる。ブルーライト殺人事件と呼ばれる。
青壁ユナはブルーライト探偵社の所長。
ユナのPCに「たすけて」と主題だけのメールが来る。主題だけで本文はない。
大学時代の友達だ。調査に取り掛かる。
最初は、生活感がないなぁ、と架空のお話しのように遠かった。
段々と、これは探偵小説じゃないか、大正昭和の探偵小説の骨法じゃないか。
巻末になって、生活感が書かれていに理由が分かりました。
連続殺人の犯行動機が理解できない。
松本清張以後の作品なのに、松本清張以前の小説です。
読み終えて、無駄な時間を過ごしたと悔やまれます。
4年前にに読んだとき酷評しているが、再読しても印象は変わらない。

読書メーター

広島ブログ

« アバター メタバース | トップページ | Z世代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アバター メタバース | トップページ | Z世代 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31