無料ブログはココログ

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月31日 (木)

千代田から吉川元春城館跡へ(自転車篇)

尾根を下りれば吉川元春城館が見えている。
また志路原川を渡る。建物が見えているが、それはトイレと土産物店なのだよ。芝生の奥に、国史跡吉川氏城館跡戦国の庭歴史館と立札がある。
歴史館に近づいて見たが、閉館中だった。そうか、今日は月曜日だ。あとでホームページで確認すると月曜休館となっていた。
ここには館史跡が二ヶ所ある。日野山・火野山・日山に山城があって(同一名称、資料ごとに名前が違うのだろうな)、大朝側に館史跡が三ヶ所もある。
城塞としての城は理解できる。軍事の城はひとつでええとして、政庁としての館がそんなに幾つもあるのが理解できない。
そんなに転々と政庁を動かしたのだろうか。吉川本家の館、一族支族の館が、資料がとぼしくて、未分離で今に至るのかもしれない。
引き返そうか。尾根の坂道を登り返すのはいやだね。志路原川に沿った道がある。それを行こう。あまり車が入る道ではないからさらに好都合だ。
里道は国道433号線に合流する。国道433号線とは三次大竹間を結ぶ国道で、国道261号線とはX型に交差しているのだ。
国道は舞綱地区に入って行く。舞綱はもうつなと読むのだよ。難読集落名があるが、これはちょっとだけ難読、はるかに易しい読み方なんだね。
おっと、町道の案内がある。町道瀬丸線とある。ここは蔵迫。峠を行くより川沿いに行ったほうが自転車には楽だ。自動車のおねぇちゃんがいたので確認する。
ここからの町道は自転車でも行ける道ですか。草に覆われているとか、そんな道じゃありませんか。そうなんですか、普通の道なんですね。どうもありがとう。
なるほど、教えてもらった通りだ。普通の車道なのだ。志路原川のせせらぎがちゃらちゃら流れている。

編集が終わりました。新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。全体の姿は下のURLからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2023/bike-230828-kikkawa_motoharu/bike-230828-kikkawa_motoharu.html

広島ブログ

2023年8月30日 (水)

ごめんなさいは命令形?

ごめんください、これでは、[今日は]と同じ意味
ごめんしてください、内容もカタチもドンピシャリなんだが、どこかの田舎びとの臭いがする
なんぼ命令形に聞こえようと、ごめんなさい、これが一番だなぁ

広島ブログ

2023年8月29日 (火)

津軽の髭殿

「津軽の髭殿」岩井三四二 光文社
津軽の合戦譚です。
地名が分からない、人名に馴染みがない。
津軽の某家に血筋のよろしい男が入り婿します。
最初は軽くあしらわれるが、こいつ、なかなかの男です。
合戦を重ねて、頭角を顕わして行きます。
合戦の規模は何百人の規模です。千人二千人の合戦となると大合戦です。
次第に津軽一円を斬り従えて行きます。
そこへ登場するのが豊臣秀吉、惣無事令を発します。
トランプで言えばジョーカーだな、なんでもありだ。
一挙に読む気が消えてしまいました。
読みたいのは国の果ての小さな合戦の行く末なんですよ。
太閤殿下がどうのこうの、関ケ原がどうのこうの、そんなの関係ねぇ。
すまん、これ以上読む気がなくなりました。
どう抵抗しても、中央の流れには抵抗できないんだもの。
ここで読むのを放棄しても、バチは当たらないだろう。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月28日 (月)

おざなり なおざり

おざなりとは、お座成り、でしょうね、その場しのぎの意味
なおざりとは、なんでしょうね、直去り、尚去り、これでは意味不明

はた と閃きました
[おざなり]と[なおざり]とは文字の入れ替えなのだ
アナグラムなのだ

[おざなり]が先にあって、文字を入れ替えて、[なおざり]が誕生したんだ
[なおざり]に意味がなくても構いはしない、[おざなり]を引き継いでいるのだから、意味は同じ

おざなり なおざり について検索してみました
いろんなことが書いてあるが、それらは違うよ、わたしの説明が一番正しいんじゃないのかい
検索の中では、アナグラムだ、と指摘したのは一件もありませんでした

広島ブログ

2023年8月27日 (日)

いっぷん にふん さんぷん よんぷん ごふん

1分 2分 3分 4分 5分
時分秒の分の読み方です
数が増していくごとに読み方が変わる、どうして、なんで
外国人からの日本語への疑問です

日本語には音便(おんびん)というものがあります
発音し難かったら、唇を変えるのです、発音しやすいカタチにもっていくのです
いちふん にふん さんふん よんふん ごふん
いっぷん にふん さんぷん よんぷん ごふん
発音しずらいなと思えば、楽に発音できるカタチに唇をずらしていきます

外国語でもどこでもあることだと思います
唇をゆがめて必死に発音しようと頑張らないことです

広島ブログ

2023年8月26日 (土)

ノウイットオール あなただけが知っている

「ノウイットオール あなただけが知っている」森バジル 文芸春秋
松本清張賞受賞、受賞作で単行本デビュー。
検索してみると、意外にも、作者は男なのだそうな。
5章プラスエピローグの構成。
前の章の誰か別人が主人公で次の章が始まって行く。
それぞれの章は無関係。
第1章 推理小説「探偵青影の現金出納帳」第2章 青春小説「イチウケ!」
楽に読めたのはこのふたつ、これらは日常の延長にあるから。
他はぶっ飛んでいます。理解共感を越えていて、没入も何も歯が立たない。
松本清張賞受賞、小松左京賞の間違いじゃありませんか。あるいは山田風太郎章。もしもそんな賞があるならね。
ノウイットオール あなただけが知っている Know It All 誰が何を知っているんだろう。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月25日 (金)

すみません

外国人が日本人の様子を見て、なんでそんなに謝るんだろ
ことごとに、すみません、と言っているよね

謝罪しているんじゃないんだがなぁ
食堂でウェイトレスに、すみません
これは呼びかけの言葉です
手間かけてワリーネ、時間取らせてワリーネ、この程度の心持です
すみません=わたしが悪うございました、申し訳ありません、ではありませんからね
おーい、あるいは、あのねぇ、と呼べばすむところを、すみませぇん、と呼びかけているわけです
これは、上品な表現なんです、ていねい表現なんです

なんぼ外国人でも、数日、日本で過ごせば
すみませんが、謝罪の言葉ではなく、呼びかけの言葉だと分かってちょうだいよ
習ったのと違うと切れたりせずに、そうかそうかと受け流してよ

広島ブログ

2023年8月24日 (木)

三次・庄原、国道と並行する脇道を行く 3

たんぼの中の道は山の中の道に変わっていく。もう漕げない。自転車を押して歩いていく。
熱中症警戒アラートの中を進んでいるのだ。木陰になって、ほんのちょっと休もうと思っても、大休止になってしまう。いっぺん降ろした腰が上がらないのだよ。
登りの道は折れ曲がって下り坂を示している。ここから七塚原高原なのだよ。尾根は平らな高原になって牧場風景が良く似合うのだよ。
ポプラ並木が特徴的なのだ。観光ポスターで七塚原の風景としてよく見る姿なのだ。
ここからはざっと1キロ、道路が三次市庄原市の境界なのだよ。正しく言うと、三次市の区域が楔形に庄原市に食い込んでいるのだよ。
ほぼ楔の先端に三次市庄原市の境界標識がある。
池を隔てて広島県立大学が見えている。正面に回って県立大学に真向かう。
生物資源科学部と生命環境学部があるのだよ。他に広島キャンバスと三原キャンバスがある。
どうやら呼び名が変わったらしいのですよ。設立当初は広島県立大学だったのに、最近では県立広島大学と名乗っているみたい。
最初の予定では、ここから庄原の市街地に向かうつもりだったのですよ。あまりにも暑い。もうこれ以上足を延ばす気にならない。ここで打ち切って引き返そう。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは一部分の抜き書きです。全体の姿は下のURLからお出でください。
http://sherpaland.net/bike/2023/bike-230821-miyoxi_shobara3/bike-230821-miyoxi_shobara3.html

広島ブログ

2023年8月23日 (水)

違和感の反対語は

いろいろ頭をひねってみましたが、親和感じゃありませんか
中国人のYou Tube で日本語だけの表現、というものに出会いました
そこには違和感が取り上げられています
中国人も違和感は分かる、分かるけど、中国人には違和感などを問題にすることはない
そんなものは問題にすることなく進むのだそうです
ましてや、親和感など気配もないのだそうです
(ここまではマクラ)
もののあわれ、わびさび、この意識は共有できないでしょうね
一方で、行間を読む、そのようなものは発達しているそうです
法律の抜け穴、領袖のお言葉、これはとことん掘り返すのだそうです

広島ブログ

2023年8月22日 (火)

GHQとHQ

GHQというと怖い存在ですよね
連合国総司令部、内閣よりも皇室よりも上位の存在でした

マレーシア領ボルネオのキナバル山、山麓にHQがあります
GHQ(ゼネラルヘッドコーター)じゃないよ、HQ(ヘッドコーター)
キナバル登山の受付、事務所なんですね
ここで許可がもらえないと、キナバル登山はできません
富士山や北アルプスは登山路がなんぼでもありますが、ここでは一本だけです
旅行代理店に先払いしているので、入山許可は先に得ています

HQと聞くと、すぐGHQを連想してしまいます
GHQを強く記憶しているのは高齢者だけでしょうがね

広島ブログ

2023年8月21日 (月)

自転車のヘルメット

ロードバイクではなく、ママチャリの範囲で語るとね
ヘルメットをかぶっている人は少ないなぁ

小学生は全員かぶっている、中学生も全員
高校生からは全員かぶっていない
若者から中年まで、ほぼ全員かぶってはいない

高齢者、意外にかぶっている人が多いのですよ
作業現場の保安帽ではなく、ちゃんとしたもの
これは意外なこと、と見直しました

広島ブログ

2023年8月20日 (日)

八月の御所グラウンド

「八月の御所グラウンド」万城目学 文芸春秋
「十二月の都大路上下(カケ)る」「八月の御所グラウンド」の二篇を収録。
十二月のは、高校駅伝女子の部のお話し。
隣のランナーとバチバチの争いをした。歩道では、新選組の隊士と一緒に走っているようだった。
八月のは、たまひで杯を争って五チームが野球の対戦をする。
借金のツケで、チームに加わることになった。
えーちゃんという助っ人は沢村栄治ではないか。
お盆の時期の対戦だからあの世から帰ってきているんじゃないか。
万城目学の出世作の「鴨川ホルモー」の匂いがする。
どっちの作品も、最近の作風ではなく、初期のころの匂い・味がある。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月19日 (土)

1かけ 2かけ

1かけら 2かけら という呼称単位が正しいと思っていました
NHKの料理番組です、1かけ 2かけ (ひとかけ ふたかけ)で進行して行きます
へぇぇ、1かけら 2かけら (ひとかけら ふたかけら)ではないのです

正しい表現が幅を利かすわけではないのです
言い易い表現が優先されることもあるのです

広島ブログ

2023年8月18日 (金)

ザイム真理教

「ザイム真理教」森永卓郎 三五館シンシャ
副題に「それは信者8,000万人の巨大カルト」
ザイム真理教とはオーム真理教のもじりです。
ふざけた題名です。
題名にも係わらず、内容は極めてマトモです。
財務省のテーマは均衡財政、国債に頼らない財政ということです。
大いに国債を発行すればええやん、国債は償還しなくてええやん。
高橋洋一と同じ立場です。
違うのは、高橋洋一は自公政権の立場に立ち、森永卓郎は立憲民主にアドバイスする違いです。
同じ内容を語っても、二人のアナウンス力は大きく差が開きます。
ザイム真理教、題名は激しく変化球ですが、内容は極めてストレートです。
違う題名の本だったらもっと受け入れられたのかもしれませんね。
ここからは私見、国税庁と医療と年金の社会保険庁を合併して歳入庁を創設すること。
こうして財務省の影響力をそぎ落とすこと、こうすることです。
これで財務省は三流官庁に成り下がります。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月17日 (木)

オミクロン株

コロナウィルスのタイプですが
オミクロン株で長く留まっています
アルファ、ベータ、ガンマから始まって、オミクロンまで来たのが2021年11月
タイプの変異が止まったのでしょうね
カッパー、ラムダ、ミュー、ニュー、クシー、オミクロン、パイ、ロー、シグマ、タウ
不都合があって、スキップした呼び名があるそうです、どれか知らんけど
オミクロンの次はパイです
オミクロンで打ち止めで、新種のパイまで進みませんように

広島ブログ

2023年8月16日 (水)

あなたの日本語だいじょうぶ?

「あなたの日本語だいじょうぶ?」金田一秀穂 暮らしの手帳社
副題に、SNS時代の言葉力
基本は「サライ」連載のコラムに埋め草の文章を加えたものです。
ご本人、古希になって、今では名誉教授の身分なんだそうです。
新しい言葉をピックアップするのは今でも目を広げている。なかなかのもんだ。
わたしと同じような語句に反応している、そこに文明批評・文化評論を加える。
それがヒットするか、的外れか、たいがい納得のいくコメントですねぇ。
あなたの日本語だいじょうぶ?この題名は著者の意思かなぁ、出版社の意向かなぁ。
そんなに意地悪な内容ではないから、出版社の[売らんかな]の意向でしょうね。
肩の凝らない読み物です。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月15日 (火)

天稟 どう読むか

てんぴん
てんりん
読み方はどちらかです
意味は、天賦の才能、生まれつき賢い、スポーツが強い、そういう使い方です

普通、「稟」の字は「稟議書」でしか見ることがない字です
てんりんと読みたくなります、てんぴんと読むなど思いもよらない

ここはてんぴんと読みます
いや、あなた、文句を言ってもしょうがない、昔っからそう読むんだから

広島ブログ

2023年8月14日 (月)

You Tube で知的水準がバレる

You Tube を見ていて、思うことですが
編集者の知的水準がバレてしまうことがあります

ナレーションを読み上げるだけなら、バレることはありません
ナレーションと同時に字幕を付けています たとえば
字幕には、心配蘇生法
ザンネン!心肺蘇生法
ちょっとしたミスで、知的水準が疑われることになってしまいます

逆に、字幕の朗読ですがね
明らかに間違った朗読をしている、たとえば
【○○が逆上(のぼせ)したのです】
字幕は、逆上した、朗読は、のぼせした、です

間違いが分からない、分からないのは、もともと知的水準が低いからです
読み方を知らない、聞いたこともない、初見の漢字・概念だからでしょうね

あれやこれやで、知的水準は透けて見えるものなんですよ

広島ブログ

2023年8月13日 (日)

鳥取銀行 とりぎん

鳥取銀行の略称・愛称は「とりぎん」です
とりぎん の とり はどこから来たか
鳥 の とり でもええし
取 の とり でもええ
どこを切り取っても  とりになる名前なんです

広島ブログ

2023年8月12日 (土)

○○だけに

この言葉、さぁ、シャレるぞ、ダジャレだぞ
決まり文句なんです
不発に終わってはいけないので、予防線を張っているわけです
対処法?
あまりに頻発するなら無視
たまに発するものなら、反応してやるのが優しい態度です

広島ブログ

2023年8月11日 (金)

てらこや 青義堂 師匠、走る

「てらこや 青義堂 師匠、走る」今村省吾 小学館
坂入十蔵は忍者の家の次男坊だ。忍者を辞して寺子屋の師匠になった。
寺子屋の筆子に、鉄之助、御家人の子、吉太郎、商人の子、源也、大工の子、千歳、加賀藩上士の子、これらがキャラクター。
それぞれ事件が起き、忍者の技で解決していく。
十蔵は妻帯していた。事情があって離縁していた。
四人の子のお供でお伊勢参りに行くことになった。
幕府の忍者ではない野の忍者群がいる。人質の人質として、離縁した妻睦月を人質に取った。
これ以上筋書きを述べるのはやめておきます。
今村省吾、蘊蓄が深い。お話の途中に蘊蓄のあれこれを混ぜ込むと、面白いのなんの。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月10日 (木)

童の神

「童の神」今村省吾 角川春樹事務所
プロローグが取っ付きにくい。読むのを止めようかと思うが、本編に入るとスムーズに読める。
平安の世の中です。都の殿上人が栄耀栄華、地方の民は飢えに瀕している。
京(みやこ)人は、土蜘蛛、鬼、夷などを化外の民として、童(わらべ)と呼んだ。
従った民を童として、従者として駆使し、荘園でこき使った。
童とは尊称ではない、蔑称なのだ。
藤原道長の指揮のもと、源満仲が首魁、源頼光、渡辺綱、坂田金時などが従う。
歯向かうは、桜暁丸(おうぎまる)、袴垂、花天狗など。
葛城山に拠り、畝傍山に拠り、大江山に拠る。
京人からは酒呑童子と呼ばれる。
悲劇で終わります。そういう史実だからね。そこは逆らえない。
奈良朝から平安にかけて、武力で捻じ伏せ、従わせていったのは、説話、おとぎ話に残っている。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月 9日 (水)

ギョギョッとサカナ★スター

NHKの「ギョギョッとサカナスター」ですが
黒づくめの男が出てきます
出演者欄に名前がありません
エキストラの俳優なのか、あんなに連続して出演しているのにキャスト名に出ないのは変
研究室の技術者なのか、それなら、協力機関名も出ないのは変
さては、NHK職員なのだ、内部登用だから名前も出ない、のかな?

広島ブログ

 

2023年8月 8日 (火)

グランプリ しらんぷり

この二つ、語調は似ているけど、中身は全然別物です
この二つで、ギャグに落とし込む、とぼける、という作業は難しいな

謎かけで、グランプリと掛けてしらんぷりと解く
心は、えぇ、こころはぁ これが難しいんですよ
あまりに離れすぎて、どう解くのか困ってしまう
うまく解けたら、レス下さい

広島ブログ

2023年8月 7日 (月)

チャンバラ

「チャンバラ」佐藤賢一 中央公論新社
宮本武蔵のお話しです。
父、新免無二と、子、宮本武蔵のお話しです。
新免無二と吉岡憲法が戦う。六歳の弁之助もその試合に立ち会った。
新免無二が勝った。その後弁の助も成長し、13歳となった。
最初の試合は有馬喜兵衛、勝った。少年は宮本ムサシと名乗っていた。
途中省略、23歳の宮本武蔵は吉岡清十郎と立ち会った。勝った。
吉岡一門の恨みを買い、吉岡伝七郎を倒し、一門の百人以上を斬った。
さらに途中省略、中年の宮本武蔵は佐々木小次郎を倒した。
宮本無二と宮本武蔵が戦った。
武蔵が勝った。
五輪書などの宮本武蔵以外の姿です。
勝つ手口、方法の工夫の数々が書いてあります。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月 6日 (日)

躱わす

かわす と読みます
太刀を躱わす こういう使い方です
始めて見る漢字ですが、読み方は類推で分かりました

身へんの漢字とは見慣れない漢字が多いですねぇ
つくりの朶、音読みで[ただ]、訓読みで[えだ]、初めてだねぇ、こんな漢字
へんとつくり両方合わせて かわす どうしてこういう意味合いになるんだろ

今の世で かわす というと、道で自動車がすれ違う
これを交わすという
ここで 躱わす の文字を使うと事故すれすれの事態になってしまう
このように、躱わす という字はもう世の中では絶滅危惧種な文字なんです

広島ブログ

2023年8月 5日 (土)

原則禁止 絶対禁止

原則禁止とあると、まぁ、例外もあることだしと、往々にして守られないことがあります
絶対禁止となると、まず守られます

学校の部活動で熱中症に配慮して原則禁止としてきました
甲子園やインターハイ、音楽コンクールなどはそっちが優先で、例外扱いしてきました
このところ、熱中症で死亡するなど緊急事態になってきました
絶対禁止となると、校長・教頭がジレンマにさらされます
父兄の要望は、殺すな、ただし、成果を上げろ
教育委員会通達ということで、責任追及はまぬかれるなら
絶対禁止が出しやすくなるのではないでしょうか

広島ブログ

2023年8月 4日 (金)

三千円の使いかた

「三千円の使いかた」原田ひ香 中央公論新社
〇三千円の使いかた 孫美保、祖母が言った、三千円の使いかたで人生が決まるよ。
〇七十三歳のハローワーク 祖母琴子 年金だけでは心もとない、もうちょっと金が欲しい。
〇目指せ!貯金一千万円! 美保、もっと切り詰めて一千万円貯めようかな。
〇費用対効果 祖母の知り合い安生、四十手前のプータローだが、やっと結婚に真剣になる。
〇熟年離婚の経済学 美保の母智子、ガンの手術後でも夫は家事をしない、離婚を考える。
〇節約家の人々 美保、結婚に踏み切ろうかな、恋人に奨学金返済問題が浮上。
どれも小説ネタより証券会社の講演ネタ、フィナンシャルプランナーのセミナーネタが相応しいネタ。
筆者48歳当時の執筆です。その後、さらに語り口は達者になりました。

読書メーター

広島ブログ

2023年8月 3日 (木)

器械とは何だろ

わたしのよく通る道に大塚器械という会社があります
器械を売っている、機械じゃない、器具じゃない、器械とは何だろうなぁ
大塚器械で検索してみました

各種実験・研究に使われる理化学機器、理化学器具、光の強度などを測定する光学測定器
などを売っているのだそうです
広島市が本社の会社です
なるほどなぁ
機械じゃない、器具じゃない、エンジンがない機械なんだなぁ

スポーツジムのフィットネス器具、製図器具などを想像していました
実験室向け、検査部門向けなんですね
大づかみに言うと、器械としか言いようがないですねぇ

広島ブログ

2023年8月 2日 (水)

7月に読んだ本

7月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2960
ナイス数:98

隠居おてだま隠居おてだま感想
「隠居すごろく」では孫の千代太がお話しの芯になっていたが、娘のお楽がお話しの芯になる。亭主と死別して帰ってきたが、男漁りの行儀が悪い。とうとう孕んでしまった。相手は錺職の職人で、ええ男をヒットしたもんだ。新しい道具を考案して、これはモノになるぞ。これはぜひとも娶(めあ)わせて、商売でも一山築こう。隠居の嶋屋徳兵衛に内緒で話を詰めているのだが、ばれそう、あ、ばれそう。隠居がへそを曲げると、お話は全部潰れてしまいそう。そんなこと言っても、最後はハッピーエンドで終わるんだろう。いいえ、バッドエンドになってしまい
読了日:07月27日 著者:西條 奈加


ペニー・レイン 東京バンドワゴンペニー・レイン 東京バンドワゴン感想
東京バンドワゴンシリーズ18作目です。年一回、毎年四月になると出版されます。春夏秋冬、4作の中編から成り立っています。秋篇、ペニー・レイン、隣接する元風呂屋が売りに出されようとしています。青は貯蓄をはたいて買い取ろうとします。スタジオにしたり、教室にしたり、文化系の会社を設立しようとします。「東京バンドワゴン」を発見して読み始めたのが2021年10月です。なんだか満腹感があるな。もう、極めた、という気がするのですよ。周辺の人物も退場し始めています。来年の4月になって、次も読みたい、という気になるかしら。
読了日:07月21日 著者:小路 幸也


三河雑兵心得【十一】-百人組頭仁義 (双葉文庫 い 56-12)三河雑兵心得【十一】-百人組頭仁義 (双葉文庫 い 56-12)感想
植田茂兵衛、侍大将になるはずだった。どこで横槍が入って、足軽大将のまま据え置かれた。鉄砲百人、槍組、弓組、荷駄隊、合わせて300人の軍勢を預かる身分になった。真田への対応は植田がええ。真田を徳川に引き付ける策はなにかあるか。真田の総領の源三郎様に縁組してはいかがでしょう。本多平八郎様のご息女、於稲様ならいかがでござろう。とんとん拍子に事は進んで、この縁組は無事できました。時代は秀吉の小田原征伐の直前なんですよ。真田と北条の領地争いで秀吉の介入は間近い。真田の去就が問題なのだ。真田を徳川の陣営に引き込みたい
読了日:07月19日 著者:井原 忠政


機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ文庫JA)機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ文庫JA)感想
機龍警察シリーズの4作目です。前3作を読まずに取り付いてしまいました。舞台はチェチェン、チェチェン国家とロシアによって、チェチェンの民族はボロボロにされました。チェチェンの女は組織して、武装しました。黒い未亡人という軍団を結成しました。一方、日本では、警察に改革が始まっている。特捜部が新設された。龍騎兵を擁し、メカニックと外国人傭兵を抱えているのだ。その黒い未亡人が日本に現れた。だしぬけ感があるが、読み進めると、理由があるのだ。特捜部と黒い未亡人との戦いが始まる。ガンダムのようなスーツマシン同士での対戦で
読了日:07月17日 著者:月村 了衛


限界国家限界国家感想
これは小説だが、本来なら、新書本で解説書・啓蒙書として出版されるべき本だ。財界の大立者が半年後にはわたしは引退する、それまでにレポートをいただきたい。コンサルタント会社に依頼が届く。内容は、出生率がこんな状態では、20年後、30年後の日本はどうなっているだろう。依頼を受けて、調査が始まる。このような低い出生率では人口減少は避けられない。コンピューターや機械に置き換えられて、職業寿命が到来する。職業が消滅するのだ。人口が減れば患者も減少する。医者も必要な人数が減少する。国民健康保険が破綻する。収支がアンバラ
読了日:07月11日 著者:楡 周平


にべ屋往来記にべ屋往来記感想
徳川家康の息子信康が切腹を強いられた。家康の老臣の平岩親吉は若君を守り切れなかったのを慚愧して自家を絶やすことを図った。妻・お蕗は出ていき、その時は懐妊していた。平岩親吉の家臣・鞆之助は主家を出奔してお蕗を助けに走った。お蕗・鞆之助は夫婦の体を装って、この地まで流れてきた。駿河の東海道、身延道が始まる宿場が万沢宿、そこへはたご屋のにべ屋を開いた。にべ屋を開いたころは武田を織田・徳川が撃破したころ、今は大坂の陣がはじまろうとするころ。みごもったまま去ったのち、生まれた子は智吉という名前で、にべ屋の主人なのだ
読了日:07月08日 著者:村木 嵐


青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)感想
再読本。題名にブルーライト・タウンとルビがある。世間では連続殺人事件が起きる。ブルーライト殺人事件と呼ばれる。青壁ユナはブルーライト探偵社の所長。ユナのPCに「たすけて」と主題だけのメールが来る。主題だけで本文はない。大学時代の友達だ。調査に取り掛かる。最初は、生活感がないなぁ、と架空のお話しのように遠かった。段々と、これは探偵小説じゃないか、大正昭和の探偵小説の骨法じゃないか。巻末になって、生活感が書かれていに理由が分かりました。連続殺人の犯行動機が理解できない。松本清張以前の小説です。満足感が湧かない
読了日:07月06日 著者:柴田 よしき


八本目の槍 (新潮文庫)八本目の槍 (新潮文庫)感想
賤ケ岳七本槍、豊臣秀吉が柴田勝家と覇を争った戦場でのこと。秀吉の小姓七人が手柄を立てた。この小説は、賤ケ岳合戦の記述はない。小姓時代の日常、朝鮮出兵、関ケ原のことを描いている。虎之助、助右ヱ門、甚内、助作、孫六、権平、市松。加藤清正、糟屋武則、脇坂安治、片桐且元、加藤嘉明、平野長泰、福島正則。戦場働きはなかったが、佐吉がいる。佐吉、のちの石田三成がこの小説のキーパーソンなのだ。有名な武将は加藤清正、福島正則ぐらい。他はよく知らない武将ばかり、それぞれの成り行きを語る。七篇の短編小説を語るようで、長編小説を
読了日:07月02日 著者:今村 翔吾

読書メーター

 

広島ブログ

2023年8月 1日 (火)

ハイキングや登山の道の目印

自転車で阿賀城山の傍を通って思い出したことなんですがね
阿賀城山ではハングルが印刷してあるビニールテープを見たことがあります
割と幅広のテープでした
台湾でも漢字が印刷してあるビニールテープを見たことがあります
ここのはうんとカラフル・幅広、韓国のテープより幅広です
△△市○○區登山愛好會、××縣自然委員會
へぇぇ、ここは台湾だからみんな旧漢字だ
負けてたまるかと、勢力争いをしているような印象を受けますねぇ
さすがにタイペイ近郊の山では見ることもなく、台中の日月潭などのマイナーな山で見かけました
あれだけ賑やかなテープでは都市近郊では景観汚染を追及されるでしょうね

日本では名前入りのテープに出会った経験はありません
たいがい、森林組合のテープを流用しているのだろうと思います
短期間、某山岳会に入会していました、そこでの経験
下見でテープを括りつけますが、本チャンの日には、末尾の者がテープを回収していました

広島ブログ

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30