無料ブログはココログ

« 童の神 | トップページ | ○○だけに »

2023年8月11日 (金)

てらこや 青義堂 師匠、走る

「てらこや 青義堂 師匠、走る」今村省吾 小学館
坂入十蔵は忍者の家の次男坊だ。忍者を辞して寺子屋の師匠になった。
寺子屋の筆子に、鉄之助、御家人の子、吉太郎、商人の子、源也、大工の子、千歳、加賀藩上士の子、これらがキャラクター。
それぞれ事件が起き、忍者の技で解決していく。
十蔵は妻帯していた。事情があって離縁していた。
四人の子のお供でお伊勢参りに行くことになった。
幕府の忍者ではない野の忍者群がいる。人質の人質として、離縁した妻睦月を人質に取った。
これ以上筋書きを述べるのはやめておきます。
今村省吾、蘊蓄が深い。お話の途中に蘊蓄のあれこれを混ぜ込むと、面白いのなんの。

読書メーター

広島ブログ

« 童の神 | トップページ | ○○だけに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 童の神 | トップページ | ○○だけに »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30