無料ブログはココログ

« アンダードッグス | トップページ | 転職の魔王様 2.0 »

2023年9月 6日 (水)

長島忠義 北近江合戦心得

「長島忠義 北近江合戦心得」井原忠政 小学館文庫
今はやりの書き下ろし時代小説文庫の流れです。シリーズ2巻目。
主人公は元は浅井家にいた。上士・遠藤の嫡男だが、大石与一郎と名乗っている。
羽柴家の足軽になっている。
浅井家の嫡男がさらし首になった。刑場を襲撃して首を奪った。その罪で織田信長に追われている。
そのへんの事情が分かった上で、侍身分ではなく足軽として抱えているのだ。
秀吉は北近江を宰領している。隣国の越前の情勢が怪しい。
与一郎は越前を探るように秀吉に命じられた。
越前の国衆は仲間割れしている。一揆が起き、一揆勢は国衆を追い払った。
加賀の一揆勢に合流した。同じ一向宗だからだ。
信長は伊勢長島の一向宗を鎮圧した。次は越前加賀の鎮圧となる。

読書メーター

広島ブログ

« アンダードッグス | トップページ | 転職の魔王様 2.0 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンダードッグス | トップページ | 転職の魔王様 2.0 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31