無料ブログはココログ

« 君田の道の駅から高暮ダム高野口和をぐるっと(自転車篇) | トップページ | 歩くと腰が痛いが、自転車なら平気 »

2023年10月21日 (土)

動物たちは何をしゃべっているのか?

「動物たちは何をしゃべっているのか?」山極寿一 鈴木俊貴 集英社
山極寿一は京大のゴリラ界の権威。
鈴木俊貴は東大の准教授で新分野を開拓。
ふたりの対談です。
山極はゴリラの会話が分かる。
鈴木はシジュウカラの会話が分かる。
どちらもサバンナのような平原で暮らしているのではない。
ゴリラもシジュウカラも森林草藪のなかで生活しているのだ。
見えるものより、耳での情報が発達して当然だ。
異種の鳥もシジュウカラの声に聴き耳を立てている。
異種の鳥類も近隣種の鳴き声を理解できるのだ。
お話は動物から人類の会話に移って行く。
人類は文字を発明したことで、文字では表現できないものを切り捨ててきたのではないか。
動物は文字にできないものを伝えあっているのではないか。
人類は文字化できないものは把握できないでいる。

読書メーター

広島ブログ

« 君田の道の駅から高暮ダム高野口和をぐるっと(自転車篇) | トップページ | 歩くと腰が痛いが、自転車なら平気 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君田の道の駅から高暮ダム高野口和をぐるっと(自転車篇) | トップページ | 歩くと腰が痛いが、自転車なら平気 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30