無料ブログはココログ

« 唐木田探偵社の物理的対応 | トップページ | 羨ましくネ とは、羨ましいのか、羨ましくないのか »

2023年11月 7日 (火)

宙わたる教室

「宙(そら)わたる教室」伊与原新 文芸春秋
著者は理系の学者の出。定時制高校のことはどこで知ったんだろう。
定時制高校の先生藤竹が科学部を作ろうとする。
最初に岳人が釣れた。次にフィリピンの中年のパブのママアンジェラ、佳純はSFオタク、最後は老齢の長嶺さん、この三人で科学部を始めた。
科学部のテーマは、火星にクレーターがある。隕石が衝突してクレーターが生まれるのだ。
この火星のクレーターを地球で誕生させようとする実験なのだ。
この実験結果を学会発表するのだ。
学会とは、日本地球惑星科学連合大会、その中で高校生セッションで発表するのだ。
結果、大成功。
あとがきにある。それによると、実話を基にフィクションとして書いたのだ。
本屋大賞、直木賞を受賞しないかな、じゅうぶんイケテいると思いますよ。

読書メーター

広島ブログ

« 唐木田探偵社の物理的対応 | トップページ | 羨ましくネ とは、羨ましいのか、羨ましくないのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐木田探偵社の物理的対応 | トップページ | 羨ましくネ とは、羨ましいのか、羨ましくないのか »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31