無料ブログはココログ

« 10月に読んだ本 | トップページ | HPのドメインについてメールが来ました »

2023年11月 2日 (木)

からさんの家 まひろの章

「からさんの家 まひろの章」小路幸也 徳間書店
主人公は神野まひろ、複雑な生い立ちで短くは語れない。18歳。
三原伽羅、ペンネームみはらからでの、文筆家、詩人、画家。72歳。
まひろはからさんの家へ住み込みで、秘書・家政婦の仕事をすることになった。
からさんの自叙伝を、口述筆記し、リライトし、構成者として、ギャラガ支払われる。プロの入口に立ったのだ。
からさんの家の同居者は、裕子、スナックのママ、50歳。ヤマダタロウ、鉄のアーチスト、35歳。柊也、建築の大学生、23歳。
セリフはもちろん会話だが、地の文、ト書き相当部分も思いの丈を出して揺れ動く。
小説の体をなしているが、エッセイでもあり、ストーリーを語ろうとする意識が薄い。
起承転結なんてあったのかしら。最後に転結が一挙に来ます。
時間がゆっくり流れている。これは童話かも。
ここからどんなお話が紡ぎ出されると思いますか。
ちょっと重いお話し。

読書メーター

広島ブログ

« 10月に読んだ本 | トップページ | HPのドメインについてメールが来ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月に読んだ本 | トップページ | HPのドメインについてメールが来ました »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31