無料ブログはココログ

« 野火、奔る | トップページ | 江戸の空、水面の風 みとや・お瑛仕入帳 »

2023年12月13日 (水)

魔女と過ごした七日間

「魔女と過ごした七日間」東野圭吾 角川書店
児童書、もうちょっと年上のヤングアダルト本のような雰囲気があります。
主人公は月沢陸真、中学三年、父克司が殺された。一人ぼっちになった。
成り行きで、施設に行った。
そこはギフテッド、あるいは、エクスチェッドの子供を収容して研究する施設だった。
出会った女の子は陸真の妹だった。
妹の世話をしている研究員は、自分で魔女のようなものだと名乗った。
一方、警察側では、月沢克司殺人事件を追っていた。
克司は警察官だった。
退職後も犯人を捜すのを止めなかった。
ここまでが設定条件です。
これから事件が展開して行きます。
それはここでは語らない。
自分で読んでね。
最後はちゃんと大人の小説です。ヤングアダルト本ではなかった。

読書メーター

広島ブログ

« 野火、奔る | トップページ | 江戸の空、水面の風 みとや・お瑛仕入帳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野火、奔る | トップページ | 江戸の空、水面の風 みとや・お瑛仕入帳 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30