無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月31日 (水)

むずい むずくない

むずかしい⇔むずかしくない
むずい⇔むずくない と短縮するのが流行っています

たくましい
すばらしい
やかましい
そうぞうしい

これらの類語は、むずかしい⇔むずい のように変化はしません
変化するのは、むずかしい だけなのです
他の似た言葉にまで作用が及ばなかった
むずかしい と違って、使用度が低いからでしょうかね

広島ブログ

2024年1月30日 (火)

交渉人・遠野麻衣子 ゼロ

「交渉人・遠野麻衣子 ゼロ」五十嵐貴久 河出書房新社
シリーズの前作に[交渉人・遠野麻衣子][交渉人・遠野麻衣子 籠城]があります。
読んでいません。
これは交渉人・遠野麻衣子が誕生する篇です。
石田警視はキャリアの身で犯人との交渉人を引き受けている。
組織だって行おうと警視庁内部で8人が選抜された。研修が始まる。
任に非ずと一人、さらに二人と退室が命じられた。
石田警視としても、研修を主宰すると同時に捜査の現業もある。
世田谷グループの特殊詐欺が大詰めに差し掛かっている。
特殊詐欺から資産家を狙っての強盗犯に変質しつつある。
常に水揚げを上げないと傘下の受け子などのグループが四散してしまうのだ。
次の犯行は間近い。
研修中の交渉人候補を捜査に投入することにした。
ここから中締めを掴み、親玉に迫ることになる。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月29日 (月)

嘗める 誉める

このふたつ 字がよく似ていると思いませんか
ついうっかり、取り違いしそうになります
[なめる ほめる]
書くときに間違うことはないとしても
うっかり者は、読むときに間違えそう
それは、わたしのこと ^^;

広島ブログ

2024年1月28日 (日)

縄文時代驚異の科学

「縄文時代驚異の科学」斎藤勝祐 C&R研究所
へぇ、そうかい、それはびっくりした、そういうことはありません。
著者は名古屋工業大学名誉教授、有機化学を主に研究してきました。
縄文時代とどこに接点があるんでしょうかね。
出版社と名誉教授との人間関係からの冠なんでしょうね。
各章を分担して執筆したのは、おそらく、大学院の助教研究員クラス、または、各地の教育委員会の学芸員若手クラスなんでしょうね。
本の体裁は、ムック(マガジン+ブック)の小型版となっています。
それぞれの章はまとまっていますが、これは発見だ、大したものなんだ、との肉声は聞こえてきません。
1、縄文時代とは
2、縄文時代の地形変動
3、縄文時代の人的変動
4、縄文時代の衣食
5、縄文時代の住居
6、縄文時代の素材とエネルギー
7、縄文時代の医療
8、縄文時代の人文史
縄文の縄なんですがね--
縄文時代にはまだ稲作は始まっていません。
稲わらで縄をなっていたわけではありません。
カヤとか他の植物で縄をなっていたのでしょうね。
稲わらの縄と他の縄では似ているのか、違うのか、どっち道、縄文土器の痕跡に違いはないのか、どうなんでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

 

2024年1月27日 (土)

はじめから国宝、なんてないのだ。

「はじめから国宝、なんてないのだ。」小林恭三 光文社
副題に、感性をひらいて日本美術を鑑賞する
著者の肩書にデジタル復元師と名乗っている。
芸大を出て、学芸員の資格を取って、美術館で勤めずに、大手出版社に入社しました。
そこからはデジタルの道に進みました。
後に会社を創り、小林美術科学の社長。
古美術が色褪せなどで劣化するのを誕生当時の作品などに復元させている。
もちろん現物を復元させるのではなく、レプリカを作成している。
著者の提唱「当時の色彩を当時の人々と同じような環境で鑑賞する」
明るいライトではなく、ろうそくの光で鑑賞すること。
六曲二双の屏風なら、屏風を立てて身の回りに巡らせて鑑賞する。
これを、国宝をべたべたさわろう、と提唱しています。
もちろん、心得を説いているわけで、現物ではなくレプリカを用いようと言っているわけです。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月26日 (金)

東家の四兄弟

「東家の四兄弟」瀧羽麻子 祥伝社
東はあずまと読みます。
長男朔太郎、九州大学の理系の助手
次男真二郎、父の跡を継いで易者
三男勇三郎、倉庫会社で働いている
四男恭史郎、大学生水商売でアルバイト
父は易の世界ではそこそこの権威、崇拝者は多い。
筆致が淡々としているので、血沸き肉躍る感じではなく、遠くから眺めながら小説を読んでいる感じ。
なんにも事件がないわけじゃないですよ。
三男は上司が交代してストレスが高じて、九州の長男のところに行ったり。
父親が歩道橋の階段から落ちて入院したり。事件はあります。
でも、全般に日常茶飯事じゃん。
平和な一家のくらしが続いていきます。
だしぬけに終わります。唐突な終わり方です。びっくりします。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月25日 (木)

新築・築浅

住まいの例えだけど、不動産業界では
建てて5年程度の家は築浅と言うんだそうです
それなら、逆に築深と言うのがあるかと聞くと、ありません
もう古屋・古家と一括りにされてしまうんだそうです
家にはね、新築と築浅はあるけど、その他はないんだそうです
そりゃぁ、何百年・千年という建物もあるが、それは神社仏閣で人の住まいではない
不動産業界では取り扱わない
古屋・古家はあるにはあるが、不動産業界で取り扱わなきゃ、存在しないも同じだよね

広島ブログ

2024年1月24日 (水)

名探偵外来 泌尿器科医の事件簿

「名探偵外来 泌尿器科医の事件簿」似鳥鶏 光文社
御子柴記念病院のトリオなんですよ。
泌尿器科医鮎川
MSW(Medical Social Worker)忍
看護師長大神
中編4篇なんですが、この三人が活躍します。
泌尿器科医は同窓会でもチンコ医者と軽んじられる。
MSWとは医療資格ではない、病院サポート業務。
師長はヤングの頃、暴走族の総長だった。その片鱗が今でもチラチラする。
[僕の体には呼べない一部がある]ネットで嘘を教える医者。
[膀胱彷徨]教育ママ過ぎて息子にストレスを与える。
[或る崇拝者の最後]チンコが腐る、怖くて途中で読むのを放棄しました。
[予算の都合で死ね]ユウチューバーが病院を襲撃する。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月23日 (火)

YouTube で誘導したいがためのサイト

自分は顔出しせずにアバターに語らせる、そういうチャンネルは、いかがなものか、と思っています
ポキポキアニメというか、手足がポキポキと動くだけのアニメです
そこで、自分の意見を語らせる、世の中こうだ、と切り取りの数々を語らせる
反中、嫌韓サイトによくあることです
エビデンス抜きで語っているので、想像の事象かもしれません、論を進める捏造かもしれません
ムービー・動画があると、傍証になるかと思いますが、絵そらごとだけではねぇ

アニメに語らせるサイトは、本気にしない方がええと思っています

広島ブログ

 

2024年1月22日 (月)

和歌と短歌はどう違うか

昔々、五七五七七の歌は歌うものでした
読み上げて歌うのが当り前で、紙に書くのはその次でした
宮中の歌会始めの儀式を思い浮かべてください

江戸時代に版木の刷り物が出ましたが、黙読せずに読み上げるものでした
明治になって、活版印刷が普及して、大量になり読み切れず、黙読するのが普通になりました
このへんで、歌は読み上げるものから黙読するものに変わりました
そのあたりから、和歌という概念が誕生しました
それでも、明治大正のころは、花鳥風月・好いた/好かれた、こういう世界でした

【風邪薬は/風邪の引き始/めに用法容/量を守って/服用するように】
薬の効能書きの一部です
五七五七七はちょっと崩れていますが、これも歌です、歌だとします
こんな即物的な無味無臭の歌が生まれると、これはもう和歌ではないよね
短歌という括りにしよう、短歌というジャンルが誕生しました

君ねぇ、エビデンスはあるの、文献はどこに?
知ったこっちゃありませんよ、こういう説明で納得できるでしょ、ありそうなことでしょ

広島ブログ

2024年1月21日 (日)

三河雑兵心得 奥州仁義<13>

「三河雑兵心得 奥州仁義<13>」井原忠政 双葉文庫
徳川家直参の植田茂兵衛一代記の13巻目です。
茂兵衛、苦労の末、三千石の領地を得た。
駿府の城から江戸へと茂兵衛も引越しせにゃならん。
秀吉が天下総無事令を発した。
東北の奥で一揆が起きた。
その鎮撫を命じられた。
茂兵衛よ、お前が行ってくれ。
ただし、奥州の国衆に恨みを残すな。ほどほどに戦ってお茶を濁せ。
とてもとても、カタチだけの戦などでき申さぬ。精一杯戦わねばこっちが危ない。
なんとか鎮撫に成功しました。
もうこの先、戦は関ケ原、大阪冬の陣夏の陣しか残っていません。
小牧長久手の戦いから6巻を経ています。
歴史の大通りから離れた裏通り・横町の戦いばかりに参戦しています。
この先どこで道草食いながら進むことやら。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月20日 (土)

忖度 憶測 見込み 決め付け

たぶん、こうだろうな、という推測の数々なんですが
最初の忖度は取り扱いが丁重、段々と取り扱いが粗雑になっていきます
最後の決め付けになると、扱いを間違ったとしても、ゴメンの一言もありません

広島ブログ

2024年1月19日 (金)

国会話法の正体 政界に巣くう怪しいレトリック

「国会話法の正体 政界に巣くう怪しいレトリック」藤井青銅 柏書房
記憶にございません
遺憾である
真摯に受け止める
不徳の致すところ
誤解を招いたとすれば問題だ
批判にはあたらない
仮定の話にはお答えできない
詳細は承知していない
お答えを差し控えさせていただきます
丁寧に説明していきたい
あってはならないこと
列挙するのをもうやめます。
著者の職業は放送作家で、政治関係者ではありません。
フレーズの一つ一つについて食い下がって掘り込んでいます。
政治家秘書・政治評論家なら別の書き方になるのでしょうが
床屋政論の状態にあります。
でも、これだけ政治家のぬけぬけと吐くフレーズに接すると、伝わってくるものはあります。
本気で読めば腹が立ちますが、肩のちからを抜いて読んでいきましょう。
この本は、面白くて読んだわけではありません。
この先、面白くなるだろうと山場を待って読み続けました。山場はありませんでした。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月18日 (木)

すべての神様の十月

「すべての神様の十月」小路幸也 PHP
神様にも二種類あって、表通りの神様と裏通りの神様があるのを知っていますか。
[幸せな死神]
[貧乏神の災難]
[疫病神が微笑む]
[動かない道祖神]
[ひとりの九十九神]
[福の神の幸せ]
短編集です。どの篇も、どこかの人間が神様に出会うお話しです。
助けてもらうお話しです。死神だって貧乏神だって疫病神だって助けてくれます。
なんで、どうして。
それはね、小路幸也が物語を書くから。小路幸也はハッピーエンドのお話ししか書きません。
題名で匂わせているけどね、すべての神様の十月とは神無月のことです。
出雲においては神在月のことです。
どうでしょうねぇ、この短編集に出てくる神々は出雲に招かれるのかしらね。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月17日 (水)

プリンシパル

「プリンシパル」長浦京 新潮社
戦争が終わる頃のこと、ヤクザの水嶽(みたけ)本家の親分、水嶽玄太は亡くなった。
水嶽商事(株)と表の看板は掲げている。
水嶽綾女は女学校教師の身分だが、水嶽商事(株)の会長兼社長を引き受けることになった。
長兄の水嶽鱗太郎がシベリアから復員するまで預かろう。
戦後のヤクザは水嶽商事が席巻した。
GHQとも結んだ。
公設市場=マーケットを作り、競輪・競艇を始めて実権を握った。
長兄の水嶽鱗太郎が復員して、会長兼社長に就任した。
ヘタという声が上がって、鱗太郎が綾女を襲撃し、返り討ちになった。
旗山市太郎(鳩山一郎)と吉野繁実(吉田茂)、両方とも水嶽組と利害で結ばれていたが、綾女は旗山を選んだ。
最後は勧善懲悪です。勧善懲悪とはなぁに。勧善懲悪です。
ヤクザが上場会社を持つとは聞いたことがない。
そう、ヤクザが会社を上場するなどと、荒唐無稽なお話しなんです。
東映ヤクザ映画ではない、別のヤクザのお話しなんです。
プリンシパルとは主役、表紙にはバレーの主役の絵が描いてあります。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月16日 (火)

利き手 利き足

右利き、左利きというのがあります
右ピッチャーはマウンドに立って右手でボールを投げます
その時、左足でマウンドに立ち、右ひざを挙げています
この状態は、手は右利き、足は左利きなんでしょうか
利き足というのは、踏ん張るほうの足なんでしょうか、調子を取るほうの足なんでしょうか

毎晩パジャマに着替えます
ここで思い付いたのはね
その時、左足は床を踏み、右足でパジャマのズボンに足を通す
この状態は、利き足はどっちだ、と疑問が湧いたのです
どっち、ほんまにどっち?

広島ブログ

2024年1月15日 (月)

食べ歩き

食べ物を探して歩く、んでしょうかね
食べながら歩く、んでしょうかね
どっち?

一昔前なら、贅沢な美食を探して歩く、に決まっていました
ただ今現在なら、食べながら歩く、の圧勝でしょうね
祭りの露店での風習を普通の店にも求める
インバウンド客の要求を受け入れたのが間違いです

広島ブログ

 

2024年1月14日 (日)

月夜に溺れる

「月夜に溺れる」長沢樹 光文社
わたしは真下霧生、神奈川県警本部の生安にいる。
離婚二回、それぞれの夫との間に一人づつの子供がいる。どっちの夫も警部。遊佐龍太、伊地知知明。
イケメンに弱いのだ、多情な女なのだ。
登場人物は上手に作り込まれているんですよ。
見取り図・間取り図・地図が登場する。密室ものが好きですねぇ。
松本清張以前以後の、探偵小説から推理小説へ、その動きから逆行していませんか。
警察側のキャラ建ては成功しています。
犯人側のキャラがいまいち迫ってこない。
首題の事件、話しの起こりは援助交際ですよねぇ。
そこから始まって、殺しに至った、そんな具合。
「少しだけ想う、あなたを」殺人事件
「もし君にひとつだけ」殺人事件
「こんど、翔んでみせろ」窃盗事件
「月夜に溺れる」殺人事件 援助交際に関わる事件

読書メーター

広島ブログ

2024年1月13日 (土)

かあさんが夜なべをして手袋編んでくれた

この歌の二番ですがね
かあさんはあさいとつむぐいちにちつむぐ

子どものころは、朝から糸を紡ぐのだ、一日中紡ぐのだと思っていました
そうではないのだ
麻糸を紡ぐのだ
子どもは麻糸を知らない、木綿か蚕の糸しか知らない
大人になって歌詞を見て、そういうことかと分かるのです

広島ブログ

2024年1月12日 (金)

ご破算で願いましては

そろばんの稽古で最初に読み上げる言葉なんですがね
よぉく考えてみると、えらくブッソウな言葉ですよね

ご破算をお願いするぅ、縁起でもない

商家の丁稚のそろばん稽古でも、商業高校の授業でも
これは普通に出てくるフレーズです

商いの稽古の最初から、ご破算を説いているとは、なんともシュールですよねぇ

広島ブログ

2024年1月11日 (木)

互換性の王子

清涼飲料、乳酸菌業界の巨頭の会社は東京ラクト。
東京ラクトを退社した志賀英雄は乳酸菌の会社を興した、シガピオという会社。
息子に成功(なるとし)がいる。
気が付くと別荘の地下室に幽閉されていた。半年後に解放された。
会社に帰ると、異母兄の実行(さねゆき)が、彼に代わって、事業部長のポストに座っていた。
一度は辞めたんだからと、平社員で再雇用され、営業の一員として働くことになった。
奮闘努力の成果で課長職を勝ち取った。
成果を挙げて、部長にまで昇進した。
成功と実行の仲は、心を開いたり閉ざしたり、定かではない。
この後、東京ラクトとの社運を賭けた戦いが始まる。
題名が凄いでしょ、互換性の王子
同じように社長の息子でも、安泰ではないのだ。入れ替えが効くのだ。
commpatible compatibility パソコンの機器やソフトではよく聞く用語ですが、人間界で互換性を云々されるとこれは怖い。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月10日 (水)

長谷川 土方

長谷川 土方 東海林 羽生
はせがわ ひじかた しょうじ はぶ or はにゅう と読みます
どうしてこの漢字にこの読みを当て嵌めたのか訳が分かりません
どう見ても、大和ことばが先で、後から漢字を当て嵌めたものでしょう
当て嵌め方も乱暴です、木に竹を接いだようで、脈絡が繋がりません

税所 五百旗頭 土師
さいしょ いおきべ はじ と読みます
官職・職業が先にあって、それを大和ことばで読んで、姓としたものです
さいしょと聞いて分からなくても、税所のことだと学習して分かってくるのです
五百旗頭だけは、大和ことばから発したのではなく、まず最初は漢字から始まったのでしょう。

広島ブログ

2024年1月 9日 (火)

ダークナンバー

「ダークナンバー」長沢樹 早川書房
題名の意味は、欠番、存在しない数字を指します。
ひったくり事件、放火事件への警察の捜査があります。
分析センターの女性警部が主人公です。
埼玉県警と警視庁に跨って彼女の指摘によって動いて行きます。
一方、東都テレビに上昇志向の強い女性ディレクターがいる。
女性警部と中学の同級生です。
タイアップを申し込みます。
それぞれのネタとヒキを提供し合う。
お互いのデータを照合すると、中国からの密航者が浮かび上がってきます。
それはダークナンバー=黒孩子を意味するのだ。
警察での生き方・過ごし方は警察小説でよく知っているでしょう。
テレビ局での生き方・過ごし方は読んだことがない。こんな風になっているのかい。
事態の展開がよく分からないまま、クライマックスに向かってなだれ込んで行きます。
女子高生もの、心霊ものの路線を捨てて、警察もの、事件ものに専念したほうがベターだと思いますよ。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月 8日 (月)

バンをかける

警察の用語で、不審尋問・職務質問のことなんですがね
どういう成り立ちで、バンをかけると名前が付いたんだろう
それはね
不審者にこんばんはと声をかけるから
冗談でしょ
いや、ほんまらしいよ
へぇ、朝でも、昼でも?
不審者が行動するのは夜が多いからね、こんばんはが多いかな

広島ブログ

 

2024年1月 7日 (日)

悪意 善意

真反対の意味での向かい合わせですよね
それじゃ
[故意]に対応する向かい合わせは
え~と
[無意識]
[○意]というカタチのピッタリはありませんかね
あ、あった、あった
[不意] 斜めの向かい合わせだが、これでもヨイと思います

広島ブログ

2024年1月 6日 (土)

言葉のひっくり返り

赤んぼ、幼児によくあることだけど
言葉の順番がひっくりかえること、いずれ正しく直ってきます

大人になっても直らないものもあります
山茶花、サンザカと読むべきですよね
発音しにくいから、サザンカでええか、これで行こう

数珠、本来はズジュと読むべきですよね
発音しにくいから、ジュズと読もうか、これで行こう、坊さんも納得です

秋葉原、アキハバラかアキバハラかアキバガハラかアキハガバラか、本来ならもっと論争になるはずです
結局、落ち着くところに落ち着きました

広島ブログ

2024年1月 5日 (金)

消失グラデーション

「消失グラデーション」長沢樹 角川書店
探偵小説で密室トリックなんですよ。
屋上から飛び降りた女子高生が消えてしまった。
舞台は男子バスケット部・女子バスケット部。
バスケットの試合や練習に紙幅を割いているが、へぇ、バスケットとはそういうものなのか。
ホームズ役が放送部員なんですよ。
ワトソン役にバスケット部員を従えて神出鬼没する。
ジェンダー問題を問うているわけです。
ネタバレになるから伏せておこうと思ったが、メインテーマがこれなので隠すわけにはいかない。
読み終わって、背負い投げを食らった気分、そういう風に持っていくかい。
すごい未消化のものが残ります。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月 4日 (木)

ナカスイ!海なし県の海洋実習

「ナカスイ!海なし県の海洋実習」村崎なぎこ 祥伝社
前作からのヒロイントリオ、鈴木さくら、芳村小百合、大和かさね、2年生になりました。
転校生がいて、野原麻里乃、埼玉県から転校してきたのだ。
両親はこっちでカフェを開く。一緒に来ざるを得ないのだ。
今回のイベントは、某デパートでの催事売り場での水産品の加工品対決、どこが一番になるか。
実はそれぞれの家庭で家計事情が悪くなってきている。
下宿を中止にしなきゃならなかったり、店を畳んで県外に出て行かねばならなかったり。
売り上げ一位を賭けて、本気でやらなければならないのだ。
鈴木さくら、恋します。
那賀湊海洋高校の関清斗なのだ。
実在の学校名は茨城県立海洋高校、モデルがあって、そこに名前を借りてお話を展開しているのだ。
初恋、一途なのがええなぁ。
今まで一年生二年生でお話を運んできた。
次は当然、三年生でのお話があるでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月 3日 (水)

ナカスイ!海なし県の水産高校

「ナカスイ!海なし県の水産高校」村崎なぎこ 祥伝社
ホントは馬頭高校水産科、これを那珂川水産高校に変更した。
那賀川も実在するし、近隣の高校も実名ででている。
新入生に女子が三人いる、わたし=宇都宮から来た鈴木さくら、平凡な中間くらいの女子です。
東京から来た芳村小百合=存在感の薄い子。
大和かさね=ギャルを目指してアニメばっかり見ている。
かさねの家は民宿で、女子高生二人は下宿、もう一人は下宿先の子。
[ご当地おいしい!甲子園]に出場して、予選を戦い本戦を戦うわけです。
昔話をします。ブログ勃興期にブログから出版物がゾロゾロ誕生しました。
小説、ドキュメント、単なる読み物、などなど。
著者はブロガーから出発しています。
ブログによくある、くすぐり、謎かけ、いじりを多発させています。
初期の頃のブログ読み物から脱却して立派な小説に昇華しています。
腕達者、なにしろ、面白い。

読書メーター

広島ブログ

2024年1月 2日 (火)

違和感 親和感

1、違和感があるなら親和感があるだろう、と話を切り出したけどね
違和感には納得、違和感の逆は存在しない、って跳ね返されました
親和感があるなら、それは単独で存在している、違和感の対ではない
こう論破されてね、あんた、理屈こねすぎ
2、在留中国人のユウチューブがあってね、よく言葉問題がテーマにのぼるんですよ
違和感、これは中国には存在しないのだそうな。存在しないけど、見ればわかる、聞けばわかる
親和感、わかるっちゃわかるけど、遠い理解なんだと、全面的にわかるのではないみたい
以上、日中間の言葉の問題、漢字の問題でした

広島ブログ

2024年1月 1日 (月)

12月に読んだ本

12月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:5603
ナイス数:206

ラストエンペラーラストエンペラー感想
最新の作品に、日本ゲートウェイ、限界国家、ショートセール、がある。どれも社会的、政治的な呼びかけで、小説よりも新書版を読んでいるような気がしてくる。トミタ自動車は方向に行き詰まりかけている。ガソリン車からEVに移行しつつある。次の社長に取締役一番若手を抜擢することにする。ただし、現社長のわたしがこれだけはやってからバトンタッチしたい。トミタ最高級車のエンペラーをガソリン車最高の姿を完成して去って行きたい。イタリアのガリバルディとタイアップすることにした。1台数千万円の高級車を生産しているのだ。超富裕層だけ
読了日:12月30日 著者:楡 周平


クラックアウトクラックアウト感想
三砂瑛太は News Cargo のライター、善玉ではなく、悪玉なのだ。鴻上綾は警視庁の組織犯罪対策部の警部補、誰とも組まず単独で捜査する。池袋は中国のマフィア・シャンウーに蹂躙されて空白地帯になってしまった。空白地帯の前は日本やくざの久和組が仕切っていた。もちろん池袋の復権を目指している。三砂瑛太はシャンウーの顧問辻先弦の手先で、シャンウーの送死人をしている。櫻木凛奈、アイドルから売り出し中、MDMA中毒で自殺した。実は自殺ではない、自殺を装った他殺なのだ。三砂瑛太の仕掛けによるもの。これを発端に、池袋
読了日:12月29日 著者:長沢 樹


明日は結婚式明日は結婚式感想
細井真平と井東春香は結婚します。今日はその前日、これから夜になります、明日は結婚式。細井家の父母、妹ふたり、井東家の父母、弟、同居している母方の祖母。新婦側、新婦も含めて5人。新夫側、新夫も含めて5人。それぞれの一日が語られます。身内ばっかりですもの、その結婚に異議あり、と外部の乱入者が入り込むこともありません。作者は小路幸也ですよ、常に明るく、未来を語る作風の通りに進行して行きます。こんな明るい話ばっかりで何が面白いの。いえいえ、それがね、面白いのですよ。それぞれの身内で、びっくりするようなことも話に出
読了日:12月27日 著者:小路幸也


日本史で読み解く「世襲」の流儀日本史で読み解く「世襲」の流儀感想
副題に、眠れないほど面白い「お家相続」の流儀とあります。いや、そんなことはない、それほど面白くはないです。徳川家康、豊臣秀吉の相続の流儀がまず出てきます。ここは世間一般の評価と同じ。細川忠興、九鬼嘉隆、伊達政宗、中興のわがままで二代目が苦労します。皇室、藤原不比等に絡めとられる皇室、道鏡に狂った孝謙天皇、無茶苦茶わがまま後醍醐天皇。岩崎弥太郎、後継に成功した、それに引き換え、失敗した渋沢栄一、ただし、失敗の挽回には成功。他に、成功例に、毛利元就、北条氏綱、西川家(蚊帳から布団へ)、失敗例に、親鸞、吉田松陰
読了日:12月26日 著者:河合 敦


なぜ、おかしの名前はパピプペポが多いのか? 言語学者、小学生の質問に本気で答えるなぜ、おかしの名前はパピプペポが多いのか? 言語学者、小学生の質問に本気で答える感想
サブタイトルに、[言語学者、小学生の質問に本気で答える]慶応大教授が母校和光小学校の生徒に授業をするのです。もちろん、授業前にレジュメを作り準備をします。授業のあと、気づきをレジュメに書き加えます。それがこの本です。まず、聞きます。にせたぬきじるとにせだぬきじるの違いはな~んだ。子どもはちゃんと意味の違いを見つけ出します。ぱぴぷぺぽについて深掘りをします。なぜ、おかしの名前はパピプペポが多いのか?それがここで解き明かされます。プリキュアとポケモンの名前について深掘りをします。軟らかいように見えて実は硬派な
読了日:12月25日 著者:川原 繁人


この会社、後継者不在につきこの会社、後継者不在につき感想
この本、文芸書ではありません、経済書です。納税協会や青色申告会などの機関誌連載ものがふさわしいものです。角川書店ではなく、経済出版社あたりが出版していれば納得のものです。三章の構成になっていますが、三篇が独立しているものです。中小企業診断士の某が相談に乗るという形の構成です。第1章、会社を長男と次男とどちらに継がせるか、というお話し。第2章、会社を従業員に継がせる、さて、誰に継がせるか、ここでは奇手なし、正常な選抜方法です。第3章、M&Aで会社をドイツに売ってしまった。従業員が新事態に沿って行くお話しです
読了日:12月23日 著者:桂 望実


忍びの副業 下忍びの副業 下感想
くノ一の嫁入りのお話しでかなりのページ数を取る。そっちは余談。鷹狩が催される。その場で人死にが出た。毒で人が死んだのだ。他にも、鉄砲の暴発あり、猪の乱入あり、日頃の御狩場とは様子が違う。ここでご世子にもしやのことがあれば。ちょっとこれ以上語るとネタバレになってしまう。ここまでにします。タイトルの忍びの副業、収入は役勤めからきているののじゃありません。内職の傘張りによるものが大きいのです。忍びの仕事が副業になったらええのになぁ、という願いのお話しなんです。その願いが叶うのやらどうのやら、どうなんでしょう。。
読了日:12月22日 著者:畠中 恵


忍びの副業 上忍びの副業 上感想
甲賀の忍びは鉄砲組の任が中心で、門の警護を受け持っている。幕府の忍びは他に伊賀の忍び。吉宗の代から、お庭番、紀州の忍びが幕府に移った。根来衆もあり、鉄砲が主だが、忍びも業とする。名古屋の徳川家に伊賀の忍びあり。反目している。十代将軍家治の世子に家基公あり西の丸に住まいし、西ノ丸公と呼ばれている。ものの弾みで忍びの腕を披露することになった。忍び、警護の者として召し抱えられた、のかなぁ。本来の番仕のかたわら、サービスでひと働きすることになった。ご世子さま、いずれは征夷大将軍の面前で働くのだ、いずれ良い目が出る
読了日:12月21日 著者:畠中 恵


ラプラスの魔女ラプラスの魔女感想
硫化水素のガスで人が死んだのが3件。家庭内でガス自殺を図って、巻き添えで親兄弟に累を及ぼしたのが1件。300キロも離れた温泉地で火山性の硫化水素ガスで人が死んだのが別々に2件。2作目3作目の軽快な運びに比べて、重い筆致で、次作次々作を知らなければ、途中で読むのを放棄しただろう。ラプラスの魔女というフレーズが出てくるのはどこなんでしょうね。ラプラスというキーワードは452ページ中318ページ目で出てきます。このへんから一挙に畳みかける展開になります。全体のほぼ7割のところまで伏線を張っているわけです。。。。
読了日:12月19日 著者:東野 圭吾


魔力の胎動 (角川文庫)魔力の胎動 (角川文庫)感想
ラプラスの魔女シリーズの2冊目です。三冊目[魔女と過ごした七日間]では羽原円華(うはらまどか)は大学を出て研究機関の研究員で登場する。この本では高校生、どうかすると中学生かもしれない。物語の語り手は若い鍼灸師。ナユタ。5篇の短編から成る。スキージャンプ、風の乱流が問題。野球のナックル、ここも風の乱流。登山の途中、岩棚から落ちた。事故か自殺か。これも風の乱流。ナユタの心の問題の解決。温泉の硫化ガス、これも事故か自殺か。最後の篇にはナユタも円華も登場しない。それなにこの本の表題に採用されている。不思議。。。。
読了日:12月15日 著者:東野 圭吾


江戸の空、水面の風:みとや・お瑛仕入帖 (新潮文庫 か 79-4)江戸の空、水面の風:みとや・お瑛仕入帖 (新潮文庫 か 79-4)感想
みとや・お瑛仕入帳シリーズです。[ご破算で願いましては][五弁の秋花][はしからはしまで]単行本が三冊あります。この[江戸の空、水面の風]は最初から文庫本で出ています。お瑛は、十代初期からお話が始まって、所帯を持ち、息子が五歳になるほどに成長しています。実はわたし、[はしからはしまで]この巻は読んでいない。お瑛は舟を持ち、大川を漕ぐのです。それは知らなかったなぁ。[はしからはしまで]で書いてあったのかしら。六編の短編小説で出来上がっています。世話になった料亭[柚木]が乗っ取られそうになる。それの顛末がお話
読了日:12月14日 著者:梶 よう子


魔女と過ごした七日間魔女と過ごした七日間感想
児童書、ヤングアダルト本のような雰囲気があります。主人公は月沢陸真、中学三年、父克司が殺された。一人ぼっちになった。成り行きで、施設に行った。そこはギフテッド、エクスチェッドの子供を収容して研究する施設だった。出会った女の子は陸真の妹だった。妹の世話をしている研究員は、自分で魔女のようなものだと名乗った。一方、警察側では、月沢克司殺人事件を追っていた。克司は警察官だった。退職後も犯人を捜すのを止めなかった。ここまでが設定条件です。これから事件が展開して行きます。それはここでは語らない。自分で読んでね。。。
読了日:12月13日 著者:東野 圭吾


野火、奔る野火、奔る感想
弥勒シリーズの12冊目。小間物問屋遠野屋の主人清之介、町方同心小暮信次郎、岡っ引き伊佐治。遠野屋の荷を積んだ船が行方不明だ。奉公人おちやがさらわれる。おちやは八代屋の先代の主人の縁者なのだ。どっちの件も大問屋の八代屋が裏で糸を引いているらしい。遠野屋は故郷の嵯波藩で紅花をヒットさせようとしている。八代屋が紅花の商権を奪おうと画策したものだ。筆致が鋭くて緊張を重ねながら読み進んで行く。シリーズには遠野屋清之介が中心になる巻と同心小暮新次郎が中心になる巻があるが同心小暮新次郎のほうが面白いと思う。清之介の過去
読了日:12月12日 著者:あさのあつこ


悪逆悪逆感想
事件がみっつ。箕面で殺人事件=金塊が盗まれたと推察される。被害者はサラ金過払い金返還の詐欺事件の首謀者。此花区で殺人事件=多額の現金と金塊が盗まれたと見える。被害者は仮想通貨詐欺の黒幕。滋賀県甲賀で殺人事件=被害者は新興宗教の宗務総長、多額の現金が盗まれた。違法薬物の元締めであるらしい。倒叙推理小説、三件とも加害者による犯行が仔細に書き込まれる。実行犯の名前はない。それを警察は捜査するんだよね。捜査側、箕面北署の年寄りと本部捜査一課の中堅。ふたりの関係はとしよりが差配する、中堅は本部の威光をカサに着ない。
読了日:12月10日 著者:黒川 博行


深海ロボット、南極へ行く: 極地探査に挑んだ工学者の700日深海ロボット、南極へ行く: 極地探査に挑んだ工学者の700日感想
後藤は本来は深海艇の開発者、縁あって、南極極地研のメンバーと知り合った。潜水ロボットを作ってほしい。南極にも湖沼があるのだ。そこを人間が潜水して調べるのだが、冷たくてツライ、ロボットでやりたい、とのことだ。依頼されてから出航するまでに5ヶ月そこそこ。自分で材料を選定して自分で組み上げるしか方法がない。操縦メンテが必要なので、製作者も南極に同行することなる。昭和基地に行くのではない。きざはし浜が生物チームの主戦場なのだ。そこへ「しらせ」からヘリ輸送される。昭和基地はパスして直行するのだ。ROVで潜水調査する
読了日:12月07日 著者:後藤 慎平


誇張、省略、描き換え…地図は意外とウソつき: 誇張、省略、描き換え…地図には「奇妙な表現」がいっぱい誇張、省略、描き換え…地図は意外とウソつき: 誇張、省略、描き換え…地図には「奇妙な表現」がいっぱい感想
タイトルは暴露的ですが、きわめてまじめな内容で、笑えるところはないです。代りに、わたしのところの地図に関わる笑えるお話を提供しましょうか。○法務局の土地公簿ですが、山林がでたらめです。明治に土地登記してそれ以来変わっていません。山林の区分で位置関係が入れ違っています。道路を付け替えるのに、工事の図面は現実に沿って行い、登記はできません。今さら公図の書き直しはできないからです。○「戸郷山、地図と現地がアンマッチ、諦める」こういうのをHPに上げています。地図には道があるが、現実にはない。橋も崩れ落ちている。。
読了日:12月05日 著者:遠藤 宏之


ジウX (単行本)ジウX (単行本)感想
歌舞伎町セブンと NWO(新世界秩序)との戦い。叙述の目は東警部補だが、彼はアウトサイダー、戦いとは無関係です。若い女が殺されていた。子宮をえぐりだされて、生きたまま放り出されたのだ。若い男女が殺された。その若い女の子も子宮を抉り出されていた。次第に分かってきたこと、ウィグル族への中国の仕業への仕返しらしい。中国がやったのと同じことを日本で演じたのらしい。目的は、日本が中国から離脱するように仕向けること。相互主義を貫くこと。中国がやったことを日本も同量を仕返しすること。戦闘は勝ったが、政治への影響は及んだ
読了日:12月03日 著者:誉田 哲也

読書メーター

広島ブログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31