無料ブログはココログ

« 新築・築浅 | トップページ | はじめから国宝、なんてないのだ。 »

2024年1月26日 (金)

東家の四兄弟

「東家の四兄弟」瀧羽麻子 祥伝社
東はあずまと読みます。
長男朔太郎、九州大学の理系の助手
次男真二郎、父の跡を継いで易者
三男勇三郎、倉庫会社で働いている
四男恭史郎、大学生水商売でアルバイト
父は易の世界ではそこそこの権威、崇拝者は多い。
筆致が淡々としているので、血沸き肉躍る感じではなく、遠くから眺めながら小説を読んでいる感じ。
なんにも事件がないわけじゃないですよ。
三男は上司が交代してストレスが高じて、九州の長男のところに行ったり。
父親が歩道橋の階段から落ちて入院したり。事件はあります。
でも、全般に日常茶飯事じゃん。
平和な一家のくらしが続いていきます。
だしぬけに終わります。唐突な終わり方です。びっくりします。

読書メーター

広島ブログ

« 新築・築浅 | トップページ | はじめから国宝、なんてないのだ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新築・築浅 | トップページ | はじめから国宝、なんてないのだ。 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31