無料ブログはココログ

« かあさんが夜なべをして手袋編んでくれた | トップページ | 食べ歩き »

2024年1月14日 (日)

月夜に溺れる

「月夜に溺れる」長沢樹 光文社
わたしは真下霧生、神奈川県警本部の生安にいる。
離婚二回、それぞれの夫との間に一人づつの子供がいる。どっちの夫も警部。遊佐龍太、伊地知知明。
イケメンに弱いのだ、多情な女なのだ。
登場人物は上手に作り込まれているんですよ。
見取り図・間取り図・地図が登場する。密室ものが好きですねぇ。
松本清張以前以後の、探偵小説から推理小説へ、その動きから逆行していませんか。
警察側のキャラ建ては成功しています。
犯人側のキャラがいまいち迫ってこない。
首題の事件、話しの起こりは援助交際ですよねぇ。
そこから始まって、殺しに至った、そんな具合。
「少しだけ想う、あなたを」殺人事件
「もし君にひとつだけ」殺人事件
「こんど、翔んでみせろ」窃盗事件
「月夜に溺れる」殺人事件 援助交際に関わる事件

読書メーター

広島ブログ

« かあさんが夜なべをして手袋編んでくれた | トップページ | 食べ歩き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かあさんが夜なべをして手袋編んでくれた | トップページ | 食べ歩き »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31