無料ブログはココログ

« 三河雑兵心得 奥州仁義<13> | トップページ | YouTube で誘導したいがためのサイト »

2024年1月22日 (月)

和歌と短歌はどう違うか

昔々、五七五七七の歌は歌うものでした
読み上げて歌うのが当り前で、紙に書くのはその次でした
宮中の歌会始めの儀式を思い浮かべてください

江戸時代に版木の刷り物が出ましたが、黙読せずに読み上げるものでした
明治になって、活版印刷が普及して、大量になり読み切れず、黙読するのが普通になりました
このへんで、歌は読み上げるものから黙読するものに変わりました
そのあたりから、和歌という概念が誕生しました
それでも、明治大正のころは、花鳥風月・好いた/好かれた、こういう世界でした

【風邪薬は/風邪の引き始/めに用法容/量を守って/服用するように】
薬の効能書きの一部です
五七五七七はちょっと崩れていますが、これも歌です、歌だとします
こんな即物的な無味無臭の歌が生まれると、これはもう和歌ではないよね
短歌という括りにしよう、短歌というジャンルが誕生しました

君ねぇ、エビデンスはあるの、文献はどこに?
知ったこっちゃありませんよ、こういう説明で納得できるでしょ、ありそうなことでしょ

広島ブログ

« 三河雑兵心得 奥州仁義<13> | トップページ | YouTube で誘導したいがためのサイト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三河雑兵心得 奥州仁義<13> | トップページ | YouTube で誘導したいがためのサイト »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30