無料ブログはココログ

« 茶殻 籾殻 | トップページ | あなたのご希望の条件は »

2024年2月 8日 (木)

きらんと風月

きらんとは、栗杖亭鬼卵。
風月とは、老中松平定信、今は隠居して、楽翁、風月翁と名乗っている。
その定信、東海道を隠居歩きして、暇に任せて鬼卵に会いに行った。
お話しは鬼卵の若い頃に遡る。
鬼卵は17歳、伊奈文吾と名乗り、河内の代官所の陣屋に勤めている。
文人墨客の仲間入りを目指して狂歌師・栗柯亭木端に入門した。
栗杖亭鬼卵と名前をもらった。
狭山藩でお家騒動があった。
栗一門の門人が斬首された。
鬼卵は憤慨して、失政録と命名して本を刷った。秘密出版なのだ。
三河の吉田に行き、東海道の各地を転々、年取って、今は掛川の町はずれにいる。
文人墨客仲間でも高名になった。
表稼業はたばこやを営んでいる。
そこへ松平定信、風月翁が訪ねたのだ。
自身の評判を訊ねて、鬼卵は遠慮なくくさす。
松平定信と知ってか知らずか、はっきりとものをいう。
そういうお話しなのです。

読書メーター

広島ブログ

« 茶殻 籾殻 | トップページ | あなたのご希望の条件は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茶殻 籾殻 | トップページ | あなたのご希望の条件は »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30