無料ブログはココログ

« またまたブラウザをハイジャックされました | トップページ | 2月に読んだ本 »

2024年2月29日 (木)

夜露がたり

「夜露がたり」砂原浩太朗 新潮社
著者には、武家ものの神山藩シリーズがありますが、全然趣が違います。
短編が8篇、6篇は長屋もの、2篇は商家ものです。
長屋ものはどれも最後は破滅します。貧困から脱出できません。
商家ものの一つは長屋育ち、育ちが尾を引いて最後は破滅すると暗示しています。
商家もののもう一つ、これは希望がある。
長屋育ちで、子ども仲間からは妾の子とからかわれいじめられて育った。
おっかさんが死んでおとっつぁんのところへ引き取られた。
嫁入りの話が成って、むこさんと顔見世の席が設けられた。
二人だけになった時、あんた、妾の子だそうだな。
絶望した。やけになったが、言ってる意味はそうじゃなかった。
どういう意味か。そこは読んでくれなきゃ。

読書メーター

広島ブログ

« またまたブラウザをハイジャックされました | トップページ | 2月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまたブラウザをハイジャックされました | トップページ | 2月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30