無料ブログはココログ

« ○○からのお願い | トップページ | 魔方陣 魔法陣 »

2024年4月11日 (木)

一日署長

「一日署長」大倉崇裕 光文社
ヒロインは五十嵐いずみ、警視庁に入った。
最初の配属先は資料室、上司もいない、同僚もいない、前任者から引き継ぎを受けた。
仕事は段ボールの中の資料をパソコンに入力することだ。
資料を入力していると、異変が起きてきた。
1985年の北両国署の事件、放火殺人事件だった。
シュィィィィンとパソコンが鳴ると、いずみは北両国署の署長室にいた。
署長の姿に成り代わっていた。
いずみは署長の姿で捜査を指揮し、真犯人を挙げた。
シュィィィィン、いずみは元の姿に戻って、資料室の中にいた。変身できる時間は一日限りなのだ。
入力していた資料は消失していた。迷宮事件だったのが解決していたのだ。
このように、時間空間を越えて署長に変身するケースが5篇の短編小説です。
普通、タレントが署長に扮してイベントを行うもんですよね。
そうではなく、一日、いずみがそれぞれの署長に憑依して捜査するお話しです。

読書メーター

広島ブログ

« ○○からのお願い | トップページ | 魔方陣 魔法陣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ○○からのお願い | トップページ | 魔方陣 魔法陣 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31