無料ブログはココログ

« 県警の守護神 警務部監察課訴務係 | トップページ | 時速60キロ »

2024年4月 8日 (月)

呪護

「呪護」今野敏 角川書店
[じゅご]と読みます。
このシリーズの最新作に[脈動]があります。
それを読んで遡って「呪護」にたどり着きました。
玄妙道の池垣亜紀、高校生なのだ。
鬼道衆の鬼龍光一、奥州勢の安倍孝景、お祓い師なのだ。
警官富野もトミ氏といって術を施す家系なのだそうな。
玄妙道と真立川流の術をめぐる戦いです。
東京には平将門、天海僧正の二重の結界が施されている。
真立川流の陰謀で結界が破られそうになっている。
ほら、地震が迫っている。台風が近寄っている。
今野敏、実に楽しそうにお話を展開している。
これは作家のレクリエーションなのだ。
題名からして、いかにもオカルトだなと避けてきましたが、どこがオカルトなもんか。

読書メーター

広島ブログ

« 県警の守護神 警務部監察課訴務係 | トップページ | 時速60キロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県警の守護神 警務部監察課訴務係 | トップページ | 時速60キロ »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31