無料ブログはココログ

« 三原市大和町、残りの南半分(自転車篇) | トップページ | あんまりな名前 »

2024年5月22日 (水)

ゆうびんの父

「ゆうびんの父」門井慶喜 幻冬舎
ご存じ前島密の物語です。
さぞかし湯便事業の立ち上げからとうとうと語る、と思うでしょ。
世に出るのが遅い。
550ページの分厚い本ですが、明治政府に出仕するのが391ページ。
7割ほどのマクラがあって、3割の本編があるのです。
産まれた名前は上野房五郎、武士の家に生まれたが、父親が亡くなって、今は百姓の身分です。
運良くも漢籍を学び、長崎に留学して、オランダ語から英語に転じて語学を身に着けます。
幕末の幕末、御家人の末期養子となって、前島房五郎と名乗る。
のち、前島密と名前を改める。
明治政府に出仕してからは、怒涛の勢いで働き始める。
郵便を基礎から作り上げたのは前島密の功績です。

読書メーター

広島ブログ

« 三原市大和町、残りの南半分(自転車篇) | トップページ | あんまりな名前 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三原市大和町、残りの南半分(自転車篇) | トップページ | あんまりな名前 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30