無料ブログはココログ

« 4月に読んだ本 | トップページ | クスノキの番人 »

2024年5月 2日 (木)

魔女の後悔

「魔女の後悔」大沢在昌 文芸春秋
魔女の笑窪(2006.1)魔女の盟約(2008.1)魔女の封印(2015.12)のシリーズ最新です。
前作は読んでいません、シリーズ初読みです。
表紙カバーの袖に主な登場人物が出ています。
常にこれと引き比べないと、読むのに迷子になる。
京都の庵主さんに命じられて、中学生の女の子を庵主まで連れて行く。
その子が帰りに誘拐された。
庵主に取り戻すよう依頼を受けた。
裏事情があります。
韓国で詐欺事件があり、2兆ウォン=2千億円が絡んでいるのだそうな。
韓国情報局、韓国の軍事会社、日本の外務省、警察が組んずほぐれつのお話しです。
あまり深く考えちゃいけない。するすると読み流すのが最適です。
魔女の後悔、何を後悔したのでしょうね。軽い後悔か深い後悔か、そこは深く考えないこと。

読書メーター

広島ブログ

« 4月に読んだ本 | トップページ | クスノキの番人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月に読んだ本 | トップページ | クスノキの番人 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30