無料ブログはココログ

« 台北アセット | トップページ | ○○にもほどがある »

2024年5月15日 (水)

魔女の笑窪

「魔女の笑窪」大沢在昌 文芸春秋
魔女シリーズの第1作目です。
ヒロインは水原、この巻では下の名前を明かしていない。実は、水原さえ仮の名前かもしれない。
第1章から第10章までの連作短編小説集。
と、思っていました。
読んで行くうち、作者の構想が分かってきます。
これは復讐譚だ。売春の島への仕返しのお話しなのだ。
浪越島は九州の島、そこは娼家の島、そこで娼婦として過ごして、延べ何千人もの客を取る。
脱出したのだ。
水原の現在の職業はコンサルタント、そして投資業、もちろん裏稼業。
筋肉技は使わない。女の技と読みと知恵で世の中を渡っているのだ。
題名の魔女の笑窪に深い意味はない。
第1章のタイトルが魔女の笑窪で、それを本の題名に採用したのだ。

読書メーター

広島ブログ

« 台北アセット | トップページ | ○○にもほどがある »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台北アセット | トップページ | ○○にもほどがある »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30