無料ブログはココログ

« √2の書き方 | トップページ | 持続性 走破性 »

2024年6月 6日 (木)

金春屋ゴメス 因果の刀

「金春屋ゴメス 因果の刀」西條奈加 新潮文庫
2007年のころ、「金春屋ゴメス」「芥子の花 金春屋ゴメス」を読んだことがある。
3巻目が久しぶりに復活した。
ゴメスとは、馬込播磨守寿々、通り名はゴメスです。
長崎奉行だが、女なんですよ。怪力の持ち主で女とは信じられない。
時代は今より百年先、日本国には江戸国が内在していて、徳川幕府が江戸国を仕切っています。
SFでパラレルワールドと思ってもよろしいし、ロマネスクのジャンルと思ってもよろしい。
日本国と江戸国の争いのお話し、違うなぁ、日本国の欲深なやつが江戸国を乗っ取ろうとするお話し、なのかなぁ。
お話しはシッチャカメッチャカな仕立てなので、筋がどうのこうのはどうでもよろしい。
どれだけ歪んだ筋立てで迫るかを楽しんでください。
題名の「因果の刀」小道具のひとつです。そんなに意味深いものじゃありません。
作家のスタートが金春屋ゴメスなので、最初はファンタジー作家だと思い込んでいました。
江戸の長屋もの、お店ものがすっかり身について、ゴメスはちょっと異質だなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« √2の書き方 | トップページ | 持続性 走破性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« √2の書き方 | トップページ | 持続性 走破性 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31