無料ブログはココログ

« 5月に読んだ本 | トップページ | ディスプレイ解像度とA4サイズ »

2024年6月 2日 (日)

魔女の封印

「魔女の封印」大沢在昌 文芸春秋
2016年8月に読んでいました。再読本。
その時は、魔女シリーズの三作目とは知らなかった。
シリーズ全部を読んでいるから、ヒロインの強みが分かります。
今回対決するのは頂上捕食者=頂補、人間の生気を吸うスーパー人類です。
吸えば寿命が延び、吸われたほうは命を失うか、激しいダメージを受ける。
日本にも頂補がいるのが分かってきた。
およそ一億人に一人、頂補が誕生するようだ。
中国から数人の頂補が入国してきた。
中国は頂補たちには住みづらく、日本の方が自由に動けるからだからだそうだ。
日本の官憲の依頼を受けて北原は動く。
果たして勝てるのか。
題名の[封印]の意味不明、週刊文春連載、連載の最初と最後で、意図が変わってきたのかも。

読書メーター

広島ブログ

« 5月に読んだ本 | トップページ | ディスプレイ解像度とA4サイズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月に読んだ本 | トップページ | ディスプレイ解像度とA4サイズ »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31