無料ブログはココログ

2018年6月14日 (木)

台湾では自転車は右側通行

台湾でのサイクリングで思い出したことがあります。
自転車は、日本では左側通行、台湾では右側通行です。
車道を走るときは、危険と隣り合わせなので、右側通行は守ります。
木道などの自転車専用道路を走るとき、完全に気が緩んでいますので
ついつい日本での癖が出て、左側を走ろうとします。
対面する相手自転車が慌てるので、やっと気が付く。
そうか、ここは右側通行なのだ、気を引き締めて、右側に移る。
車道では常に引き締めてはいますが、自転車専用道では油断していちゃいけません。

HPでネタにするつもりでしたが、忘れたまま編集してアップを終えてしまいました。
思い出したので、ここで記事化しておきます。

広島ブログ

2018年6月13日 (水)

台湾でのレンタサイクル

台湾でレンタサイクルを借りました。
あれからだいぶ日も経って、すっかり忘れていましたが、ふと思い出しました。
せっかく思い出したのだから、メモを記事化しておきます。

借りた自転車は、GIANT製のクロスバイク。
ショップ店員は、この自転車は日本の方式とは違うことを最初に告げて、注意してくれます。

1、ブレーキが逆
右を握ると、後輪にブレーキ、左を握ると、前輪にブレーキ。

2、変速機の操作はトリガーシフター(グリップシフターじゃないほう)
右手はペダルのところのギヤを操作し、左手は後輪のところのギヤを操作する。
右左それぞれ二つのレバーがあって、どちらかを押し込んでギヤを操作する。

右手での操作は
人差し指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が大になる、トルクは軽くスピードは遅い。
親指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が小になる、トルクは重くスピードは速い。

左手での操作は
人差し指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が小になる、トルクは重くスピードは速い。
親指のレバーを押し込むと、ギヤの直径が大になる、トルクは軽くスピードは遅い。

戸惑うよなぁ、ブレーキと変速機の操作が日本と逆なんですよ。
とは言っても、日本のやり方が世界標準とは限らない。日本だけの基準なのかもしれない。
GIANTショップの貸自転車なのだもの、そっちが世界標準なのかもしれない。これは大いにありうる。

走り出してしばらく行くと、日本とは逆の方式に慣れてきます。
慣れて、心許して走っていると、日本での癖に戻って、おっとっと、慌てることもあります。

広島ブログ

2018年4月 1日 (日)

自転車チューブの廃品利用

ズボンのベルトがナイロン編物製で、バックルとの摩擦があんまり効かない。
すぐにベルトが緩んでしまう。

なんとかならんもんじゃろか。

自転車のチューブを使いました。
どうせパンクしたチューブが沢山あるからね。
ロードバイクの小径チューブ、細径のものがよろしい。

バックルの幅で切り取って、ベルトに嵌める。
これで、バックルとベルトの摩擦が効きます。

ふん、と腹を膨らませてみる。
以前は、ズルズルとベルトが緩んでいました、今度は、ちゃんと受け止めてくれる。

ホームセンターで買った安物のベルトで
安物はやっぱり安物だな
いいえ、手を加えれば、安物が上等に変身します。

広島ブログ

2018年3月 1日 (木)

自転車のブレーキが効かなくて

どうもブレーキの利きが悪いな。
自転車屋に持ち込むと、ブレーキのケーブルが伸びとりますね、とのこと。

一晩置いておいて、翌日出来上がって
\7,850
ブレーキのケーブルを換えて、ハンドルのテープを巻き替えてある。
かなりの部分が工賃なんだろうな。

ハンドルの中央に補助ブレーキレバーがあったんですよ。
これが取り去られていた。

ハンドルが湾曲した曲がりのところに、本来のブレーキレバーがあるんだが
指がレバーまで届きにくいので、そっちのブレーキレバーはあまり使うことはなかった。
これまでずっと中央の補助ブレーキレバーを使っていました。

翌日、自転車屋に持ち込んで、ブレーキのレバーに指がたわん(届かん)のじゃがね。
もうはぁ、いっぱいいっぱいに調整しとるんですよ。これ以上狭めることはできんけぇね。

ハンドルのどこを持っとってんの。
そりゃあ、いけん、そこじゃ遠すぎる、いたしい(難しい)はずじゃ。
もうちっと近いところを握りんさい。前に突き出しとる角(つの)んところをつかんだら、みやすい(簡単)けぇ。
そうそう、そこ、そこなら指がたう(届く)でしょうが。
なるほど、そういうことか、よぅわかった、ありがとう。

広島ブログ

2018年1月26日 (金)

ルートラボなどでは、標高を編集していますか

瀬戸内海を橋で渡ると、地図上では、海抜ゼロメートル、海面を進んでいるように表現されていて、これでは溺れてしまう。

海を渡る橋ですが、地図の上では、海面を標高にしています。橋の標高を採用してはいません。
陸上でも、ダムの堰堤、深い谷に架かる橋も同様です。堰堤の底、谷底の標高を示しています。
このままでは、自転車走行コースを断面図で表現するときに、奇妙なことにになります。
走行距離100キロ前後なら、違いが目立つことはありません。
長距離サイクリングでは、横軸が長いので縦軸の違いなど、気にする必要はありません。
走行距離30キロや40キロ程度なら、明らかに違いが目立ちます。変なのです。

こんな場合、カシミールなら、標高、緯度、経度を書き換えて編集するのは簡単です。やってます。
ルートラボなどは、書き換えが可能なのでしょうか。

つまらん、何の話をしているのか、全然わからん!

ごめんね、これは自転車乗りに向けて語りかけています。
とりわけ、自転車コースを地図に載せて公開している人向けに語りかけています。

広島ブログ

2018年1月14日 (日)

香港では輪行袋などの文化はない、ほんまかいな

自転車事情を各国ごとに見ていて、香港では輪行バッグなどの文化はない、というフレーズに遭遇しました。
ほんまかいな、お話しを盛り上げているのじゃないのかい。検索してみると

[[香港] 沙田から大埔、大美督へと続くサイクリングロードを行く]
http://www.yamaiko.com/touring/area/hongkong/20111030.html
[香港の自転車の運搬ルール]
https://blogs.yahoo.co.jp/mopd0723/40046800.html

前者が、2011年10月30日、後者が 、2014/2/17(月)
最新事情じゃないところが気がかりです。
制度が変わりました、となっていたら、目も当てられない。一国二制度が反故にされましたものね。
九龍でも、香港セントラルでも、MTR(地下鉄)の中心部はやたら混んでいます。
地下を走るところは混んでいて、地上に出るあたりから車内が空いてくる、そんな状況ですかね。
ほんまに自転車を持ち込めるのだろうか。わたし、無理に持ち込む度胸はありません。

ちょっとリスクが高いなぁ。レンタサイクルはあるかしら。

[[沙田] 香港でレンタサイクルを借りて海沿いサイクリング]
http://maniac-hongkong.com/spot/taiwai-cycling.php
[香港郊外半日サイクリング まさかのまさかで。。。]
https://4travel.jp/travelogue/10864102
[香港最高のサイクリングコース!]
http://www.owlhongkong.com/630
[特集--レンタサイクルで遊ぼう!]
http://www.hkpost.com.hk/history/index2.php?id=1967#.WliWLzdpGUk

どうやら、大圍、沙田、大葡、大埔など、MTR(地下鉄)の駅、から船灣淡水湖、ここがお薦めらしい。

香港では輪行袋は使わず自転車剥き出しでもOK、かもしれないが、現実的とは思えない。
自分の自転車を持って行かずに、レンタサイクルで、こんなコースがあるそうな、という情報です。

広島ブログ

2017年11月20日 (月)

中国のシェア自転車

中国ではシェア自転車が大流行していますが
日本で導入できるか、それは無理でしょう

シェア自転車とは何か
第一の定義、スマホで決済する貸自転車のことです
コインを使わず、ネット決済することを誇っていますが
偽造紙幣、損傷したコインがはびこっている中国のことですもの、誇る対象が違っているような
コインが当てにならないから、ネット決済が歓迎されたのでしょう

第二の定義、自由にピックアップ出来て、自由にどこにでも乗り捨て出来るシステム
日本では、現在でも放置自転車が大問題になっています
公道を私企業が占有するのは、中国ではOKでも、日本では許されません
シェア自転車業者が駐輪できるスペースをどこかに借りて営業する、これでは採算割れです
そもそも、大都市にそんな空閑地は存在しません

こんな優れたシステムを何故日本は取り入れないのかと、中国では声高に言い立てていますが
商慣習、法律が違うのですもの、そこは国情が違うのですよ、常識が違うのです

広島ブログ

2017年11月 4日 (土)

自転車のチェーンが外れるわけ

自転車の変速を変える時、ガチャっとチェーンが外れることがあります。
前の歯車ーーーーー後の歯車
アウト(外側)ーーーアウト(外側)、下り、平坦な道で使う
イン(内側)ーーーーイン(内側)、登り道で使う

さて、そこで、どんな場合にチェーンが外れ易いか
前の歯車ーーーーー後の歯車
イン(内側)ーーーーアウト(外側)
この場合に外れ易いと思います
チェーンが斜め掛けになっています

いざ、登り坂になるぞ、という時
まず、後の歯車をイン(内側)に持って行く
次に、前の歯車をイン(内側)に持って行く
こうすれば、チェーンが外れるのを避けられると思います

後の歯車がアウト(外側)にあるのに、無理に前の歯車をイン(内側)に持って行くと
ガチャンとチェーンが外れてしまう、のではないでしょうか
たぶん、順番が違っているのだろう、と思います

何度もチェーンを外して、こうしたからこうなったと経験的に推論しました

異論のある人は、そんな奴おれへんやろ、大木こだま風にケチつけていただいて
んなこと言われたらアンタ、往生しまっせ、わたしはこのように返します
ま、こんなこと、あるかも、ないかも、適当に受け流してください

広島ブログ

2017年11月 1日 (水)

サイコンの間違い

自転車にサイコンというのがあります。
サイクルコンピュータ、なんとも名前が大袈裟すぎです。
ストップウォッチと車輪の回転数のカウンターで
距離、時間、時速を表示するものです。

ある日、サイコンの表示が怪しい数値を示しました。
その次の日、やっぱり怪しかったので、電池が切れかけかと疑いました。
さらにその次の日、絶対おかしい、よぅく観察しました。

パンクすると車輪を外して、修理後、装着します。
その時、車輪の向きを逆に装着していたのだとわかりました。
スポークに磁石を付けて、磁力線を感知することで車輪の回転数をカウントします。
本来、右側にあるべきなのが、左側に付いています。

今まではこのような間違いはしなかったのに、慣れると、凡ミスはやってしまうもんですね。

広島ブログ

2017年10月16日 (月)

自転車のたけのこばね

自転車の車輪の軸にクイックレバーがあります。
車軸を締めたり緩めたりのレバーです。
そのクイックレバーの両端にばねがあります。
頭が狭く尻が広く、タケノコのような形のばねです。
どうかすると、外しているうちに、このばね、紛失してしまうことがちょいちょいあります。
自転車屋に買いに行きましたが、これだけ単独では売っていません。
ホームセンターで探しましたが、ねじ釘売場に売っていませんでした。

どうするか。
1、たけのこばねが欲しいので、クイックレバーをセットで一組買う。
2、もう使っていない2台目、3台目の自転車が他にあれば、そこから、たけのこばねを外して使う。
これらはいまいちだなぁ、下の方法が一番賢いでしょう
3、輪行時に使うクイックレバーにばねがなくても差し支えない、走行時には、ばねがなくては危険です。ばねを移す。

たけのこばねとは、わたしの仮の呼び名、モノタロウでは円錐ばねと呼ばれています。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30