無料ブログはココログ

2020年5月28日 (木)

ダンシングはもう出来なくなった

ダンシングとは、立ち漕ぎのことなんですがね
自転車で登り坂の最後で、あらよーっ、と立ち上がって踏み込むことなんですよ
それが出来なくなりました
いえ、正しくは、その気が起きなくなりました

立ち漕ぎしても腰が砕ける、というわけじゃないがね
膝が笑って立ち上がれない、なんちゃってそれは違う

10年前は、ダンシングでぐいぐい勢いをつけていました
やはり後期高齢者、以前のようにはできないね、と凹んでいます

凹む必要はないのかもしれない
サドルに座ったままでも漕ぎ続けていける
降りて押して行くわけじゃないもの
それでじゅうぶんじゃないのかい
ダンシングはもう求めなくてもええのじゃないかね
あれは若者に譲っておこうよ

通学の中学生に坂道でレースを挑まれて、ダンシングで応じる? 大人げない
ここは若者に花を持たせてやろうよ

広島ブログ

2020年5月25日 (月)

サイコンの電池が切れました

自転車のサイコンの液晶表示が薄くなり、読み取れなくなりました
電池を入れ替えなきゃならないな、調べてみると、これで3回目
買ったのは2010年6月
前に入れ替えたのは2017年2月のことでした
10年間で3回だから、3年ちょっとで電池が消耗する、ということなのかな

もう製造中止の型番なので、使用説明書をダウンロードするのにてこずる
ボタン電池の型番が CR2032 このボタン電池、他にはどんな電化製品で使うんでしょうね
タイヤ径に合わせてタイヤ外周値を表から引き出し、その値をセット

ちゃんとセットされたかどうかテスト走行
家から片道5キロ、往復10キロ、サイコンの走行距離は9960m
10キロで40メートルの誤差なら、OK、OK

広島ブログ

2020年5月22日 (金)

ダムの頭と尻はどっちだ

自転車でたびたびダムの傍を通ります
ダムの頭と尻はどっちなんでしょうね

流れを下流から見ると、上流の川の部分が口で、堰堤から流れ出すほうが排泄の尻になる、のかな

待て待て
龍が上流から流れてきたとしましょう、龍とは流れの象徴なんですよ
堰堤から流れ出るときには頭から出ている、龍の体はうんと長いので、上流の川は尻に相当する
ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」でハクという白龍がいます
琥珀川の神様で、ニギハヤミコハクヌシという名前なんですね
そんな龍を思い浮かべてみてちょうだい

わたし、HPの表現では、ダム尻は上流だと書いております
上流の流れがダムの湖面に流入するあたりがダム尻としか思えない
ダムが満水になったり、干からびてカラカラになったり、こんな時にダム尻が移動します

ダムの描写をあちこちで探していますが、そもそも、ダムの頭と尻はどっちかなど問題にするヤツはいない
検索してみて、ダムの頭と尻について考えたのは、わたしひとりでした
世間の大勢は、どっちでもええよ、ということのようです

広島ブログ

2020年5月21日 (木)

あれは峠と呼んでええのでしょうか

自転車で峠を越えることはよくあることです
峠とは、イメージ的に言えば、こっち斜面は山の中で、向こう斜面も山の中で、頂上や尾根を越えるものですよね

こっち斜面がたんぼで、向こう斜面もたんぼで、たんぼが繋がっている地形は何というのでしょうね
さらに、たんぼだけじゃなく農家も点々と連続していたら、峠の風景とは別物ですよね

自転車でこういうところを越えるとき、どう表現するか悩むんですよ
峠と呼ぶには風景が違う
べったりと平凡なたんぼになっているのだが、これは何だろう
単なる明るい農村なので、どう呼べばええのか掴みかねています

県境で、広島県庄原市東城から岡山県新見市の哲西に行くのに、たんぼが続いてシームレスなんですよ、高原状なんです
市境で、山を越えながら、たんぼが途切れることなく続いているのはなんぼでもあります
広義では峠かもしれませんが、これは峠ではないぞ、と納得しかねるものがあります

広島ブログ

2020年5月19日 (火)

サイコンの表示が怪しい

サイクルコンピューターが示す距離なんですがね
家から自転車を走らせての距離は、ここで5キロ、ここで10キロと、ほぼ決まった目印があります
ここんとこ、どうも距離の表示が短い
あれ、少ない、と気が付いたのが先週、昨日はさらに少なく示している

最初は、ボタン電池の消耗を疑いました
車輪の回転をカウントする役目の、磁石とセンサーも疑ってみよう

横向きになっている磁石を、センサーと正対するように向きを変えると
翌日から、正しい距離を示すようになりました
なんだ、そういうこと

広島ブログ

2020年5月18日 (月)

間違いない、取説に書いてあること

1、タイヤレバー
書いてあること:タイヤレバーは嵌めるときには使用不可

2、パンク修理のゴム糊、ゴムパッチ
書いてあること:貼り付けたあと、充分に接着させるため、木槌などで軽く叩いてください

そうだ、そうだ、そりゃそうだ、取扱説明書に書いてあることに言葉を添えると

タイヤレバーは外す道具、嵌める道具ではない
嵌めるためには《タイヤセットペンチ、タイヤインストーラー》などの工具がある

ゴム糊、ゴムパッチ、不充分な接着だと、隙間を押し広げて、高圧空気が漏れ出してしまう
木槌を使って叩くことが最善、ゴム糊を隅々まで行き渡らせるため

よぅく読み返してみると、赤字で、太字で、間違いないことが書いてあります
叩きすぎると破れます、太字で書いてあります、(そんなやつおらんやろ)
当たり前のことが書いてある、そりゃそうだとも、読み直してみましょうよ、ツッコミ入れながらね

広島ブログ

2020年5月13日 (水)

パンクの穴を探す時

自転車のパンクを探す時、チューブをバケツの水に漬けて空気穴を探します
気泡がブクブクと立ち上がるので、見つけるのは簡単、ここまでは簡単だが
空気穴に目印を付けるのが容易じゃないです

マスキングテープで目印を付けたこともあります
これは効果なし、ピンポイントが定まらない

マジックインクで目印をーーー
手持ちが赤か黒しかないので、それでやってみました
黒いチューブに黒か赤のマークを付けても、埋没して、判別できません

白い油性のマジックインクがあります
これなら効果あり、位置決めできます
チューブが水で濡れていても問題なし

白くマークしたところを、紙やすりで傷だらけにしてしまいます、さらに
どうせゴムパッチを貼って隠すのだから、マークが残ったとしても問題はない

これまでは、チューブに唇を寄せて、穴から風が吹き出す位置を探っていました
穴の位置を、このへんだろうな、と探り探り位置決めしていました
こんなことはもうしなくてもええのだ

ということで、パンク修理の作業性が抜群に上がりました

広島ブログ

2020年5月 7日 (木)

今になって、自転車のポンプの使い方が分かった

2016年の8月に、クロスバイクからロードバイクに買い替えました
同時に、フランス式の自転車ポンプも買いました
説明書なし、店主の説明なし、使えばわかるというあしらいでした
そのまま、適当な使い方で今までやってきました

ポンプを押しているうち、スッポン、車輪のバルブからポンプのホースの口金が吐き出されてしまう
改めてやり直して、再びスッポンと吐き出されたり、今度はうまく行ったり、マチマチです

明らかに使い方が間違っているのだ
どうまちがっているのか、そこがわからない

一般的な自転車ポンプの解説では、バルブとポンプの接続には、テコで締め付ける説明になっています
わたしが使っているポンプは、Birzman Snap-IT メイドイン台湾、これには口金にテコはありません
テコの代わりに、金属管が二層になって、外側がスライドするようになっています、これがテコの役目かな

使用説明書を求めて、YouTube に行き当りました
台湾の言葉で語っているが、言葉は必要ない、見ればわかる
ははぁん、そういうことか、長年のもやもやが解消しました

もうダイジョウブ、きっちりと求める空気圧まで押して行けます
スッポンと拒否されることはありません

広島ブログ

2020年5月 4日 (月)

嵌めにくい自転車のタイヤを嵌める工具

タイヤが自転車の車輪に嵌まらない時、手助けになる工具です
《bikehand のタイヤセットペンチ》、《grunge(グランジ) タイヤインストール》、どっちもメイドイン台湾
両者、そっくりです、商品の名前が違うだけ
わたし、買ったのは 《bikehand のタイヤセットペンチ》のほうでした

タイヤによってはビード(タイヤの縁)が固くて、どうしてもリムに嵌まらないものもあります
そんな時、この工具を使います
ハサミのような形状です
車輪のリムに片方のY字の先端をかけて支点にして
タイヤを挟んで、L字の先端をタイヤのビードに引っ掛ける
ぐいと引っ張ればタイヤのビードは車輪のリムに嵌まる

なんとか無理やりに嵌めるんだが、副作用もあります
チューブも挟み込んでしまう場合がある、即、パンクします
ポンプで空気を送り込んでも、さっぱり空気圧が上がらない

タイヤがチューブを噛まないために
工具を使う前にチューブに空気を入れておくのをテストしています
どの程度膨らませておけばタイヤに噛まないか、そこを調べています
テストする度に、チューブに穴が開きます
この買い物は失敗だな

出かけた路上でパンクした場合、タイヤが固いと、上手にチューブ交換できるかどうか、全然自信がありません
そもそも、ビードが固いタイヤが存在するのが問題なような気がします
そんなタイヤは使わなければええのだ
間違ったタイヤを買ってしまったと諦めよう、当たり外れの外れのほうだと諦めよう

丸い大きな輪の状態で売られているタイヤには、ビードの固いタイヤがあるように思います
四つに畳んで売られているタイヤには、ビードの固いタイヤがあったことがない

なんぼ四つ折りのタイヤでも、固くて手が痛くてなかなか嵌まらない場合があります、必死に指で押し込みます
そんな時に備えて、ザックに入れておくとします

広島ブログ

2020年4月26日 (日)

自転車のこれからの予定を変えました

HPのトップページに自転車の予定を掲げています
-----
太田川中流域
旧甲奴郡大回り
宮島海岸
可愛川源流
帝釈峡
-----
今までは、このように公表していましたが
中には、一年以上も前から予告したまま、《行く行く詐欺》状態になっています
-----
ピオーネ団地東回り
ピオーネ団地西回り
可愛川江の川西城川馬洗川
三次庄原間自転車最適の道
江の川太田川沼田川水源地
-----
今までのは全部キャンセルして、このように変更しました

骨折で入院して、病院のベッドで睡眠誘導材として、うつらうつらと
図上演習ならぬ頭上演習で選り抜いて
遠くを目指さず、近場のコースを攻めよう、と選定しました

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30