無料ブログはココログ

2018年12月 4日 (火)

ChromeとFirefoxはFTPのサポートを終了する予定

Gigazine で見たニュースです。これは大変だ、一大事。

待て、待て、よぅく考えてみると、わたしには関係ない。
FTPのやり取りでは、ブラウザを介することはありません。
FTPとは、サーバーとクライアントのわたしとの間でHP原稿などを送ったり取り消したりすることです。
一対一で、極めて密着したデータ交換で、ブラウザで公開しながら行うものじゃありません。

ブログのコメントなどはどうなの。
あれもFTPのプロトコルとは関係ない動作です。

ブラウザ上でFTP転送するとはどんなワークなんでしょうね、想像できません。
サポート終了で困る人は極めて少数でしょうね。
アプリで代替できるということで、それなら終了してもダイジョウブだ。

広島ブログ

2018年11月19日 (月)

外付けHDD

何の気なしに外付けHDDを持ち上げてみました。
振動しています。
そうか、中でディスクが回転しているのか。
置いたままで背中に触れてみると、振動が伝わってこない。
触ってみるのはやったことがあるが
持ち上げてみるのはこれが始めてだ。
休むことなく回転しているのだもの、よくまぁ壊れずにいるもんだよね。

広島ブログ

2018年9月26日 (水)

ネットでの、なかなか開かない問題を可視化

ネットでページがなかなか開かない、あきらめて、前ページへ戻ろうとしても出来ない。
それはね
ひとつのページに余りにも多くの写真を載せている、しかもー
その写真は他ページのリンクで呼び出そうとしているー
通信トラフィックが錯綜しているのです。
こんな場合は、もつれてしまっているので、ページを切って脱出するしかしょうがありません。

最初の呼び出しが優先するから、あとの命令は届かないのでしょう。
挙句の果て、順番が混乱して、ハングアップしてしまうのでしょう。

どこに問題あるのか、可視化して見定める方法があります。
クローム、ファイアフォックス、このブラウザなら、今何を待っているか左下に見えています。
マイクロソフトエッジ、ここでは、今何を待っているか、表示がありません。
エッジではないブラウザで見ると、違いがわかります。

クローム、ファイアフォックスの場合、左下に注目ー
ファイルを呼び出しているときは、何もしないで待ちましょう。
左下が空白になったら、次のページに進むなり、前のページに戻るなり、そこで指図します。
こうすれば、ハングアップすることが緩和されます。

ハングアップして困りもののサイトはー
Searchina、Recod China、各社ニュース などなどー
公告が多くて、写真が他のページからリンク参照されている、そのせいでしょうね。

広島ブログ

2018年9月21日 (金)

550ドル脅迫するメールが来ました

こんなメールが来ました。効果があるんですかね。
-----
こんにちは、****.ne.jpの親愛なるユーザー。
あなたのデバイスに1つのRATソフトウェアをインストールしました。
この瞬間、あなたのメールアカウントはハッキングされています(今、私はあなたのアカウントにアクセスできます)。
あなたのシステムからすべての機密情報をダウンロードしました。私はいくつかの証拠を得ました。
私が発見した最も興味深い瞬間は、あなたのマスターベーションのビデオ記録です。

私はポルノサイトに自分のウイルスを投稿し、それをあなたのオペレーティングシステムにインストールしました。
ポルノビデオの再生ボタンをクリックすると、その瞬間に私のトロイの木馬があなたのデバイスにダウンロードされました。
インストール後、フロントカメラは自慰行為のたびにビデオを撮影します。さらに、ソフトウェアは選択したビデオと同期します。

今のところ、ソフトウェアはソーシャルネットワークと電子メールアドレスからすべての連絡先情報を収集しています。
収集したすべてのデータを消去する必要がある場合は、BTC(暗号化通貨)で550ドルを送ってください。
これは私のBitcoinウォレットです: 19rq65nR7FqvEgeq3r8YmHGupsUvnD3pmD
この手紙を読み終えてから48時間経っています。

あなたの取引後、私はあなたのすべてのデータを消去します。
さもなければ、私はあなたのいたずらを伴うビデオをあなたのすべての同僚や友人に送ります!

そして今後はもっと注意してください!
唯一の安全なサイトにアクセスしてください!
さようなら!
-----
メールアドレスは伏字にしています。
こんな脅しに屈する人がいるのでしょうかね。
全然、現実感のない脅迫です。
メールの発信者はビットコインに詳しいようですが、わたしはビットコインには興味もありません。
たとえ脅しの内容に思い当たりがあるとしても、ビットコインの取り扱い手順を知りません。

このメールの発信者は日本人じゃありませんね。
このような表現はいかにも翻訳調です。
翻訳ソフトを使ったものでしょうね。
日本人だとしたら、愉快犯でしょう。本気で金を取る気が感じられません。

どこでわたしのメールアドレスを知ったんだろ。
メールアドレスはネットでは発表してはいません。
対面して、名乗り合うときだけ、名刺を交換しています。
唯一考えられるのは、台湾・香港でのホテル、そこにはメールアドレスを提示しています。
次の候補は、LCCの航空会社に座席の問い合わせしたとき、その後、変な売り込みメールが頻発したことがあったよなぁ。
従業員がやめたら、顧客リストを持ち出すのはあり得ることです。
漏れるとしたら、そんなところしか思い付きません。

広島ブログ

2018年9月18日 (火)

禿羊さんのページが見られない

地図に自転車の軌跡を描くルートラボについて調べるため、図書館のPCを見に行きました。
囲炉裏メンバーでルートラボをHPに公開しているのは禿羊さんのページだけ、ですよね。
(他の人のルートラボは身内だけで、広く公開しているものじゃないですよね)
禿羊さんのページを検索して呼び出しましたが、トップページから各ページ、規制されて見ることができません。
えぇぇ、危険と判定されたのか、公序良俗に反するのか、国家転覆を図っているのか。

訳わからないぞ。
翌日、もう一回図書館に行って見てみました。
ええと、こんなアナウンスです。
----
InterScan WebManager
このウェブサイトは現在管理者によって規制されています。
規制理由(カテゴリー)
プロバイダー・ポータルホスティング>ホスティング
ISP and Potals>Web Hosting
----
InterScan WebManager(トレンドマイクロ)によって、URLフィルターリストに引っ掛かっているようです。
三次市図書館のフィルターリストの範囲はわかりませんが、図書館は規制すべきと判断したようです。

図書館の規制についてですが、わたしのページでも、グーグルマップが規制に引っ掛かります。
禿羊さんのと同じ文言に続いて
----
規制理由(カテゴリー)
ITサービス>ストレージサービス
----
グーグルマップはOKだが、グーグルマップに軌跡を描いたものはNG、なのだろうと思います。
オリジナルは大丈夫だが、加工品は汚染されているかもしれない。信用していないよねぇ。
お代官さま、ほとんど無理難題でごぜぇます。

個人利用、インターネットカフェなどでは自由・無制限だが、公共施設では制限する、そういうものなんでしょうね。
まずは第一報です。禿羊さんのページを見ることができない公共施設があるという報告です。

禿羊さん
一度、ご近所の図書館に行って、自分のページを検索してみてはいかがでしょう。
文部科学省か図書館協会のガイドラインに従っているはずで、たぶん、取扱いは全国一律だろうと思います。
でもまぁ、図書館や公民館など、そこで制限を受けるとは、不本意でしょうが、大勢に影響はありませんものね。

広島ブログ

2018年8月20日 (月)

Windows の更新状態が失敗続き

時折り調べては、ガッカリしていることがあります
-------
左下のウィンドウズマークを右クリック
設定
更新とセキュリティ
Windows Update 更新状態
-------
更新プログラムのインストール履歴を表示
ここをクリックしてみると、[インストールが失敗しました]
このオンパレードです、ズラズラズラズラ
この状況は今年の春からずっと続いています

次の大更新プログラムの公開を待つことにします
ひょっとして、前の段階をクリアしなければ、次に進めないのかしら
そこは思いやりを持って、前の更新もカバーするプログラムを考えてちょうだいよ

広島ブログ

2018年5月16日 (水)

どのブラウザで見ていますか

ネットでウェブページを見るのに、どのブラウザで見ていますか。

わたし、大概は、Mozilla  FireFox で見ています。
なぜ Mozilla  FireFox を選ぶのか。
それはね、ブックマークを選ぶのに、プルダウンメニューがあるから。
あるページを見ていて、プルダウンメニューから他のページへチェンジできるから。

Microsoft Edge にもプルダウンメニューはあるよね。
Google Chrome では、←(帰る)で、何度も←(帰る)操作をしなきゃなりません。これが面倒。

ただし、Mozilla  FireFox には重大なウィークポイントがあります。
A、フラッシュが動かない。
B、cgi を使うページで開くのが遅い。異様に遅い。
巡回しているうちに、そのテのページは判ってくるもんです。
そんなページでは、最初から Microsoft Edge、Google Chrome で開けばええ。

基本は Mozilla  FireFox 時々 Microsoft Edge、Google Chrome でやっています。
しかし、上で述べた、A、B、での不満が強いので、Mozilla  FireFox を使うのはやめようかと思っています。
Google Chrome でブックマークを選ぶのにプルダウンの仕組みにしてくれたらそっちに移るのに。

広島ブログ

2018年3月29日 (木)

メールアドレスは何故知られてしまうのか

ホームページでも、SNSでも、メールアドレスは明かしていません
それなのに、どうしてわたしのメールアドレスを探し当ててメールを寄こすのでしょうかね

各種ソフトの登録にはメールアドレスが必要です
そこからメールアドレスが漏出したのか、それは考えにくいことです

独自ドメインを獲得したが、そこではメールアドレスは公開しています
sherpaland.net このドメイン名を獲得して、http://sherpaland.net/ のホームページを運営しています
独自ドメインを獲得するには、アメリカの某所・某機関にメールアドレス、個人名など登録しなければなりません
登録して、さらに公開もしなきゃならないので嫌でしたが、公開しないと独自ドメインを取得できないので、止むを得ませんでした

案の定、ドメイン名を侵害しているから金払えと、個人名住所まで名指しでメールが来ます
しかし、アメリカのメリーランドから来るメールなら怖くもなんともありません
カリフォルニアのどこかから来ても怖くありません

これが、さらに進んで、日本国内からのメールなら怖いです
アメリカで個人名住所まで把握できるのですから、日本国内で同じ作業をするのは簡単なことでしょう
今は未だ、そこまでの国内メールは来ていません

それはさておき、現在の状態はこうです
怪しげなメールが到着するのは、やつら、無差別にメールを乱発しているからだと思います
アルファベット+数字の組み合わせでメールアドレスを乱造して、大量に流しているのです
メールアドレスを把握したうえでメールを打ち込むのなら、二の矢三の矢があるはずですが、そのような気配はありません
メールアドレスが知られているわけではありません

結論を言いますと
メールアドレスは、やつら、把握しているわけじゃありません
無差別に闇夜に鉄砲を撃っているに過ぎません
気にすることはない、ダイジョウブだと言い切れます

広島ブログ

2018年3月23日 (金)

怪しげなメールが到着しました

こんな不審なメールが到着しました。
なりすましメール、インチキメールと思われるので、迂闊にクリックしてはいけない。
----------------
差出人:Microsoftアカウントチーム <account-security-noreply@accountprotection.microsoft.com>
件名:Microsoftアカウントの不審なサインイン
宛先:わたしのメールアドレス

オフィスソフトのプロダクトキー
不審の動きがあります
マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。
サインイン情報:
Windowsシステム: Windows 7 Ultimate
IP:220.31.254.151(静岡)
日時:2018/3/20 (GMT)
お客様がこれを実行した場合は、このメールを無視しても問題ありません。
お客様がこれを実行した覚えがない場合、悪意のあるユーザーがお客様のプロダクトキーを使っている可能性があります。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。
今すぐ認証
サービスのご利用ありがとうございます。
Microsoftアカウントチーム
----------------
今すぐ認証の箇所にリンクが通っています、そこをクリックすれば

http://rec0very-supp0rt-micr0s0ft.org/ (一部加工してあります)

maicrosoft ではなく micr0s0ft へ誘導されます。
怪しい。当然、わたしもクリックしていません。誘いには乗っていません。

広島ブログ

2017年10月25日 (水)

無線LANに深刻な欠陥

ニュースで、無線LANに深刻な欠陥があると伝えています。
わたし、有線LANです。
ルーターとPCを有線で繋いでいます。

いえね、無線ルーターを設定しようと、何度もトライしました。
あっちのメーカー、こっちのメーカー、どれもこれも、全部うまく行かなかったのです。
諦めて、有線ルーターでやってきました。

ということで、欠陥騒動には無縁でした。

ネットニュースの続きに、対策として、無線LANケーブルを売り出した、とありました。
それがどうしたん、よぅく考えて、わはははは、これはギャグだと笑いました。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31