無料ブログはココログ

2022年6月19日 (日)

アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク

チャン・チャチャン・チャチャチャチャン~チャン・チャチャン・チャチャチャチャン
出だし部分を聞けば、あぁ、あの曲だと分かる曲です

小さな夜の音楽でもないし、小夜曲でもない
ドイツ語そのままで翻訳が成り立っている
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
(愛ね、暗いね、那覇と無地~区、ではないよ)
文句言っているんじゃありませんよ、ケチ付けているわけじゃありませんよ

文化が移植されるときに、そのまんまで移植、こんな方法もあったんだなぁ
と感心しているところです

広島ブログ

2022年4月13日 (水)

かごめ かごめ

(前) かぁごめ かごめ かぁごのなかのとぉりぃは いついつでやる

(中) よあけのばんに つるとかめがすぅべった

(後) うしろのしょうめんだぁぁれ

かごめかごめの歌ですが、意味が全然理解できない歌詞です
最初から、(前)(中)(後)の順番の歌詞だったのでしょうか
(前)と(後)が最初にあって、後の世に、(中)が割り込んできたのでしょうか

あんまりヘンテコだから、検索してみました
検索すると、意外な解釈が展開されています
内容はここには書かないけど、寓意が深い
わらべ歌ではないじゃないか

広島ブログ

 

2019年9月23日 (月)

ヒップホップ、ラップ

この手の音楽、どれを聞いても同じに聞こえるんですがね
歌詞は違うのだが、曲調は同じ
歌詞は早口で、言葉の区切りを乱切りにしながら、続けていく
口跡がはっきりしなくて、声が割れているから、歌詞が聞き取れない
メロディーとか、リズムなど、従来の音楽観とは別物なんですね
これ、わたしに歌えといわれても、歌えんよ

わたしの感覚では、これは、歌ではないよ、呪文だよ

広島ブログ

2018年2月18日 (日)

にほんごであそぼ、早春賦

NHK、Eテレで、にほんごであそぼ
幼児番組ですが、早春賦が歌詞付きで歌われました

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよと この頃か
いかにせよと この頃か

テロップを見ながら思いました
わたし、大人だから意味はわかるよ
いや、一番はわかる、二番三番はよぅく噛み締めないとわからない
幼児番組で、わかろうとわかるまいと、押し通すとは、ええ度胸をしているなぁ
いやいや、これが幼児教育なんですよ、とにかく声に出すことが大事

広島ブログ

2013年12月14日 (土)

恋人よ(五輪真弓)

ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン
ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン

前奏のピアノ、破壊的でしょ
聞き手の雰囲気環境にはお構いなく、聞き手のすべてをリセットしてしまう

枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり(これ以上書くと著作権を侵すからここまで)

曲の最後にまたリフレインします
ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン
ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン

今度は密やかに、前奏ほど暴力的ではなく終わります
思いのたけを全部出したので、燃え尽きてしまったのかな

この ジャーン・ジャジャーン の一連のコピー
こういう表現なら著作権を侵してはいないでしょう

広島ブログ

2013年9月 7日 (土)

相馬盆歌

はぁ~今年ゃ豊年だぁよぉ

この歌を聞きながら思ったね
関東東北なら、だぁよぉは当たり前
西日本では言わないし、言っても似合わない

豊年だぎゃぁ
豊年でっせぇ
豊年じゃけの

これでは歌にならないね
だぁよぉがぴったり似合うところの歌でよかったね

広島ブログ

2013年9月 6日 (金)

上を向いて歩こう

いろんな歌手が「上を向いて歩こう」をカバーしていますが
この曲はそんなに素晴らしい曲なのかしらねぇ。
歌手なら誰もが唄ってみたい曲、ほんとかねぇ。
で、それぞれのカバー曲、誰が歌っても同じように聞こえるのはなぜ。

王様は裸だ。
だれかが言ってやってよ。

広島ブログ

2012年9月12日 (水)

鬼のパンツ

♪おにぃのパンツはいいパンツ
はて、この次はどうだったかな
検索して判りました、♪つよいぞぉ、つよいぞぉ

2番があるとは知らなかった
--------
君~のパンツはダメパンツ弱いぞ~弱いぞ~
5分はいたら破れちゃう
弱いぞ~弱いぞ~
2分はいても破れちゃう
弱いぞ~弱いぞ~
はいた途端に破れちゃう
弱いぞ~弱いぞ~
はこうはこう君のパンツ
はこうはこう君のパンツ
あなたも私もおじいちゃんもおばあちゃんも~
そお~とはこうダメなパンツ
--------

広島ブログ

2011年12月 2日 (金)

剣の舞、ではないのかい

テレビの番組で、バックグラウンドでかすかに聞こえる音楽が
ピェピェピェピェピェピェピェピェピェ
おぅ、剣の舞だな
あれ、ピピピピピピピイェェと続かずに、別の旋律に変わってしまった
曲の出だしのイメージが同じだから、ついつい、剣の舞を期待してしまう
そういう意図ではなかったみたい

広島ブログ

2011年8月11日 (木)

ウェディングベル

1981年昭和56年の曲です。
30年も前の曲ですが、ラジオで聞いて、今でもマッチする曲じゃないか。
表面と内心が同時に流れているなんて、なかなかの作りです。
シュガーが歌っていますが、その後、だれもカバーしていない、だれか歌ってくないだろうか。

http://www.youtube.com/watch?v=RXpyrX8Q3Gc

広島ブログ

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31