無料ブログはココログ

2013年12月14日 (土)

恋人よ(五輪真弓)

ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン
ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン

前奏のピアノ、破壊的でしょ
聞き手の雰囲気環境にはお構いなく、聞き手のすべてをリセットしてしまう

枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり(これ以上書くと著作権を侵すからここまで)

曲の最後にまたリフレインします
ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン
ジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン・ジャジャーン

今度は密やかに、前奏ほど暴力的ではなく終わります
思いのたけを全部出したので、燃え尽きてしまったのかな

この ジャーン・ジャジャーン の一連のコピー
こういう表現なら著作権を侵してはいないでしょう

広島ブログ

2013年9月 7日 (土)

相馬盆歌

はぁ~今年ゃ豊年だぁよぉ

この歌を聞きながら思ったね
関東東北なら、だぁよぉは当たり前
西日本では言わないし、言っても似合わない

豊年だぎゃぁ
豊年でっせぇ
豊年じゃけの

これでは歌にならないね
だぁよぉがぴったり似合うところの歌でよかったね

広島ブログ

2013年9月 6日 (金)

上を向いて歩こう

いろんな歌手が「上を向いて歩こう」をカバーしていますが
この曲はそんなに素晴らしい曲なのかしらねぇ。
歌手なら誰もが唄ってみたい曲、ほんとかねぇ。
で、それぞれのカバー曲、誰が歌っても同じように聞こえるのはなぜ。

王様は裸だ。
だれかが言ってやってよ。

広島ブログ

2012年9月12日 (水)

鬼のパンツ

♪おにぃのパンツはいいパンツ
はて、この次はどうだったかな
検索して判りました、♪つよいぞぉ、つよいぞぉ

2番があるとは知らなかった
--------
君~のパンツはダメパンツ弱いぞ~弱いぞ~
5分はいたら破れちゃう
弱いぞ~弱いぞ~
2分はいても破れちゃう
弱いぞ~弱いぞ~
はいた途端に破れちゃう
弱いぞ~弱いぞ~
はこうはこう君のパンツ
はこうはこう君のパンツ
あなたも私もおじいちゃんもおばあちゃんも~
そお~とはこうダメなパンツ
--------

広島ブログ

2011年12月 2日 (金)

剣の舞、ではないのかい

テレビの番組で、バックグラウンドでかすかに聞こえる音楽が
ピェピェピェピェピェピェピェピェピェ
おぅ、剣の舞だな
あれ、ピピピピピピピイェェと続かずに、別の旋律に変わってしまった
曲の出だしのイメージが同じだから、ついつい、剣の舞を期待してしまう
そういう意図ではなかったみたい

広島ブログ

2011年8月11日 (木)

ウェディングベル

1981年昭和56年の曲です。
30年も前の曲ですが、ラジオで聞いて、今でもマッチする曲じゃないか。
表面と内心が同時に流れているなんて、なかなかの作りです。
シュガーが歌っていますが、その後、だれもカバーしていない、だれか歌ってくないだろうか。

http://www.youtube.com/watch?v=RXpyrX8Q3Gc

広島ブログ

2011年7月15日 (金)

ラバーズコンチェルトとドレミの歌

ラジオでラバーズコンチェルトの歌を聞いていました。
あれぇ、どこかで聞いたことのある歌だ。
ドォはドーナツのドォ、レェはレモンのレェ
YouTubeでふたつを聞き比べてみました。
聞き比べると別々の歌だが
サビの部分が同じなんですよ。
別の歌なんだが、似過ぎちゃってる歌ですねぇ。

広島ブログ

2011年7月 3日 (日)

困ったもんだよ、雪山賛歌

雪よ岩よ われ等が宿り
俺たちゃ 街には
住めないからに
(jasrac未承認)

いやぁ、街に住めますよ。ずっと山に住むのはしんどいですよ。

山岳会に一年間だけ在籍したことがります。
総会のシメの歌が「雪山賛歌」なんです。
これはアカン、センスが合わない。
会費は一年払いなので、一年経ったら退会しようと心に決めたもんです。

広島ブログ

2011年1月10日 (月)

髙橋真梨子、2時間10分、BS2

さっき、BS2で髙橋真梨子のコンサートがありました。
あの歳でレコーディングの状態を維持しているのはすごいなぁ。
ベテラン・アラ還の歌手は若いころのようには歌えず
テンポを変えたり、リズムを変えたり、味付けして四苦八苦しています。
味付けだと言っていますが、実は、ごまかしているのです。
その点、髙橋真梨子はCDと同じ曲調で歌い上げています。
車の中で聞き過ぎて、一曲、音飛びしてしまうほど聞きこんでいます。
そのわたしが、CDと同じだ、と感服するのだから間違いはない。
あの歳で、若いころと同じとは、よっぽど喉が強いのでしょうね。

2009年12月11日 (金)

ぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼ

ぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼ
このフレーズは、小説「ブラバン」で読んだものと思い込んでいました。
読み終えて、ページをパラパラとめくって、ぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼ、を探しました。
みつからなかった。

今夜わかりました。
NHKBS3番「どれみふぁワンダーランド」で耳にしたところです。
番組の中で
「ビオラは陰の薄い楽器というのは本当なの?」
「そう、オーケストラの予算がはみ出すと、真っ先に削られる楽器だね」
「別の意味で影の薄い楽器があるんだよ、ファゴット」
ぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼ
「他の楽器はメロディーを奏でるのに、曲の最初から最後までずっとこれ」

あのね、小説「ブラバン」を読んだのは先月でしょ。
さっき聞いた、ということは、時間の系列が狂っているんじゃないの。

いやいや、「どれみふぁワンダーランド」はBS2番で土曜日に先に放送しているんです。
あれはもっと前だな、春ごろに聞いたような気がする。
繰り返してBS3番で放送し直しているんですね。こっちは金曜日。

ちゃらっちゃちゃっちゃちゃちゃ ちゃらっちゃちゃっちゃちゃちゃ ちゃらっちゃちゃ
ぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼっぶっぼ
「くるみ割り人形」のメロディーにかぶせて、ファゴットの音が流れます。
いたく印象に残った音でした。
小説「ブラバン」の中に出てきて当然の場面です。
そりゃぁ錯覚するよなぁ。
解決して、よかった、よかった。

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31