無料ブログはココログ

2018年2月 7日 (水)

楽天カードからしつこいメール

楽天カードから、連日、しつこくメールが到着します。
-----
楽天カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様のカード利用情報が弊社に新たに登録されましたのでご案内いたします。
カード利用お知らせメールは、加盟店から楽天カードのご利用データが弊社に到着した原則2営業日後にご指定のメールアドレスへ通知するサービスです。
-----
楽天カードなど登録した覚えもないっちゅうのに。

ははぁ、さては、こういうことか。
わたし、出光のカードを利用しています。
そのカードは最近楽天カードとタイアップを始めました。
それで、ガソリンを給油する度に、利用した実績が楽天カードに連絡されるのか。

おいおい、個人情報の横流しじゃないか。
出光カードの最初の契約で、情報の二次利用を許す、と約款にあったんだろうね、やれやれ。

最初は、楽天カードを名乗る詐欺メールと思い込んでいました。
即座に、迷惑メールと仕分けしていました。
なんぼ正規のメールであろうとも、これからも楽天カードは契約するつもりがないので、迷惑メールで間違いはありません。

なりすましメールが多いので、本物のメールと偽物のメールの境界が怪しくなってきました。

広島ブログ

2018年2月 3日 (土)

仮想通貨業者を金融庁が監督下に

仮想通貨とは、政府のコントロールの外にありたいとして、始まったものでしょう
そもそも、実態のないものを金融庁はどのように監督下に置くのでしょう
監督官庁は消費者センターがふさわしいのじゃありませんか
偽物を売った、代金を支払ったのにまだ届かない、その程度のもんです
いやいや、モノ・サービスに転換していないのだから、消費者センターとは違うか
だとしたら、どの官庁が担当するべきなのでしょう

仮想通貨を売ったり買ったりするに際しては、じゅうじゅう、リスクのあるものだと心すべきです
通常、通貨というものは、相当の裏打ち・裏書きがあって信用を得ています
架空通貨、まさに宙に浮いている通貨に、日銀券と引き換えに求める、ええ度胸している、と褒めてあげます

というわけで、仮想通貨業者にだまされた、被害を受けた、と泣いている人には同情できません

広島ブログ

2018年1月16日 (火)

県立大学理事長

ウィキペディアによると
[国立大学法人では法人理事長(職名は「学長」である。)が設置する大学の学長と定められているが、公立大学法人の場合は、法人理事長が設置する大学の学長を兼任する場合と、法人理事長は学長を兼任せず別に学長を任命する場合がある]
ここで、面白い現象が起きました。
理事長に、学者が就任するケースと、財界人、公務員が就任するケースがあります。
マネジメントのプロ、ということで、財界人、公務員を起用する意図は理解できます。

私立大学の理事長の権威権力の大きさは知っていますが
県立大学の理事長の権限はどの程度のものなんでしょうか。

前職が某大学の学長で、学問的な権威についてはよく知られています。
学長ではなく、理事長に就任ということです。
マネジメントに専念するのでしょうね。
学問的権威ではなく経営手腕を見込んで、ということなのでしょうね。
どこを見てそのように見込んだんでしょうね、うぅん、よくわからん。

社長と会長がいて、両立しているからには
学長と理事長が権限を侵すことなく機能するのでしょうね。

広島ブログ

2018年1月 8日 (月)

三次の中高一貫校

中高一貫校が三次にできるということで、注目しています。
いえね、注目しているのは、その形態です。
新設校ならどんな形態でも自由に決められる。
ところが
既に存在する三次高校に設立するということです。

1、既に存在する三次高校とは別に設立するのだろうか。再編して新しい高校にするのだろうか。
2、既に三次中学校は別に存在します。重ならないように、どんな名前にするのだろうか。
  例えば、三次高校附属中学校、三次高校中学部
3、中学校の教員は三次市の教育委員会の指導を受けるのか。このケースでは、広島県から指導を受けるのか、三次市からか。
4、校長は一人なのか、二人なのか。
5、いいえ、いえ、がらっと変更します、かがやき中高一貫校、あけぼの中高一貫校、例えば、こんな名前で発足します。

教育効果については、先例があるので、見込みはついています。
名前ですね、どんな名前で発足するのか、興味はそこだけ、そこに注目しています。

広島ブログ

2017年11月 8日 (水)

トイレット・ペーパー・パニック

店頭からトイレットペーパーが無くなるというパニックがありました。
誰もが買いあさって、ほんまに、店頭からメーカーの倉庫まで在庫がなくなりました。
1973年(昭和48年)10月から11月、日本国中がヒステリーになりました。
44年前のことです。
44歳以上の人なら知っているかしら。
当時のこどもなら無理でしょ。
プラス20歳、64歳を越えた人なら覚えているでしょう。

そうか、歴史的事実になってしまうんだね。
中年世代、青少年世代の人には教科書上のことなんでしょうね。
このような流言飛語、大パニックはこれからはもう起こらない。
そんなことはない、どこかでまた再現するだろうと思いますよ。

広島ブログ

2017年10月28日 (土)

立憲民主党の立憲について

選挙期間中は、物言いは自粛していましたがね
選挙が終わったから、もうええだろう

選挙結果で、憲法が改正されるのは、レールが敷かれて一直線です
そこで、立憲民主党
憲法が改正されても、立憲を名乗るのでしょうかね
いくら反対しても成立してしまう憲法に従えるものでしょうか
これまでは、マッカーサー憲法が心地よいから、立憲と尊重しているわけです
この先、改正安倍憲法となったら、もはや立憲とは言っていられなくなるんじゃありませんか
反憲民主党と名前を変えるのか、嫌憲民主党か、厭憲民主党か
この先どうするのか見ものです、ウォッチングしていきます

広島ブログ

2017年10月 6日 (金)

立憲民主党

立憲とくると、次は君主制と受けて、立憲君主制と言う統治機構を指差します。
君主制の弊害を、立憲で制限するという趣旨です。

立憲民主党、立憲と民主と、同種の概念が並立するところがくどい。
立憲とは言わずとも、当たり前のことじゃありませんか。
それとも、こういうことかな。
立憲とは、昭和22年制定の現行憲法を死守する、そういう意味でしょうか。
革新の政党を標榜しながら、硬直した保守の臭いがありますよねぇ。

広島ブログ

2017年9月28日 (木)

地図にある不思議なシルシ

国土地理院の2万5千分の1の地図ですがね、地図に不思議な描写が書き入れてあります。
場所は、東広島市豊栄町の乃美交差点から南に見える岡の上、板鍋山の麓にあります。
ビッシリと密集したものを描写しています。

わからなければ行って見ればええ。
行ってみました。
イネの苗センターの廃墟でした。
ビニールハウスの骨組みだけが行列して残っています。ビニールは風に吹き千切られています。

かっては、豊栄農協でイネの苗を供給していたのでしょう。
農協が合併して、取り残されて廃墟になったのだろうと思います。

岡の上で、杉などの立木に囲まれていますので、街道からは見えません。
工場廃墟、鉱山廃墟などありますが、それに似たようなもので、未だに地図に姿を残しています。

これから地図に描写されるのは、太陽電池の発電パネルだろうと思います。
大量に畑を覆って、谷から峰へと、大発電所が各地にあります。
イネの苗センターを拾うなら、ソーラーパネルも拾わなきゃ。
大規模なソーラーパネルの群れは巨大なランドマークですからね。

 

170928

広島ブログ

2017年9月19日 (火)

民進党はこうしたらええ

民進党が内部統一に悩んでいるそうですが
右派民進党、左派民進党に再編分裂したらええ

再編分裂しても別れずに、今の建物に同居していればええ
政策ごとに、明日は右派民進党、明後日は左派民進党、それぞれの部屋に集まればええ
党議党則で縛らずに、議員個人が自由に振る舞えばええ

なんなら、選挙は統一民進党で戦えばええ、もちろん、別々に戦ってもええ
選挙後は別れて、居心地のええところにいればええ

これでどう

広島ブログ

2017年9月13日 (水)

九州の面積に匹敵する土地の持ち主が判らない

九州の面積に匹敵する土地の持ち主が判らない、というニュースを読みました。
http://www.asahi.com/articles/ASK6R3VX0K6RUUPI002.html
わたしのところにもそれがあります。

山林の一筆を祖父から父に相続する時、手続きをミスしていました。
父からわたしに相続しましたが、その山林一筆は当然相続できていません。
その山林の名義は祖父のままです。

ところが
よく出来ています、その土地の固定資産税はわたしに課税されます。
名寄せするから課税漏れはありません。
固定資産税の明細を見て、あれれ、祖父名前の山林なのに、わたしに課税されている。
そこで、やっと相続未完成を発見しました。

今、相続すればええじゃん。

それがね、土地台帳を見ても、山林のどこを指しているのか判らない。
土地台帳は明治の時代のものです。
江戸時代以前からの記録を引き継いだものです。
誰と隣接しているかもわからない、実にええかげんな土地台帳なのです。
どこの山林と確定しなきゃ相続の段取りに至らないわけです。

相続するなら、祖父から父、父からわたしへの親族関係、全部了解を取るのはオオゴトです。
ハンコを貰うべき子孫がどこに住んでいるかも判らない、手のつけようがありません。
この先、例えば、山を開発してゴルフ場にする事態が起きるとは思えないし、もう、このままでええか。

九州の面積に匹敵する、誰の土地か判らない土地、そのほんの一部分はわたしも加担しています。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28