無料ブログはココログ

2020年7月 4日 (土)

繰り返しになりますが 大事なことですから二度言いますよ

問い詰められて、同じ言い訳を何度も繰り返するしかない場合もあります
こんな時に「繰り返しになりますが」これでは弱い

同じように繰り返しになるのに
「大事なことですから二度言いますよ」
高い位置から教えるようにしゃべっている

もちろん、ギャグとして使うことがあります
みのもんたの持ちネタです

防衛的な「繰り返しになりますが」
攻撃的な「大事なことですから二度言いますよ」

同じアクションなのに、効果は大違い

広島ブログ

2020年6月30日 (火)

笑わす 笑かす

関西弁に、《笑かす》がありますが
本来の言葉は、《笑わす》ですよね
どうしてこんな変化が起きたのか

《捨てる》という意味の《ほうる》
《ほかす》という関西弁があるが、《笑かす》の類例なのか
《化かす》は全国的にどこでも《化かす》なのか
《いかす》はこの流れとは違う流れのような?

《笑かす》このような音韻変換が起きたのは他にもあるでしょうか
他になければ突然変異です
次々と言葉が変わっていく突破口というわけでもなさそうだ
静観しときましょ

おまけ
IMEの文字転換なんですがね
《わらかす》が《笑かす》に転換するのです
単なる関西弁から共通語化している、ということなんでしょうね

広島ブログ

2020年6月29日 (月)

ひとりあいづち

あいづちは対話の中で、聞いてるよ、という合図です
ところが
何々なのよ、うんうん
何がどうしてね、えぇえぇ
このように、自分が自分にあいづちを打つひとがいます
これはもう、自分の話に酔っているので、口が挟めない
こういうの、ひとりあいづち、とでも言いましょうかね

広島ブログ

 

2020年6月25日 (木)

一を聞いて

故事成語:一を聞いて十を知る
発展応用:一を聞いて十を盛る

一を聞いて十を知る、一般の社会ではエリートです
一を聞いて十を盛る、演芸の世界ではエリートです
演芸の世界では、あいつは出来る、評判が上がります

広島ブログ

2020年6月23日 (火)

諂う=へつらう

媚び諂う、媚びるはよく漢字で書くけど、諂うを漢字で書くことはないなぁ
媚びるは女社会でよく見かけるから、あれは女のことと突き放して、漢字で書けるのかなぁ
諂う、これは女社会ではなく、男社会に特有のものでしょうね
あっても、伏せておきたい、文字に書き留めることはしたくないよなぁ
諂いながらも、内心は屈辱を感じているのだよ
へつらうと口で言うだけなら、言った瞬間に消えてしまうからともかくも
漢字化するぅ?勘弁してくれよ

広島ブログ

 

2020年6月22日 (月)

JALとANA

JALはジャルと読むのは誰もがそうだと言うが
ANAはアナと読むかエーエヌエーと読むか、どっちが多いと思いますか
ANA本社はエーエヌエーと読むと告げていますが、世間の人はどっちが多いかなぁ

グルジアが国名をジョージアに変更すると告げて、それは誰もが従いました
たしかに読み方の問題で、ANAと似たようなことではあるが
それとこれとは別の問題のような、いや、同じようなことであるような

広島ブログ

 

2020年6月18日 (木)

無慈悲に、という脅し文句

北の民主主義人民共和国でのことですがね
声明を出すとき、無慈悲に、この用語をしきりに使います

民族の慣用句があるのでしょうね
無慈悲に、こう発すると、自らの琴線に触れるのでしょうね
心を鼓舞するのでしょうね

日本ではどうなんでしょう
遺憾だ、遺憾だ、これはイカン
この程度しか言えません
一度、無慈悲に、と警告を出してみてはいかがなものか

いやいや、憲法の制約に触れるから、無慈悲に、とは言えんのだ
憲法第9条が無慈悲な行為を禁じている、そういう反論が繰り出されるのだ
たとえ口先介入でも、憲法違反と指摘されるのだ
予算委員会で何日も吊るし上げられ、内閣不信任案が提出されるのだ
無慈悲内閣打倒!と倒閣運動のデモが起きるのだ
朝日新聞と毎日新聞はデモに同調して、反政府の空気を報道するのだ
共同通信も同じ、地方紙の報道は共同通信の提供なのだ
あんたのことだよ、中国新聞(北京じゃないよ広島だよ)を指さして言っているのだよ

一連の動きは怖くはないが、他の法案が巻き添えになって、成立が遅れるのが困るのだ
ここ日本では、とうてい、無慈悲に、などと、口が裂けても言えないのだ

広島ブログ

2020年6月16日 (火)

どこか変だよ、接待を伴う飲食店

接待を伴う飲食店と分類されて、うまいこと言うなぁ、と感心しましたが
やっぱり違和感あり

接待というと、得意先を接待する、これが本義じゃありませんか
自分を接待してくれるとはなんのこっちゃ
しかも、接待されても、会計は自分で払うとは

お色気を伴う飲食店と言ってしまえばええじゃないか
お色気を伴う接客業と言ってしまえばええじゃないか
なんでそう割り切れないんだろ
あれだけキッパリ語る小池都知事が言い渋るのは何ででしょうかね

人権問題を声高に言い募る勢力がうるさいからですよ
接待を伴う飲食店とは言うけれど、わかってるでしょ、あの業界のことなんだよ
ぼやかして言っているけど、わかってやってちょうだいよ、苦肉の伝え方なんですよ

広島ブログ

2020年6月13日 (土)

へりくだる

謙る
遜る
謙遜はどっちの字もへりくだるの意味です

日本人ならへりくだるの意味を知っていますが
中国人はへりくだるの意味を知っているのかしら、きわめて疑問
オレが、オレが、の自慢しぃの民族性ですもの、へりくだる美風などあるのだろうか
謙遜は、日本人には常識の言葉ですが、中国人には謙遜とは死語なんじゃないかしら
たぶん、謙の字、遜の字、中国では人名漢字にしか使われていないのじゃないかしら

日本で使用する謙遜の文字の数量と、中国で使用する謙遜の文字の数量は
圧倒的に日本の数量のほうが多いだろうと思います

広島ブログ

 

2020年6月12日 (金)

かたじけない

時代劇で、感謝を表すのに、かたじけない、と言いますが
ありがとうございます、感謝いたします、に比べて
圧倒的に心がこもっているように感じます

かと言って
今の世の中で、かたじけない、と発すると
受け入れられません
これはおそらく
かたじけない、は上位高位の人の言葉で
いくら かたじけない と言われても、頭が高くて面白くない、と感じるからでしょうね

かたじけなく感謝に耐えません
まことにかたじけないことでございます
このように、上位高位の位置を引き下げて、へりくだると受け入れられるかも

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31