無料ブログはココログ

2019年11月11日 (月)

相撲のしこな

四股名
醜名
相撲のしこなは、昔は醜名と言い、今は四股名と言っているのだそうな
醜名の醜の意味は、みにくいではなく、強い、たくましい、の意味
ついでに言うと
悪太郎、悪源太義平、赤井悪右衛門、悪七兵衛景清(悪太郎以外は実在の武将)
この場合、悪は悪い人ではなく、強い、豪傑、という意味

醜名を否定して、四股名が正しいとされるのは
コンプライアンスの時代だもの、正論が押し通ります

広島ブログ

2019年11月 8日 (金)

感謝しかありません

感謝しかありません
賞賛しかありません

これ、感謝しているのだろうか、賞賛しているのだろうか、反語なのかい

否定語から入っているからです
内容は肯定なのですが、見かけは否定です
受け取るほうは否定に敏感です
結局は肯定と理解するのですが、否定への身構えを解かなきゃならない

感謝しかない→感謝し ない
賞賛しかない→賞賛し ない

[か]の部分が、見えなかったり、聞こえなかったら、こうなるのです
意味が反対になってしまうのです
これは、リスクのある、言い方、書き方、だと理解していただけますか

読書メーター

広島ブログ

社長 副社長 社長代理

課長 △副課長 〇課長代理
部長 〇副部長 △部長代理
社長 〇副社長 ×社長代理

それぞれの長の次席ですがね
よくあるのは〇
会社によってまちまちで、あったりなかったりが△
絶対にないのは×

社長代理はありませんね
挨拶代読で社長の代理はあるけどね、その場限りの限定的

政党では、総裁代理は決してない、副総裁はあってもね
代表代理とは言わないけど、代表代行はあるんですよ、副代表もあるのにね
やっぱり、そういう政党はヘボイなぁ

広島ブログ

 

2019年11月 7日 (木)

茶舗 書肆 印舗

茶舗は茶の店
書肆は本屋
印舗はハンコ屋

茶舗はどう読むのだろう、さほ、ちゃほ、ちゃぼ
書肆はしょしと読む
印舗はいんぽと読むのだが、声に出しては言いにくいなぁ

広島ブログ

2019年11月 2日 (土)

国語に関する世論調査

【憮然】【砂をかむよう】【御の字】
文化庁の調査で、本来の用法とは違う言葉の使い方が増えている、と発表されました。
言葉というものは移ろいで行くものです。
大多数が間違って使っていても、大多数ならそれが正しいのです。
昔はそうじゃなかった、直せ、戻せ、と騒いだところで、多勢に無勢です。
平安時代から鎌倉・室町時代、江戸時代にかけて
大きく言葉は変遷して行きました。
違っているよ、は心のうちだけに留めて、しゃぁないな、言葉の違いは認めましょう。

広島ブログ

 

2019年10月30日 (水)

だいじょうぶです、というあいづち

だいじょうぶですに、OKとNOと、両方の意味があることを覚えといてね

だいじょうぶです、こういうあいづちがあります
わたしも、あいづちは打つが、だいじょうぶですとは言わない
ある年代から世間に普及して、だいじょうぶです世代からは取り残されてしまいました

だいじょうぶです、とのあいづちを聞き流しているうちに
OKとNOと、両方の意味があることを思い出しました
会話しながら、あいづちを、表読み、裏読み、していると、意地悪だが、これは面白い

広島ブログ

 

2019年10月29日 (火)

知らんけど

知らんけど、このフレーズでグーグル検索してみてください
実にたくさんの、知らんけど、の情報が出てきます
暇なとき、この、知らんけど情報の数々を読むと退屈しません

知らんけど

広島ブログ

2019年10月25日 (金)

カミラ夫人はこれからもカミラ夫人なのか

イギリス王室のチャールズ皇太子の妃のカミラ夫人なのですがね
この先、即位して
チャールズ国王となったら、王妃と呼ばれることになります
チャールズ国王となったからには、カミラ王妃と呼ばれるのが当然でしょうね

もともと、日本語に翻訳して、カミラ夫人、ダイアナ妃と呼んでいるが
イギリス国民がどう呼び分けているか、そこはどうなんでしょうね
マダム・カミラ、ミセス・カミラ、ほんとにそう呼んでいるのでしょうか
そうだとしたら、国民感情がどうも読み取れない

天皇陛下の即位礼正殿の儀でチャールズ皇太子も列席しています
ところが、カミラ夫人はイギリスに残っています
日陰の身のままで、表舞台に登場することはないのでしょうか

これ、ダブルアップ、前にも 2019-04-15 「チャールズ皇太子とカミラ夫人」でネタにしています

広島ブログ

2019年10月22日 (火)

ねがいましては

ねがいましては、これはそろばんの稽古で読み上げ算の最初の出だしです
ねがいましては、とは、願いましては、ご破算で願いましては、ともいいいます
ものすごく低姿勢でへりくだっていますよね
そもそも、そろばんの昇級試験、昇段試験で、試験する側のほうがへりくだるのは変
変は変だが、そういう決まりなんです、文化なんです、美風なんです

陸上競技のスタートは、用意、ドン
まぁ、ぶっきらぼうなこと
ここで、願いましては、ドン、とやったのでは、場の空気に合いません

そろばんの読み上げ算で、用意、ドン、これではあわただしすぎる
ここは、願いましては、とおもむろに始まるのが一番でしょうね

広島ブログ

2019年10月19日 (土)

文字化けを、英語で、中国語で

文字化けを英語で言い換えると、misconversion text garbling character corruption
中国語で言い換えると、文字乱码 文字亂碼

英語も中国語もマトモすぎですよね、捻りもユーモアもない
日本語では、文字が自分で勝手に化けてしまうとは、その通りだよ、言いえて妙
表現の出来栄えは日本語がぶっちぎりで圧勝

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30