無料ブログはココログ

2018年10月15日 (月)

PCがウィルスに汚染されました、との警告

突然、モニターにポップアップの警告が出ました。警告音も伴います。
[d4axe94x8ogby.cloudfront.netの内容 Windows10によってWindousシステムが古くなり破損していることが検出されました。ファイルが削除されないように、指示に従ってすぐに修正してください]
[Windowsシステムが破損しています Windows:Windows10 ご注意:Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。ファイルは0秒で削除されます。必須:下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンし、ファイルが保護されていることを確認してください]

それは大変、クリックして展開しようとして、待てよ、これは怪しいぞ。

怪しい、ブラウザを切って、電源を切って、再起動することを選びました。
再起動してみると先ほどの警告は姿を消しています。

念のため、ウィルスチェックをしてみましたが、異常なし。
マイクロソフトを騙るヤツの仕業ですね。
油断がならないな。

さっきの警告を再現してみよう。警告が現れたページは
「ホームページ・ビルダーで作るはじめてのWebページ」

昔々はお世話になったページです。
今となっては、このページは乗っ取られて、犯罪者の道具に使われているようです。
くれぐれも、このページには立ち入らないようにしてください。
そりゃ面白い、見たみたい。そういう人は自己責任でね。当局は一切責任を取らないからそのつもりで。

広島ブログ

2018年10月 4日 (木)

突然、ネットが繋がらなくなった

突然、ネットが繋がらなくなりました。
深夜0時までは繋がっていたのだよ。0時5分には繋がらなくなった。
ルーターを見ると、赤ランプが点灯している。今まではこんな赤ランプは見たことがない。
ルーターをあれこれいじっても、通信は回復しません。
諦めて、PCを切ろう。腰を上げて、テレビを見ました。
テレビの地上波が繋がらない。BS、CSは繋がるのに。こっちは、ケーブルTV経由じゃない、BS、CSのアンテナは自前です。

さては、こういうことだったのだ。
ケーブルTVのメンテナンスに当たったのだ。テレビも、PCも、基地局で切っているから繋がらないのだ。
メンテナンスのお知らせはあったのかなぁ。あったのだろうねぇ。

夜が明けて、メンテが終わって、めでたし、めでたし。
いえいえ、めでたくないのです。
あんまりいじり過ぎて、ルーターのソースが抜けてしまっているようだ。
ケーブルTVへの接続の再セットアップもやらなきゃいかんかなぁ。
やってみると、W10として、再インストールを求められます。
そんな無体な! XP対応のインストールCDしか持っていないよ。
あぁだこぅだ、あれやこれや、何をしたのか、何が効いたのか、通信が可能となりました。
やっと、ほんとに、今度こそ、めでたし、めでたし。

教訓その1
ケーブルテレビの場合、通信が繋がらなくなったら、同時に、テレビも繋がっていないか、確認すること。
そもそも、基地局と繋がっていなければ、何をやっても効果なし。
教訓その2
もともとルーターが不安定で、時々通信が途絶えることがあったのだ。
これまでは、コンセントから引き抜いて、再び差し込んだら、生き返ってくる。こうやって凌いできた。
このさい、ルーターを買い換えようよ。

広島ブログ

2018年9月14日 (金)

音楽を外しました

トップページに、<embed>****</embed> として、音楽ファイルを埋め込んでいました。
読者がプラグインをインストールしていなかったり、プラグインのバージョンが古かったら
音楽再生はできません。
OSが進化して置き去りになって、時代遅れのものとなってしまいました。
昔々には通用しても、今では推奨されないものかもしれません。
無用の長物、むしろ、邪魔ものです。
音楽と言っても、ジングルですので、10秒程度のものです。
ないほうがええと判断して、削除しました。

実は、ページを開く度に、ダウンロードして、再生しますか、と問いかけてきます。
自分が仕掛けたのにも関わらず、こいつ、邪魔だな、と迷惑に思っていました。
わたしが迷惑なんだから、世間のひとも迷惑だったでしょうね。
長い間、お邪魔しました。もうこれからは迷惑行為はありませんので。

広島ブログ

2018年9月11日 (火)

ディスククリーンアップをやってみた

ネットでページが開くのが、ジリジリ、ねばねば、開くことは開くのだが、[前ページへ戻る]が効かない
そう言えば
買ってから今までディスクのクリーンアップをしたことがない

やってみようか
左下のウィンドウズマークを左クリック
目次を下に追って、W、Windows 管理ツール、ディスククリーンアップ
Cドライブを対象に、チェックはデフォルトのまま
vダウンロードされたプログラムファイル
vインターネット一時ファイル
これだけをクリーンアップ
実行すると、2、3秒で終わってしまった

さて、できばえは
抜群に効き目あり、ジリジリねばねばは駆逐されています

ソフトの起き上がりが遅いのはどうだろう、一部のソフトが遅いのです
これは効き目がなかった
理由がある、XP 時代にインストールしたものだもの、ひょっとして Me 時代かも、今のシステムにはぎりぎりセーフなのだろう
待ちさえすれば、開くのだ、開いただけでも儲けものと思うことにしよう

ネットがやたら重い、遅いと感じたら、ディスククリーアップが効果があります

広島ブログ

2018年9月 6日 (木)

グーグルマップから請求書が来ました

メールが到着しました。グーグルマップ(Google Cloud Platform)からの請求書が来ました。
----
Google Cloud Platform & APIs の月額請求書がご用意できました。
このメールの末尾に添付されている PDF ドキュメントをご確認ください。
----
このメール、本物なのか?なりすましなのか?
うかつに末尾の文書をクリックするのは、怖いね、ためらってしまう。

グーグルマップの申し込みしたら、Google Cloud Platform を契約したことになります。
Google Cloud Platform のコンソールを毎日点検できる、そういう仕組みになっています。
コンソールを見ると、$300 クレジットを付与されている。
内容を子細に見ると、8月の課金は4円なのだそうな。
クレジットからそれだけ減額されている。
ということで、支払いはありません。

8月には、地図のページを大量に書き換えた。全部書き換えた。
前に申し込んだキーが無効になったんですよ。新しく、キーを獲得した。今度のは有償です。

地図のページ編集の段階でグーグルマップを引き出す。グーグルマップの画面を加工するためです。
この段階で1クリック、段取りが悪ければ、2クリック、3クリック、やってしまう場合もある。
使っている地図は ZENRIN だが、グーグルマップのライセンスのもとでやっているのだ。
サーバーに転送後、出来栄えを確認するために、自分の地図のページを訪問する。
グーグルクロームで確認し、マイクロソフトエッジ、ファイアフォックスでも確認する。
あれやこれやで、1000件、2000件、あるいはそれ以上、のクリック数があっただろうと思います。
こんなに目いっぱい、グーグルマップをページビューしても、課金が4円、その程度なんですよ。
8月は特殊事情、これからは、もうこんな繁忙事態はやってこないでしょう。

9月以降は、自分の地図ページの新規編集は月数件、訪問者も月数件と予想できる。
課金が発生する程度の件数になるのか、どうか。
クレジットの有効期限は最初の1年間、$300
来年の8月以降、$200 のクレジットに引き下げられる。

考えてみてください。クレジットがなかったと仮定しましょう。
4円をクレジットカードで引き落とすところまで実際にやってしまうのか、そこは疑問ですねぇ。
4円を徴求するのに、カード会社へ手数料を払わなきゃなりません。
4円程度なら、請求放棄したほうがコスト安なんじゃありませんか。
そうならないように、クレジットを与えて、課金はその範囲内に止めるよう計算しているんでしょうね。

クレジットカードが前提条件なのは、身元確認だろうと思います。
それと、野次馬の振るい落とし。
クレジットカードを提出するのが嫌なユーザーは、契約せずに去って行くでしょう。

どうやら、メールはなりすましメールではなく、本物みたいです。
契約したときの確認ページと、メールの添付ページは同一でした。

広島ブログ

2018年8月26日 (日)

轍のバージョンを下げました

地図での表現のことなんですがね、わたし、フリーソフトの轍も使っています。
轍での基準とする地図をオープンストリートマップを使うように変更しました。
わたしのページで最新の戸郷山篇、オープンストリートマップが選択肢にあります。
意に沿わぬ表現です。
わたしの意図は、やはりグーグルマップを使いたい。
轍のバージョンを下げました。
v.3.92 から v.3.83 に下げました。
最新バージョンは 4.20 です。
轍としては、最新バージョンでは、グーグルマップを廃して、オープンストリートマップに沿って展開しています。
わたしは、バージョンを下げたことで、オープンストリートマップを使っているという表現は消しています。
最新の戸郷山篇には数日間はオープンストリートマップの痕跡がありましたが、消去しました。

なんでオープンストリートマップを毛嫌いするのか。
それはね
写真のExif 情報、とりわけ時刻表示が、わたしの場合、オープンストリートマップに全然マッチしない。噛み合わないのです。
グーグルマップなら、時刻表示がうまくシンクロするのです。
時刻があえば、緯度・経度・高度などが地図から引き出せる。
地図と写真の親和性でグーグルマップを選びました。

広島ブログ

2018年8月24日 (金)

PCの電源が切れなくなりました

左下のウィンドウズマークですが、電源を切ろうとして、右クリック、左クリック、何をしても表示が出なくなりました。
しょうがないので、モニター画面に頼らず、キーボードの右上のPC電源で無理やり切りました。
再び電源投入、その後異常事態がいろいろ起こっています。
〇左下のウィンドウズマークが効かない。
〇マイクロソフトエッジ、起動させようとしても、[explorer.exe システムコールに失敗しました]、起動できず。
〇Alt+Tab のソフトの切り替え、効きません。
うぅむ、困ったぞ。

Ctrl+Alt+Delete このモニター画面で右下を見ると、電源マークが見えます。
これだ。電源マークをクリック。シャットダウン。

次に再起動すると
〇ウィンドウズマークが有効。
〇マイクロソフトエッジ、ちゃんと起きます。
〇Alt+Tab ちゃんと効き目あり。

なんだったんでしょうね。
ウィンドウズマークの機能を失ったのが疑問、深ぁい疑問。
電源の切り方で、Ctrl+Alt+Delete この段階で右下を見ることを思いもしなかった。盲点でした。

途中でトラブルがあっても、ちゃんと手順を踏んで電源を切れば、トラブルの影響から逃れられる、のでしょうね。
次のトラブルに備えて、ここにメモしておきます。

広島ブログ

2018年8月17日 (金)

今度こそ、グーグルマップの変化に追随しました

前に[地図のエラーを解消しました]と発信しましたが、実は解消していなかった。

グーグルマップの対応がどんどん変化しています。
2013年の8月からの過去のページについてですが
8月13日の段階ではエラー無しで開くのを確認しています。
夜が明けると、エラーになっていました。

わたし、グーグルマップのAIPキーをふたつ持っています。
昔に得たキーは、支払のことには触れていません。
最近得たキーは、クレジットカードと紐づけされていて、大量の閲覧があれば料金の請求があるかも。
グーグルだから押し切られても従わなきゃしょうがないが、弱小ソフトメーカー相手ならこんな契約は結びません。

ムービング・ゴールポスト

8月13日と14日の間にゴールポストを動かしたようです。
支払いが得られない昔のAIPキーを無効にしたのだろうと思います。

山登り篇で、145個
自転車篇で、109個

AIPキーを過去のものから現在のものに書き換えました。
これでやっと、エラーから解放されました。

グーグルマップからは事前に予告がありました。
予告はありましたが、どのように変わるのか、想像力が足りなかった。
大慌てに慌てましたが、対応することができて、よかった、よかった、です。

広島ブログ

2018年8月14日 (火)

地図のエラーを解消しました

地図のソフトで、轍を使っていますがが、基盤とする地図をグーグルマップから他に替えました。
地図の表現でエラーと表示されます。
轍の方針には反して、わたしは基盤とする地図はグーグルマップを採用します。

手直し、手直し。
山登り篇で121個、自転車篇で118個、チクチクチクチク修正しました。
2013年の8月末頃、ソフトのバージョンが3.41から3.83にアップされていました。
バージョン3.83で編集したページは修正しなきゃなりませんが
バージョン3.41で編集したページは手直し不要でした。
やれやれ、助かったぞ。

これで、不細工なエラー表示はなくなりました。
エラーが出るとしたら、キャッシュを抱えているためです。
Ctrl+F5 で読み込んで、キャッシュに上書きしてください。

広島ブログ

2018年8月13日 (月)

厳格なパスワード

ホームページ原稿をサーバーに飛ばすには、FTPソフトを使います。
そのソフトで、FFFTP、わたしはこれを使っています。
ソフトを起動するには、パスワードを打ち込みます。
寝ぼけていたり、油断していたりで、キーボード打ち込みを失敗したとします。
------
指定されたマスターパスワードが登録されたものと一致しません。
再度入力しますか?
「いいえ」を選ぶと記憶されたFTPパスワードは利用できません。
------
「はい」を選んで、正しく打ち直すしかありません。
パスワード入力でこれほど厳格なものは他では知りません。

大概のパスワード記入で、間違えても再入力できるのが普通です。
「いいえ」を選ぶ選択肢があるとは際どいですよねぇ。

HPの乗っ取り魔が侵入したとします。
乗っ取りするわけでもなく、「いいえ」と回答して立ち去った。
この場合の回復はどのようにすればええのでしょうね。
自分のパスワードを入力します。当然、間違っていますと拒否されます。
何回か繰り返して、どうにもならないと観念します。
FFFTPを削除します。
あらためてFFFTPをインストールします。
これで使えるかどうか、イチかバチかのお試しですね。
もしも使えなかったら、違うソフトを頼るしかしょうがないでしょうね。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31