無料ブログはココログ

2017年7月18日 (火)

コントロールパネルが消えた

7月14日の大アップグレードで、操作の見かけが変わってしまいました。
これは、W8.1からの無償アップグレード組に限定のことかもしれません。最初からW10組み込み組には無関係かも。
コントロールパネルが消えてしまいました。

もともと、W10を組み込んだ正規のバージョンではコントロールパネルがありませんでした。
W8.1からのアップグレード版でも、今まであったコントロールパネルを呼び出し一覧から消去してしまいました。

解決策は

1、左下の[○ここに入力して検索]、この欄にコントロールパネルと入力する、すると現れる
2、左下の[ウィンドウズマーク]を左クリック、Windows システムツール、そこにコントロールパネルがある

どちらかの操作でコントロールパネルは出現します。

あなた、なんでコントロールパネルに拘るのかね。
それはね、コントロールパネル⇒プログラムと機能
そこに最新インストールの内容が書いてあるから。
何をインストールしてくれたのか、気になるじゃありませんか。
必要なものなのか、縁遠いものなのか、知りたいじゃありませんか。

なんで呼び出し一覧からコントロールパネルを消したのか疑問です。
わたし、けっこう頻繁にコントロールパネルを利用していますのに。

広島ブログ

2017年7月17日 (月)

Microsoft Edge のアップグレード、解決篇

2017年7月8日、こんなグチをこぼしました。

>W8.1からW10に無償アップグレードしたMicrosoft Edge はバージョンが38です。
>最初からW10がインストールされているMicrosoft Edge はバージョンが40です。
>なんとか38から40にアップグレードしようと検索で探しますが、最適の案内が見つかりません。

ひそかにイジケテいました。
ふん、どうせ無償アップグレード版ですよ、おまけの子ですよ。

7月14日、大量にアップデートがありました。
その中で、どの項目が効き目があったのか、そこはよく判りませんが
Microsoft Edge のバージョンが変わっていました。

Microsoft Edge 40.15063.0.0
Microsoft EdgeHTML 15.15063

やっと、Microsoft Edge はバージョンが40に追いつきました。
無償アップグレード版と最初からのW10の組み込み版が平等になりました。

広島ブログ

2017年7月13日 (木)

PCの音を失った、取り戻した

パソコンの音を失ったのに気が付いたのは、付属のSmart Vision=テレビを見て音が出ないのに気が付いてからです。
これまでユウチューブなどでどこかおかしいと怪訝に思っていましたが、これは音を取り戻さなきゃ。

Realtek High Definition Audioが不調なのだと限定されました。
ソフトをダウンロードしなきゃならないかな、その前に、ドライバーを点検しよう。

コントロールパネル⇒デバイスマネージャー
1、オーディオの入力および出力
スピーカー(Realtek High Definition Audio)
2、サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー
Realtek High Definition Audio
ドライバーのところで、ドライバーの更新をクリックします。
1番2番、どちらもドライバーの更新をクリックします。
どちらが効果があったのかはわかりません。
その上で、再起動

テレビをオンにしました。おぉ、ちゃんと音が出る。
ネットでユウチューブを起こしてみました。おぉ、ちゃんと音が出る。

万事OK、失った音を取り戻しました。

広島ブログ

2017年7月11日 (火)

ホテルの予約ができないわけ

台湾のホテルで、ネット予約しようとしても、どうしても予約が完了しません。
じっくりゆっくり、空欄を書き込んで行きました。
クレジットカードの発行会社⇒ひろぎんカードサービス
ここが問題だったのだ。
日本語で書き込めてしまいます。それではまずいのだ。
hirogin card servise
このように英数半角で書き込まなければならなかったのだ。
そりゃそうだよな、外国のホテルを予約するのに日本語では通用しないよねぇ。

広島ブログ

2017年7月 8日 (土)

Microsoft Edge のアップグレード

W8.1からW10に無償アップグレードしたMicrosoft Edge はバージョンが38です。
最初からW10がインストールされているMicrosoft Edge はバージョンが40です。
なんとか38から40にアップグレードしようと検索で探しますが、最適の案内が見つかりません。

どのように考えるか。
普通なら自動的にアップグレートしてくれるはずです。
自動的にアップグレードする対象に組み込まれていないのなら、無理にアップグレードしないでおこう。
なんとなれば、段取りがいまいち理解できないから。
さらに言えば、失敗したら、回復が困難で致命的だから。

バージョンが、40から41、42、43、44、と上がってきたら、必ず38の救済を考えるはず。
それまで待っている、これもひとつの待ちの手だと思います。

そうじゃなく、一歩下がって
ブラウザは、Microsoft Edge だけじゃない。
気に入らなければ、他のブラウザを使えばええだけのお話し。

広島ブログ

2017年7月 7日 (金)

チェンソーのエンジンがかからなくなった

春先にはチェンソーが動いていたのに
この数日、まるでエンジンがかからなくなった、起動できなくなりました
思い付いて、内部の燃料を捨ててみました
新しい燃料を注ぐと、今度は一発でエンジンが起動できました

たぶん、秋に入れた燃料が劣化したのだ、春先にはまだ消費期限だったのだが、あれから数ヶ月、もう期限を過ぎたのだ
さすがに燃料は新鮮なものでないと、そりゃ、動かんわね

広島ブログ

2017年7月 2日 (日)

インターネットに繋がらないので

不意にインターネットの通信が途絶えてしまいました。
インターネットの巡回中、突然、ばったり通信不能になるのです。

原因は、ケーブルTVの光受信端末か、ルーター、どちらかです。
まず、どっちもランプが点灯していることを確認します。
どっちも点灯している。判定できない。

とりあえず、光受信端末のソケットを引き抜いて、再び差し込みます。
インターネットに繋がりません。
次に、ルーターのソケットを引き抜いて、再び差し込みます。
インターネットに繋がります。

ということで、ル-ターの調子が悪いと結論が出ました。

ルーターは24時間通電しておくものですよね。
あれは熱を帯びるのかなぁ。まさか、使う度に電気を通すもんじゃありませんよね。

広島ブログ

2017年6月30日 (金)

Microsoft Edge がどうも変(改善報告)

Microsoft Edge の表現が昨日から変わってきました。
ポップアップのミニ画面は、今まではミニ画面ではなく、モニターいっぱいに広がっていました。
それが、昨日あたりから、ミニ画面はちゃんとミニ画面として開いてくれます。

わたしのHPは、ポップアップのミニ画面は指定寸法のミニ画面で開くように設定してあります。
Windows10、Microsoft Edge に移行して、最初のころは、ミニ画面はミニ画面として開いていました。
いつの頃からか、寸法指定を無視して、ミニ画面はモニター全面に展開するように変わってしまいました。
それが、昨日から最初のスタートの姿に復帰しました。

わたしの環境とみなさんそれぞれの環境は違います。
わたしに起こったことはみなさんそれぞれで同じように起きることは限りません。
でも、こんなことになったよ、と報告すると、わたしも同じ、と共感されるケースがあるかもしれません。

タイトルに(改善報告)と書きましたが、真意は別にある。
突然改悪されて、その改悪が元に帰った、ということなんですがね。

で、そのポップアップ、Microsoft Edge なら、ちょっと触れてやらなきゃ消えませんが
Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のブラウザで見ると、何もしなくても、勝手に消えてくれるのです。
そこのところは、Microsoft Edge 最初も今も、固く設定を変えるつもりはないようです。
スタイルシートで、onBlur="close();"=シャボン玉のように消えてしまえ、と規定しているのですが
Microsoft Edge のブラウザには、効果が出てきません。

その後、わかったこと
わたしのメイン機はW8.1からバージョンアップしたものです。Microsoft Edge 38.14393.1066.0
サブ機は最初からW10がインストールされているものです。Microsoft Edge 40.15063.0.0
Microsoft Edge のバージョンが違います。
サブ機で見ると、Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のブラウザと同様に、ポップアップは消えてくれます。
不満に思っていましたが、わかりました。
ブラウザのバージョンが未熟だったのだ。

広島ブログ

2017年4月 6日 (木)

サイトの安全性に欠けると指摘されました

Google Search Console Team からメールが来ました。
----
件名は、[Nonsecure Collection of Passwords will trigger warnings in Chrome 56 for http://sherpaland.net/]
内容は、あなたのページはhttps経由で配信されていない、これでは、安全であると推奨できません。
http://sherpaland.net/cgi/rank7/ranking.cgi
とりわけ、あなたのこの一連のページではパスワードを要求している。
https経由で配信されていない限り、サイトの安全性は危険であると判断します。
つまり
デジタル証明を取りなさい。デジタル証明を取れば安全と認めます。言いたいことはこういうことらしい。
----
なんのことか理解出来なかったので、調べました。
ネットのURL欄ですが、URLの頭にアイコンが出現します。
Microsoft Edge Internet Explorer11 では、アイコンの表示はありません。
Google Chrome Mozilla Firefox では、サイトの安全性を示すアイコンが現れます。
----
Google Chrome の場合
南京錠のアイコン、保護された通信を意味します
○の中にi のアイコン、保護されていない通信を意味します
三角形の中に!のアイコン、保護されていない通信、または危険を意味します
----
保護された通信
保護されません
アイコンではなく、このように言葉で断定される場合もあります
----
Mozilla Firefox の場合は、Google Chrome とよく似ています。
南京錠のアイコン、○の中にi のアイコン、これらが現れるのはGoogle Chrome と同じですが
不可の場合は、南京錠アイコンが赤い線で打ち消されます。
----
わたしのページでは、大部分が○の中にi のアイコン
これは世間のみなさんと同じレベルです。世間の大多数がこの状態です。
三角形の中に!のアイコン、保護されません、とあるのは、[しぇるぱ風土記、地域別のランキングページ]です。
この中に含まれるページの全部です。
これらは、cgiを使って来訪履歴を記録しています。
自分の新しいページを追加登録するのにパスワードを設定しています。
一時、パスワード無しにしてみたら、荒らしに蹂躙されました。
それに懲りて、再びパスワードを設定しています。
----
http://
https://
両者を比べると、下のはデジタル証明を取得した安全なサイトである、という折紙付きです。
デジタル証明はSSL証明書と呼びます。
買うなら金さえ出せば買えますが、買ったとしても、使い方・設定方法がよくわからない。
パスワード、クレジットカードの記入を要求すると、危険と判定されるのだそうです。
確かにね、クレジットカードのデータが盗み見されたら、それは大問題だ。
危険と判定されたくなければ、デジタル証明を取ってクリーンだとアリバイを立てなさいと指摘しています。
SSL証明書がどの程度広まっているのか、もうちょっと世間の動向を見定めることにします。

広島ブログ

2017年3月22日 (水)

手抜かりがありました

一番新しいページで、「世羅三山、高山、早山ヶ城、新山」
http://sherpaland.net/report/sara3zan.html

ここで名前の付け方に誤りがありました。
sara3zan.html これはほんとは
sera3zan.html と名前を付けるはずだった。

指がキーボードを走るまま、ろくに点検することなくアップしてしまいました。
直せばええじゃん、あなた、簡単にそうおっしゃいますがね
本ページを支える装飾ページが24ページ
紹介するページが7ページか8ページ
そのページ全部直すのは、けっこう大変なんですよ。
cgiで訪問記録をデータ収集していますが
sara3zan.html で42件、既にデータ収集してある。
もはや、sera3zan.html でやり直すことは出来なくなっているんですよ。

ま、ええじゃん、何年かに一回はケアレスミスもある。
致命的な間違いじゃないし、このままでもええかな。

検索で、sera3zan これで探したら、sara3zan は引っ掛からないが
そんなヤツ、おらんやろう、漢字で探してくれることを希望します。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31