無料ブログはココログ

2018年6月21日 (木)

カペルスキーへの対策

サブ機のウィルスソフトはカペルスキーを使っています。
Record China の記事なんですがね、一部の記事がカペルスキーのチェックに引っ掛かります。
[暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼を保証できません]
[切断][続行]のどちらかを選択することを求められます。

[切断]を選べば、リスクは回避されるが、なんだかつまらん。
[続行]を選べば、ウィルスチェックの精度が下がるのだそうです。
切断も、続行も、どちらも選択しにくい。それならどうするか。

諾否の選択はしないまま、そのページを開くのは断念します。
ブラウザを閉じて、サブ機の電源を切ります。
次に再起動すれば、カペルスキーの警告は消えています。
電源を切らない限り、いつまでもその警告は残ります。

どうしても読みたければ、メイン機で Record China のそのページを読むことにします。
メイン機のウィルスソフトはノートンですが、ノートンのチェックには引っ掛かってきません。

Record China のサーバーが中国国内発なら警戒する必要もあるでしょうが
日本国内のサーバーから発信しているようです。
それなら、あんまり心配しなくてもええような気がします。

ウィルスチェックが警報を出しているなら、そこは回避する。
ウィルスチェックに引っ掛からない別のPCがあるなら、そこから読む。
こんな切り分けでやっております。

広島ブログ

2018年6月 9日 (土)

通信ケーブルがいかれたのか、ルーターの接点か

メインのPCで、最初に現れた異常は、FTP転送が出来なくなりました。
FTP転送とは、サーバーとわたしのPCとの間で、HPデータをやったり取ったりする機能です。
続いて、どのブラウザを使っても、ネットが繋がらなくなりました。

サブのPCでは、FTP転送も可能、どのブラウザでも見えています。
さてはケーブルだな。

新しいケーブルを買ってきましたが、それでも、事態は変わりません。
思い付いて、ルーターのケーブルの差込口を他の差込口に変えてみました。
今度はOK。
前のケーブルは、爪が折れてしまうほど経年劣化しているので、もう廃棄です。

ケーブルが悪かったのか、ルーターの差込口がダメになったのか
どっちが問題なのか、そこは判りませんが、結果オーライ。

広島ブログ

2018年5月11日 (金)

Mozilla Firefox と Adove Flash

Mozilla Firefox のブラウザで、Flash が姿を現すように環境を整えるのを諦めました
かっては動くことが出来ました
Mozilla Firefox が更新したせいか、Flash が更新したせいか
Mozilla Firefox では、今ではどうしても姿を現しません
Flash のアップデートをガイドしてくれますが、どうやってもうまく行きません

Microsoft Edge や Google Chrome なら、自動的に更新を受け入れてくれて
問題なく動きます
何度も巡回しているうちに、それぞれのページ毎に、Flash が動くページかどうか判ってきます
そのページに合わせて、ブラウザを使い分ければええのだ
Flash のあるページは、Mozilla Firefox で見るのは避ければええのだ

広島ブログ

2018年5月10日 (木)

インストールに失敗しました

[2018-04 x64 ベースシステム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム(KB4093112)(94)]
[2018/05/06 で実行した前回のインストールが失敗しました -0x800700c1]
毎日ではないが、連日、出て来る警告です。
日付と末尾が変わるだけで、内容は同じです。
ガイドに従ってインストールしようとしても、どうしてもインストールできません。

メイン機に起きることで、サブ機にはこのような警告は現れません。
漏れなく誰もが被害に遭う、そういうことではないようです。

検索で対処法を調べてみると、さまざまな解決例が書いてありますが
ハードルが高くて、失敗したらえらいことになりそう。

で、この循環を断ち切るにはどうするか。
1、クリーンインストールのやり直し、そんなこと、今さら出来るか
2、Microsoft の次のアップデートを待つ

Microsoft の次の対処に期待しましょう。
Microsoft が自分で危険の種をまいたのだから、そこはなんとかしてくれなくちゃね。

広島ブログ

2018年4月30日 (月)

飛行機のキップで、あんなこと、こんなこと

来月、台湾に遊びに行く予定です。自転車と山登りです。
ネットで航空券を予約しようとしましたが、最後に、電話番号のところでエラーとなって承認されない。
三日間、ああでもない、こうでもない、と格闘しました。

これではどうにもならん、ネットは諦めて、旅行代理店に行って申し込みました。
高い!(◎_◎;)

ネット価格で往復4万5千円程度、それを6万5千円で売ろうとします。
たぶん、早割などの割引を無視して、定価で計算しているんだろうな。
さらに、空港利用税、入出国税など諸経費をダブルカウントしているんじゃなかろうか。

クレジットカードを見せると、現金でお願いします。
現金の持ち合わせがないよ。それじゃぁ、やめた。
あなた、パスポートをコピーしましたよね、そのコピー返してちょうだい。

翌日、China Airline の広島支店に行ってきました。
事前に電話で確認したところでは、店頭発行する場合、ネット価格に5千円手数料が加わる、そんな説明でした。

どうしてもネットで買えない、どこに支障があるのでしょうね。
調べてもらいました。

ざっと10年前、チャイナエアにマイレージ会員登録したとき、電話番号の登録に不備があった。
去年までは、システムが甘くて問題にはならなかった。
今年、システムを強化したら、問題が浮かび上がった。
わたしだけじゃないそうです。他にも、同じような例が起きているそうです。

会社の手落ちということで、手数料5千円は引っ込めました。ネット価格で売ってくれました。

わたしの場合、支店にまで行って買う、という行動に出たから、問題が解決しました。
大概の人は、どうやってもネット予約が成立しないなら、China Airline をやめて、他社の Airline に行くでしょうね。
システムを強化して、そのせいで、ビジネスロスを出してしまうことになります。
角を矯めて牛を殺す、ということわざ通りの経過です。

カウンターで発見されたキズが、支店長に伝えられ、台湾本社に伝えられて、カード登録の総点検がされればええのですがね。

広島ブログ

2018年4月25日 (水)

マウスのポインターが時々行方不明になるのだが

時々、マウスのポインターがモニターから消えてしまって
Ctrlボタンを乱打して、どこにいるか探すことがちょいちょいあります
Ctrlボタンを連続して打てば、ポインターの周りに波紋が広がる設定にしてあるのです

老化すれば視力が低下する、ポインターの動きについていけないのかもしれません
行方不明は言い過ぎかもしれません、探し当てられない、これが当たっているかも

対策の手順
左下のウィンドウズマークを左クリック
一番左列の設定マークをクリック(歯車のようなマークです)
簡単操作をクリック(時計の3時を示すマークです)
一番左列のマウスをクリック
ポインターのサイズ、ポインターの色、選択できるのはこれだけです
ポインターのサイズは、小、中、大
ポインターの色は、白、黒、白黒の混合

試しにチョイスしてみますが、チョイスした瞬間からマウスのポインターは即座に変わります

サイズ→大、色→黒、この設定でやってみます
これでやってみて、それでも視野から消えてしまうかどうか、様子を見ることにします

広島ブログ

2018年4月13日 (金)

ホームページファイル名の命名について

おおむね、ヘボン式でやっていますが
三文字必要な文字があって、困っています、どげんかせんといかん

shi
chi
tsu

shi→xi
これは中国語表記(ピンイン)からパクリました
chi→ci
イタリア語ではチと発音するのだそうな
tsu→z
これは自動車の mazda から学びました

sha cha nya これらはどうにもなりません、短縮形はありません

後ろから声あり、あんた、何を言っているの、何を求めているのかよくわからない

それはね、HPのURLの名前を一文字でも短縮したいからです
三文字必要なアルファベットをなるべく短く済ませたいからです
ファイルのエクスプローラーで命名するとき、どうにかして短く命名したいのです

最新のファイルは、頭ヶ津古山ですが
kashiragatsukoyama→kashiragatsuko→kaxiragazko
どんどん短くしました

わたしの在所は三次ですが、だいぶ前から
miyoshi→miyoxi と表現を変えてファイル名にしています

広島ブログ

2018年3月15日 (木)

PCの電源が切れなくなるお話し

モニターの解像度を変えようとマウスを右クリックしましたが
何の変化も起きません。
あれれ、どこかがおかしくなったのだ。
こんな場合は、電源オフ。
左隅のウィンドウズマークをクリックしてみますが
右クリックしようが、左クリックしようが、なんにも起きません。
電源を切ることさえ出来なくなってしまっています。

こりゃどうにもならん、PC電源ボタンを長押し
さすがにこれなら電源をオフに出来ます。

再度、電源ボタンを押す。
無事に立ち上がりました。
念のため、左隅のウィンドウズマークをクリックしてみる。
シャットダウンは選択肢の中にあります。

最初に出来なくなった解像度の設定、差し障りなく設定可能です。

今は完全に復帰したが、電源を切ることさえ叶わなかったのは、どういうことだったのだろうね。

広島ブログ

2018年3月12日 (月)

Ctrl+W を多用し過ぎて

ブログ結社と言うか、ブログ集団と言うか、ブログランキングと言うか
某所に集合して、クリックする度に、次々とブログが開いて見るシクミです。
ほっておくと、なんぼでも開いて収拾がつかなくなる。

Xシルシにカーソルを合わせてクリックすれば消えるのだが、スカッ、スカッ、スカッ、的を外すことが良くあります。
そんな時に効き目があるのが、Ctrl+W このコマンド一発でバシバシ消えていきます。

それに気をよくして、万能であると錯覚する気分も起きてきます。
メモ帳に書いた内容が何枚もモニター上に溜まっています。
ついつい、Ctrl+W 消すつもりでコマンド操作しますが、何の変化も起きません。
そうか、そうか、Ctrl+W が有効なのはネット上だけのことだった。
ネット以外のことにもコマンドが有効なのではなかったよなぁ。

広島ブログ

2018年2月21日 (水)

地図に写真を紐づけるには

地図上に、ここで写真を撮ったのだよ、とアイコンマークを載せていますが
(これ、クリッカブルマップ、という手法です)
2014年までは国土地理院の2万5千図に載せていました。
2015年からはグーグルアースの地図に変更しています。

2万5千図では、狭い範囲を行動した場合、アイコンがくっ付き過ぎて困るのです。
あるいは
二泊三日、三泊四日で北アルプスを動くのに、地図が広がり過ぎて困るのです。
自転車で行動すれば、けっこう広めの地図が必要になるケースがあります。
西北から東南に動いたら、斜めに使うので、無駄に広い範囲の地図が必要になります。

グーグルアースなら、画面の縮小拡大が簡単なのです。
切り取って絵として広げれば、モニターに見合った大きさで取扱いできます。

2008年から、グーグルアースを台湾・香港で使用する地図として採用してきました。
外国なので、他に利用できる地図が見当たらなかったからですが、これ、案外使えるじゃないか。
国内でも、国土地理院の地図をやめてこっちに乗り換えようとしましたが
今までの習慣を変えるのは、なかなか踏み切れません。
さんざんグズグズして、1015年からグーグルアースの地図に乗り換えました。

グーグルアースでは詳しいことがわからない、等高線が見えない、いろんな苦情があるでしょうが
概観図、イメージ図として眺めてみてください。
2万5千図での、正確なところ、微細なところを求めるなら、他のサイトにもそれはありますから。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30