無料ブログはココログ

2018年8月14日 (火)

地図のエラーを解消しました

地図のソフトで、轍を使っていますがが、基盤とする地図をグーグルマップから他に替えました。
地図の表現でエラーと表示されます。
轍の方針には反して、わたしは基盤とする地図はグーグルマップを採用します。

手直し、手直し。
山登り篇で121個、自転車篇で118個、チクチクチクチク修正しました。
2013年の8月末頃、ソフトのバージョンが3.41から3.83にアップされていました。
バージョン3.83で編集したページは修正しなきゃなりませんが
バージョン3.41で編集したページは手直し不要でした。
やれやれ、助かったぞ。

これで、不細工なエラー表示はなくなりました。
エラーが出るとしたら、キャッシュを抱えているためです。
Ctrl+F5 で読み込んで、キャッシュに上書きしてください。

広島ブログ

2018年8月13日 (月)

厳格なパスワード

ホームページ原稿をサーバーに飛ばすには、FTPソフトを使います。
そのソフトで、FFFTP、わたしはこれを使っています。
ソフトを起動するには、パスワードを打ち込みます。
寝ぼけていたり、油断していたりで、キーボード打ち込みを失敗したとします。
------
指定されたマスターパスワードが登録されたものと一致しません。
再度入力しますか?
「いいえ」を選ぶと記憶されたFTPパスワードは利用できません。
------
「はい」を選んで、正しく打ち直すしかありません。
パスワード入力でこれほど厳格なものは他では知りません。

大概のパスワード記入で、間違えても再入力できるのが普通です。
「いいえ」を選ぶ選択肢があるとは際どいですよねぇ。

HPの乗っ取り魔が侵入したとします。
乗っ取りするわけでもなく、「いいえ」と回答して立ち去った。
この場合の回復はどのようにすればええのでしょうね。
自分のパスワードを入力します。当然、間違っていますと拒否されます。
何回か繰り返して、どうにもならないと観念します。
FFFTPを削除します。
あらためてFFFTPをインストールします。
これで使えるかどうか、イチかバチかのお試しですね。
もしも使えなかったら、違うソフトを頼るしかしょうがないでしょうね。

広島ブログ

2018年8月11日 (土)

地図表現で、轍のソフトを使っていますが

轍では、今までは地図にグーグルマップを使っていました。
グーグルマップが利用条件を変更したので、料金支払が発生するかもしれないとの惧れがあるので
轍としては、地図を、GoogleMaps API に代えて、オープンソース系のLeaflet API を採用しました。

先日の7月28日の高嶽山、7月31日の椋梨川源流、どちらも、HP作成の時には問題はなかったのですが
現在見ると、エラー表示となっております。
あぁ、やっぱり。轍で警告していた事態が起こりました。
過去にさかのぼって見ると、轍で作図したページは全部エラー表示になっております。

新しく轍の改良版を導入して、過去のページを全部書き換えようと思いましたが、大いに問題あり。
改良版では地図と写真の紐づけができないのです。
Exif情報、時刻も経度緯度も紐づけできません。

こりゃあかん、使えないがな、グーグルマップを利用することにします。
改めてGoogle Map AIPキーを申請しました。クレジットカードの契約も行いました。
無料でページビューが許されるのは、毎月28500ページビューまで。
わたしの場合、とてもじゃないがそこまで行くわけがない。
無料で利用できる範囲は毎月200ドル分まで、たぶん、ずっと無料でやって行けると思います。

ということで、轍の旧版をGoogle Map AIPキーに沿うように編集し直します。
とりあえず、7月28日の高嶽山、7月31日の椋梨川源流、これだけ、修正しました。エラー表示は消えました。
続けて明日から、過去のページに遡って手直しを行います。
時々覗いて、おぅ、ここまで手直しが終わったか、見ていてやってくださいませ。

広島ブログ

2018年8月 3日 (金)

Google Chrome が重い・遅いの解消

前に、Google Chrome が重い・遅いと嘆きました。
解決策として、閲覧履歴の消去すればええと指摘しました。

画面右上の三点マーク、Google Chrome の設定ですが
その他のツール→閲覧履歴の消去
この作業、各ページページで乱発しても効果がありません。

Google Chrome のスタート画面、あるいは、スタートの次の画面で作業すれば全般に効果が出ます。

Google Chrome を一番多用するので、ゴミ、カス、などが溜まるのでしょうね。
他のブラウザではあまり遅いとは感じません。あまり使っていないからでしょうね。

広島ブログ

2018年7月17日 (火)

この閲覧履歴、消えてしまわないものかね

人気ブログランキング、にほんブログ村、広島ブログなど、いろんなブログ集があります。
その中で、今まで読んでいたものが、どうも肌合いが違うな、もう読むのをやめよう。
そういうものがあります。
閲覧履歴で、黒く浮かび上がっているので、ついつい無意識にクリックしてしまう。
そうしたくない、そこだけの閲覧履歴を消す方法は何かないものでしょうか。

ありますよ、全部の閲覧履歴を消してしまえばええ。
いや、それは困る。一つか二つの閲覧履歴を消したいのですよ。
それは無理なんじゃないの、全部消して、改めてひとつづつ拾い上げるしかないのじゃないの。
もう巡回する気にならないブログの名前をメモしておきます。
覚えのあるブログだけ拾い上げればよろしい。
メモにあるブログだけクリックしなきゃよろしい。

広島ブログ

2018年7月 6日 (金)

パソコンが遅くなったら重くなったら

チャイナ関係のページがなかなか開かない。
そんな時は、システムやレジストリにゴミが溜まったのかも。

Advanced SystemCare 11 Free
CCleaner Free

こういうフリーソフトがあるのを知りました。
評価を訊いてみると、絶賛あり、酷評あり
どうしようかな、導入するのはやめにしました。

そこまで大袈裟なソフトを導入しなくても
単純に、キャッシュや Cookie を削除するだけで、目的が達せられるようです。

どうして重いのか考えてみました。
内容が重いわけじゃない。サーバーに負荷が掛かり過ぎてるわけでもない。
ただ単に、広告が多過ぎるのだ、あまりにもたくさんぶら下げているからでしょう。
公告に足を引っ張られて、本末転倒の事態に陥っているからでしょう。

わたしのPCの能力不足じゃないようです、開こうとするページのせいなのでしょう。

広島ブログ

2018年7月 5日 (木)

チャイナ関係がなかなか開かないので

Searchina、RecordChina など、中国関係のページがなかなか開かないのでイライラします。
〇接続を確立しています
〇リクェストを処理しています
〇何々を待機しています
などのコメントが出て、なかなかページが開かない場合があります。たまにじゃないよ、ちょいちょいあります。

これは Chrome での場合ですが
なかなか開かないページに出会ったら
-----
画面右上の黒丸三つのマーク、Google Chrome の設定のアイコンをクリックします。
画面右上のその他アイコン をクリックします。
[その他のツール] [閲覧履歴を消去] をクリックします。
上部で期間を選択します。 ...
[Cookie と他のサイトデータ] と [キャッシュされた画像とファイル] の横にあるチェックボックスをオンにします。
-----
期間を選択するのに、最初に出ているのが1時間以内となっていますが、とりあえずは、このままでええでしょう。
結果、ページが開くのを、これまで長いこと待っていましたが、すぐに開くようになりました。
解決したのはこのページだけです。
次のページがなかなか開かなければ同じ動作を繰り返します。
-----
Chrome などのブラウザを使用すると、ウェブサイトの情報がキャッシュや Cookie に保存されます。こうしたキャッシュや Cookie を消去すると、サイトの読み込みや表示形式に関する問題の一部が解決します。
-----
という解説がありました。

これは Chrome での解決方法、他のブラウザにもそれぞれ解決方法があるはずです。

広島ブログ

2018年6月25日 (月)

元に戻す、アイコンかコマンドか

大きな写真とサムネールの写真と、HP向けに、二種類用意しています。
オリジナルの写真から、大きな写真を作って、元に戻して、サムネール写真を作ります。
元に戻すには、これまでは、元に戻すというアイコンを利用していました。
繰り返して加工していますので、元に戻すまで、アイコンをクリックし続けなきゃなりません。
マウスポインターがアイコンからはみ出して、隣りをクリックしてしまう場合もあります。
面倒だね。

そこで、発見しました。
Ctrl+Z このコマンド操作なら、正確に、元に戻すという動作を繰り返してくれます。
正確に言えば、前の動作を取り消す、こういうことです。
Ctrl キーを押したまま、Z キーをバタバタバタバタと叩き続ければええのです。
叩き過ぎても問題ありません。オリジナルまで戻ると、そこから先はコマンドが及びません。

マウスでポイントを押さえて正確にクリックするのは、神経を使うもんです。
これなら機械的に出来るので、身構える必要がありません。

広島ブログ

2018年6月21日 (木)

カペルスキーへの対策

サブ機のウィルスソフトはカペルスキーを使っています。
Record China の記事なんですがね、一部の記事がカペルスキーのチェックに引っ掛かります。
[暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼を保証できません]
[切断][続行]のどちらかを選択することを求められます。

[切断]を選べば、リスクは回避されるが、なんだかつまらん。
[続行]を選べば、ウィルスチェックの精度が下がるのだそうです。
切断も、続行も、どちらも選択しにくい。それならどうするか。

諾否の選択はしないまま、そのページを開くのは断念します。
ブラウザを閉じて、サブ機の電源を切ります。
次に再起動すれば、カペルスキーの警告は消えています。
電源を切らない限り、いつまでもその警告は残ります。

どうしても読みたければ、メイン機で Record China のそのページを読むことにします。
メイン機のウィルスソフトはノートンですが、ノートンのチェックには引っ掛かってきません。

Record China のサーバーが中国国内発なら警戒する必要もあるでしょうが
日本国内のサーバーから発信しているようです。
それなら、あんまり心配しなくてもええような気がします。

ウィルスチェックが警報を出しているなら、そこは回避する。
ウィルスチェックに引っ掛からない別のPCがあるなら、そこから読む。
こんな切り分けでやっております。

広島ブログ

2018年6月 9日 (土)

通信ケーブルがいかれたのか、ルーターの接点か

メインのPCで、最初に現れた異常は、FTP転送が出来なくなりました。
FTP転送とは、サーバーとわたしのPCとの間で、HPデータをやったり取ったりする機能です。
続いて、どのブラウザを使っても、ネットが繋がらなくなりました。

サブのPCでは、FTP転送も可能、どのブラウザでも見えています。
さてはケーブルだな。

新しいケーブルを買ってきましたが、それでも、事態は変わりません。
思い付いて、ルーターのケーブルの差込口を他の差込口に変えてみました。
今度はOK。
前のケーブルは、爪が折れてしまうほど経年劣化しているので、もう廃棄です。

ケーブルが悪かったのか、ルーターの差込口がダメになったのか
どっちが問題なのか、そこは判りませんが、結果オーライ。

広島ブログ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31